タイの名所(チャン島)のお話                    
 
http://www.kohbyo.co.jp/              2012年2吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 昨年は、日本の東北大震災の影響もあり自粛した会社の
 バスツアー、10月の洪水問題・・・・もあり悩みましたが
 2年連続ではと・・・・決行としました。

 以前にもご報告してますが、タイの最低賃金帯の社員は
 お休みの日も生活給のために働くのが普通、このため
 会社の方が、バス旅行や運動会、食事会、年末パーティ等
 の福利厚生・行事を充実させることが重要なのです。

 社員も仕事を離れリフレッシュ、違った一面を見ることが出来
 ます。

 このたび行った場所は、トラート県のチャン島、トラート県は
 東部、Sさんの住んで居るチョンブリ県からラヨーン県
 −チャンタブリ県−トラート県になり距離的には約350キロ
 ほど。

 チャン島とは象島の意味ですが、謂われは島の形が象の頭
 の形に似ている(?_?)そうな。。 確かにそう思ってみると右を
 向いた耳のない鼻の短い象が口を開いた様にも見えます。
 ちなみに野生の象はいませんが、観光象園はございます。



 そう見えますか? 目を入れてみました(*^_^*)



 このチャン島はフェリーで車ごと渡ることができます(但し大型バ
 スを除く)、今回4台の大型エアコンバスでの移動となりましたが、
 バスは船着き場に駐めて車を変えての島へ。(Sさんは家族で
 来た時以来の10年ぶり)

 ちょっとおまけ編
 下の写真は何だか分かりますか? 



 答え :
 生きたままのエビや魚介類の移動用の機器、ピックアップトラッ
 クの荷台から場所は移動中のフェリーで撮影、通常フェリーで
 はエンジンSTOPなのですが、生活がかかっているのでエンジ
 ンかけっぱなしでした。
  
【ちょっとコーヒーブレイク】
 

 今回はエアコンバスをチョイス、窓開きません。 それでは発射
 オーライ(*^_^*)



 タイでは県境の表示に上記の様な看板を立てているのでその
 県に入ったことが明確に分かります。



 トラート県の街中に入ると巨大キノコ?巨大円盤(?_?)がお出迎
 えして下さります。(車と対比して下さい)



 フェリーへ乗り込みます。



 車を誘導するおじさん、車止め何て使いません。



 最後尾の車両はギリギリの斜め駐車。



 こちらはフェリーの船首で食事をするタイ人達


 イチャイチャするファラン



 チャン島に到着


 チャン島ブランドのお水


 昼過ぎに現地に到着し元気なスノーケリング組とホテルで
 ダラダラ班に分かれて夕食で合流です。



 泊まったホテル    


 Sさんは2階のV56室でした。


 そしてお決まりのダンサー付ミュージック 



 帰りのフェリーは舳先までギリギリ駐車 、本日はご乗車お疲
 れ様でした。



 港にはバンコク向けのバスも出ています。


 いらっしゃいませタイラン 
戻る