タイの文化(ちょっとコーヒーブレイク)のお話           
 
http://www.kohbyo.co.jp/       2011年8吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 前話での宿題。。。飲み込む事:『嚥下(えんげ)』読めましたか?
 (えんか) でも正解です。 

 8月8日にプミポン王の信任を受けて第28代総理大臣は元タクシン
 首相と18歳違いの妹44歳・・・・となりました。
 名前は・・・・ご免なさい調べて下さい、Sさんは固有名詞を覚える
 のが苦手な性格です。

 しか〜しどうなるのかタイの政治は、比較的安定しているとは言っ
 ても選挙公約の最低賃金5割増し(300バーツ)は,何所の企業に
 とっても痛いお話です。 丁度ギル教授が8月6日より来タイしてい
 るので、今度会った時にコメントを戴きたいと思っていますので期
 待しないで楽しみに。

【ちょっとコーヒーブレイク】

 転んで肘を擦りむきました、3ヶ月近く経過しましたが、皮膚が薄く
 以前様に治らない、皮膚の色の黒ずんで触感も変わりました。
 やっぱり老化ですね、 この処一番感じる老化現象、朝起きると顔
 に枕の跡?シワが半日以上戻らない。。。
 コラーゲンも弱っている様です、元気なところはプリプリ弾けるお腹
 だけ(-_-)。

 最近老化現象について知った言葉、、老眼と言わずに「加齢視」と
 言うのだそうですが、別に老眼で良いと思うSさんです、確か42−
 43の時、老眼になったのをきっかけにレーシック手術をして老眼も
 治ってしまったSさん、未だに近眼も老眼もかけずに過ごしていま
 すがぁ、日本人は言葉を変えることで、差別をなくそうと言う意向が
 強い割には差別も区別も全く無くならない民族だとつくづく思います。

 本当にそう言う気持ちがあれば対応も無理に新語を創らなくても既
 存の単語で相手が不愉快にならない言葉も選べるはずと強く思う
 Sさんであった。(Sさんは固有名詞を覚えることが苦手な性格です)

【ちょっと投稿文】
 一度所用で帰国し再来タイした丘先輩から紀行文が届きましたの
 でご紹介です。丘さんは鉄ちゃんです。

 「 オタクネタですみませんが、今日からベーリンまで延伸したBTS
 スクムウィット線に乗ってきました。

 来年1月まで試験運行ということで、オーンヌット・ベーリン間は運賃
 無料。  今日はワン・メーで乗客は多くありませんでしたが、人口密
 度の高いエリアを通っていますから、平日の朝夕は相当混雑するで
 しょう。

 短い3両編成で大丈夫なのか、と心配になります。  ベーリン駅から
 先はまだ高架線の建設が進んでいません。その昔にフアラムポーン
 とパークナームを結んでいた路面電車にまだ勝てていない、というと
 ころでしょうか。

  

 丘さんどうも貴重なお宅ネタありがとうございました、Sさんの知り合
 いには隠れ鉄ちゃんや小鉄ちゃんが多いので(~o~)m(_ _)m

 「タックシンの日本行き、「逃亡者」に新しい外交パスポートを出すの
 はさすがにはばかられることなのか、新政府の中がすったもんだして
 いますね。なんと妹思いの兄貴でしょうか。

 「大雨が続くイサーン、コーンケーン大の学食で雨宿りしています。
 ここには無料WIFIがあり、PCの充電もOK(本当は学生と教員以外
 はダメなんだと思いますが)。安い食事以外にも、郵便局、銀行、理
 髪店となんでもそろっていますから、シュラフをもっていたらここに泊
 まりこみたいぐらいです。

 丘さんバンコクから600キロ移動して東北のコーンケーン県にいる
 様です、Sさんもその昔このコーンケーン国立大学に行ったことがあ
 りますが、入り口から4キロほどは牧場で牛が一杯、やっと校舎が
 見えると言う長閑な大学だったので覚えています、先生達も学内に
 住んで居ました。

 タイの場合、電話網が今一でインナーネットがとっても遅いのですが、
 都市部と国立大学周りだけは充実して居ます。丘さんの紀行文、
 予算が切れるまで続きます。

【ちょっとコーヒーブレイク】 
 先日TV番組でオーストラリア産のフクロモモンガが大変人に慣れ
 飼い易いペットであると、手からエサも食べると。。。。ナイトバザー
 ルで見かけたモモンガ(1匹1200バーツ:約3500円)が欲しくな
 ってきているSさんであった。

 処が番組の中でモモンガは果物中心の飼い易い動物ではあるが、
 不定期にコオロギ等の動物性タンパクも必要と・・・・(>_<)虫嫌い、
 虫が苦手と言うより大嫌いなSさんは、ここでモモンガのペット計画
 は断念、残念。 

