タイの文化のお話(その21)   2003年11月吉日
【最近の新聞記事から】
 最近お休みしておりました、タイの新聞からの抜粋記事を
 ご紹介致します。

【微笑ましい結婚のニュースから】
 バンコクの西側、ラチャブリ県で、新郎25歳、新婦62歳と
 言う、年齢差37歳の結婚式が御座いました。

 新郎のルニットさんは、暴行がひどく、母親の説得で
 霊媒師ニヨムさんの所に連れて来られから、恋が芽生えた
 とのことで、ニヨムさんには既に5人の子供(末っ子が30歳)
 と言う、障害もありましたが、本人の熱意と愛情に、結婚に
 至ったそうな。愛でたしめでたし。。

 超ババセン。。。。プチロリコンのSさんには想像も理解も
 出来ない世界であった。


【犬802匹を救助】
 食肉用の犬として、ベトナムへ種出されようとしていた、犬を
 ナコンパノム県で、802匹救助されました。逮捕の内容は、
 密輸容疑と狂犬病法違反。
 犬たちは、メコン川の船の檻に入れられていたとのこと。

 ベトナムとタイの国境にはタイ族と言う少数民族がいまして、
 犬料理が盛んだそうです。タイでも東北のナコンサワン県で
 は犬を食用にしております。
 Sさんは食べた事がありませんが、知らずに食べればおい
 しいかもしれません。

 Sさんのフンフン君も食われてしまったのだろうか。。。。


 いらっしゃいませタイランド

 

戻る