タイの文化(ナコンラチャシマ県)のお話              
 
http://www.kohbyo.co.jp/             2012年4吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 チョンブリ県からナコンラチャシマ県までは約300キロほど
 で到着します。

 車で約3時間半。東北の入り口と言われ、通称コラート、
 タイでも県名に通称が付いているのはこの県だけです。

 よくタイの第2都市としてチェンマイ県と言われますが、現状
 は確か7−8番目の県にあたり、第2都市はナコンラチャシ
 マ県です。



 国道沿いで見つけたお坊様の説法会の看板・・・都心では
 まず見られません。 



 そしてこちらは左上のお坊様が選んだ有りがたいナンバープ
 レートのくじ引き抽選会の看板



 ボンネットトラック・マニアなら来タイをお勧めします。

 有名な陶器市場に行きました、、名前は・・・・・m(_ _)m



 こちらは彩色陶器



 フクロウはタイ語でホーノック・フーです。



 Sさんの好きな装飾街灯もFRP製でした。



 何故か陶器市場の中にあるFRPで作った置物群
 ほぼ実物大の馬(16万バーツ:約45万円)





 イルカはタイ語でパロマー(口から湯を吐きます(?_?)(^O^)噴水
 なんです。



  お隣の龍(タイ語はマンゴーン)も噴水・・・できれば鼻から
 ・・・(^O^)



 思わず先日見ていたアメリカのどっきりカメラを思い出す。。。
 新婚夫婦が写真を撮って下さいと道行く人にお願いするの
 ですが、ポラロイドカメラには新婦さんの胸中心の写真が仕
 込んであるのです・・・・・





 どんな色にも彩色OKだそうです。

















 キングギドラとやまたのおろちのお父さん。



 ガルーダ君、約80センチ



 型からですが、彩色方によってがらっとイメージが変わります。
 このレリーフは1メートル×80センチぐらい


  


 

 お休みの日ともなると大型バスがツアーで来るそうです、一杯
 買えばクレジットカード支払い可そして郵送もして下さるそうな。
 バンコクで売られている装飾タイルやレリーフはここが出所の
 一つだそうで業者も来るそうな。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 ナコンラチャシマシマ県の中心部のお寺で見つけた多角堂と


 
 屋根が石造り(瓦で無い)の大変〜珍しいお堂



 下は陶器市場の近くで見つけた祠






 花輪に覆われた象さんです。全て生花でしたので、毎日お参
 りする方がいらっしゃる様です。


 珍しい物いっぱいございます。

【おまけ編】
 国道304号線沿線から


 果物売り、ドリアン、マンゴー、ロンゴン、バナナ、ココナッツ、
 エトセトラ



 幸せの黄色いハンカチでは無く、黄色い王様の旗とタイ国旗

 日本もその昔〜祭日は旗日と言って家の前に国旗を掲げる
 風習が御座いました。


 いらっしゃいませタイラン 
戻る