 飼ってみたい動物、フクロウ、 ムササビ。 
 飼って大変だった動物、ダントツで手長ザル。。。強烈に吠えるの
 です。。。。住宅地で飼うことはお勧めできません。
 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 約1ヶ月ぶりに長女氏君が帰宅した、「太ったね」 「5キロ太って2
 キロ痩せました(-_-;)」 「体重計をプレゼントしましょう」
 と言って、他の買い物をしたら忘れてしまった、長女氏君はまた寮
 に帰っていきました。 

 インター大に入学して良かったこと、予習をしないとついて行けない
 ほど大変らしく勉強出来る環境にあること、しかし学食も一緒に食
 べてみましたがボリューム+カロリー一杯系の食事で完食すると
 必ず太る。。。と言うことが1回食事を一緒にしただけで分かりました。
 体重計を買って上げないと。。。と言うことでSさんもつられて2キロ
 ほど太りました(-_-)」

 やっぱり週末にガッツリ食べることは危険な体質だと親子共々体
 重計に乗って再確認できました。

 お話変わって伸び伸びジーンズ、最近のジーンズは皆生地がスト
 レッチ系と言って伸びる生地で作られている様です、ウエスト31イ
 ンチのSさん試しに28インチを履いてみましたら履けました(ピッチ
 ピチ)息するとボタンがチャックが破れそうでしたが、爽やかな気分
 に成れたので◎、 男性のダイエットは運動より 「摂食管理」 何
 回目だろう?再確認しました。

 今日の格言「人間は反省するが実行が伴い辛い生き物である」  

 Sさんの今朝の体重。。。73.6キロ。。目標までほんの8.6キロ。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 今年に入っていつもの年よりもタイ古式マッサージに行く回数が増
 えてきている、理由は乗馬、内太ももの筋が硬化して歩くのにも難
 儀するから。
 
 理由として考えられるのは、ほぼ専用馬となったモンパット君3歳
 馬だと、この馬は性格も大人しく、背中も柔らかく堅くなった中年の
 Sさんにとって、以前のナレー君85番の次に乗り易い比較的大型
 馬なのです。

 しかし若齣の性か激走馬でもある、ゆっくり走るのをとても嫌い激走
 〜癖があるのです、それも結構体力あるので長時間、、、。
 何だかんだと言っても良い馬は競技中心のメンバーや子供達へ、
 乗り易い馬は初心者へ、少〜し癖のある馬はSさんに回ってくる。

 目を閉じて想像してみて下さい 「6段脚立の上にまたがって60キ
 ロで疾走しながら30センチの上下動!」、成れてきているとは言
 え結構スリルが味わえますヨ。 速い馬は嫌いでは無いのでつい
 つい走らせて仕舞うのですが、その付けが内ももの筋(ニーグリップ)
 と背中と肩 (ブレーキで仰け反るから)に。。。。中年の堅い体をさ
 らに硬くして下るのです。

 どうにも成らなくなって仕事帰りに飛び込みで入った古式マッサー
 ジにとても上手いおばさん(でもSさんより10歳は若いと思いますが)
 異性の魅力を感じさせない太鼓腹のおチビさん、「何でこんな所が
 堅くなるの(?_?)」乗馬の写真を見せると 「ああ」 と納得して気を入
 れて (説明するより・・・百文は一見に如かずを毎回感じること
 ができます、乗馬と言っても理解できないのでしょう) モンで下さっ
 たのですがぁ、その痛いこと痛いこと、ニコニコしながらこれでもか
 !!とモンで戴きました。 

 そして 「だいぶ痛んでますヨ」 と。 

 タイの古式マッサージは、お店ではなくマッサージ師です、それも
 一期一会の場合が多い、行っても居ない、他の店へ行った等々、
 新しい店に入る楽しみもありますが、外れも多い、他の人には合っ
 ても自分には合わない等々。。。
 一時ソフトなモミ治療が好きでしたが、最近はハード系に戻って
 きているSさんでした。

 ちょっとタイ語教室
 ・タイ古式マッサージ : ムワット・ペン・ボラーン 
  (略称 ヌワット・ペン・タイ)
 ・マッサージ師 : モォ・ヌワット
 ・強くして下さい : コォ・レーン・ノーイ
 ・弱くして下さい : コォ・バウバウ・ノーイ
 ・丁度良いです : ポーディ
 ・痛い : チェップ
 ・気持ちいい : サバーイディー
 ・体が硬い : トァ・ケン
 ・柔らかい : ニム・ニム

 今日の格言 「体も心も頭も柔らかくが大事みたいです」

 タイ古式マッサージは、1時間150バーツ〜250バーツが相場で、
 2時間では300〜400バーツ。Sさんは普通の方には100バーツ、
 上手いか一生懸命モンで下さった方には200バーツのチップとし
 ています。
 だってカミさんの肩10分も揉むともううんざり・・・握力も・・それを
 2時間もできるマッサージ師さんて凄く尊敬できる感謝の職業です。

 
 いらっしゃいませタイランド            
戻る