タイの文化(小鉄ちゃん)のお話                   
 
http://www.kohbyo.co.jp/            2011年9吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 9月に入りました、9月はタイ語でガンヤーヨンです。
 タイも食欲の秋(^O^)の性か体重がぁ減りません・・・・今朝の
 体重73.1キロ(-_-;) スポーツの秋しなくちゃですね。
 と言うことで次回のお話は9月3日のスポーツデーのご紹介
 です。 お楽しみにネ。

【ちょっと投稿写真】
 小鉄ちゃんの石さん(仮称)からご投稿戴いていた写真・・・
 すっかり忘れて居ました(^_^;)m(_ _)m早速ご紹介です。
 今回はタイ全土、北から南までを網羅した小鉄ちゃん写真
 集で御座います。



 水を入れる・・・何て呼ぶのか?鉄ちゃんじゃないので(-_-;)



 タイにもSLがあることを知っては居ましたが、C56ですと日本
 製ですね。



 人が動かす〜って感じですね。



 こちらの車両には銘板が御座いませんが、同型のC56に見え
 ます。 黄色い三文字は、ガーン・ロット・ファイ・タイ(タイ鉄道)
 の略ですと、スタッフに確認しました。



 ひなびた木造駅舎と駅犬。 駅舎にはタイの国旗と王様の旗
 (黄色)


 レールを歩くファラン達。



 何て言うのかな?ギッコンバッタンと漕ぐ・・・・・鉄ちゃんじゃ
 ないので(-_-;)



 もう日本では見れなくなった木製の椅子。





 年期の入った扉



 右手の駅の看板を読むとハートヤイとありますので、マレーシア
 と国境の街、タイ南部ソンクラー県です。



 廃車両置き場  巨大なディーゼルエンジンとヒシャゲタ車両



 変わった車両、、何用か(?_?)   鉄ちゃんじゃないので(-_-;)



 黒光りしているのはたぶん大理石、タイは大理石の産地でも
 あります。
 大理石はタイ語で、ヒン・オーン(柔らかい石の意味です)



 木製ベンチのある駅舎



 赤さび色が何故か似合う車両ですね。 

 タイのバンコク以外の列車はディーゼル、バンコク内のBTSや
 地下鉄は電車。



 枕木で作った小道。  
 

 バイクも載せて運べるようです。



 タランは南部の県の名前です。







 チェンマイは北部の県の名前です。チェンマイ駅構内にある給
 水タンク塔。



 写真でお解りの様にタイのホームは低いのです、文字道り乗り
 込むと言う感じ。



 ちょっと石さん雑学
 Sさんの友人石さん(仮称)はとても腰が低くとっても穏やかな
 方で、Sさん以上に多趣味な方である、今回はその趣味をご紹介、
 ニコン一眼レフでのカメラ撮影はご覧の通り、ヒルクライム自転車

 :ほぼ上の下のレベル、マラソン:毎月何かのマラソン大会に参
 加している、もちろん走勇会メンバー、最近始めたのはトライア
 スロン、長距離ツーリングは一晩で800キロは走ります(一緒に
 走れる方は少ないですね)。 バイク収集:多い時には10台
 近く保有し初期型にこだわる、基本的にはツーリングに使って
 いる、タイでの走行距離は累積40万キロ以上ですと。体力超人
 石さんでした。 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 ここ半年ほど、ムスリーと言うメーカー(確か北欧の国)のリシア
 ルに、手作りヨーグルトをかけて食べ続けています、
 しかしダイエット効果(-_-)無し、、シリアルは良く噛まないと飲み
 込めないので量的にダイエットに向いているかも知れませんが、
 いっぱい食べれば同じ、、、ですね。 小鉢で食べるとか。。。。
 どんぶりはダメみたいです。

 このムスリー、ナッツ、フルーツを含めた3種類が売ってます。
 1キロ袋をタイで買うと185バーツなので約500円ほど腹持ちも
 そこそこ、欠点は結構臭いオナラが頻繁に出ること=オナラを
 恥ずかしいと思わない西洋文化の食べ物です。

 ヨーロッパ人にはポピュラーな食べ物なので西洋化の第一歩
 としてお勧めです。Sさんはそろそろ止めようかと思っています。。
 小腹が空いたらゼロカロリー食品のトマトの方が良いかも。。。

 ちょっとタイ語教室
 ・おなら : パイロム
 ・屁   : トッ
 ・臭い  : メン
 ・頻繁  : ボイボイ

 臭いおならをしょっちゅうしないで下さいね。 ヤー・メン・トッ・
 ボイボイ・ナ〜

【ちょっとコーヒーブレイク】
 先日会社の第2工場でフォークリフトの講習会を行った時のこと、
 構内の側溝にフクロウが居たとのことで社員が写真を撮ってき
 て下さいましたのでご紹介です。



 野生のフクロウも居ますヨ〜タイランド。 タイ語でフクロウは 
 「ホー・ノック・フー」です。


 いらっしゃいませタイランド            
戻る