タイの文化(ちょっと投稿文)のお話                
 
http://www.kohbyo.co.jp/               2011年5吉日 
【ちょっと投稿紀行文】
 Sさんの先輩丘さん(仮称)いったい何時までタイにいるのか(?_?)、この
 間はタイ南部、先週はタイ中央部、そして現在タイ北部へ。。。紀行文
 ご紹介です。
 
 「10数年ぶりのメーソートです。市街地はそれほど変わっていない感じ
 ですが、ムーイ川そいのあたりは昔とまるで違っていて驚きました。

 川そいにあるビルマ人労働者の居住エリアの花売りにたくさんの人が
 集まっているのが印象的でした。 これからまだ行ったことのないウム
 パーン郡に向かいます。」



 E〜感じの花屋さんですね。Sさんは高校時代花屋でアルバイトして居た
 のでお花大好きです。

 丘さん紀行文どうもご投稿ありがとう御座いました。

【ちょっと投稿文:タイ社会解説】
 お久しぶりのギル教授からの投稿文、少し?難易度の高い?、ご紹介
 です。m(_ _)m

 「総選挙が行われるかどうか疑問視する声がまだ結構あるようですが、
 とりあえず国会は解散されそうですね。
 毎週日曜日の朝にアピシット首相が国民に語りかけるテレビ番組(タイ
 とアピシットを信じましょう)が今日5/1も放送されたということですが
 (まだその動画はアップロードされていないので、番組自体は見ていません)、

 マティチョン(新聞)のウェブサイトに載っていた記事によると、アピシット
 は来週の日曜日までには国会は解散されているので、あの番組はとり
 あえず今日の放送が最終回になるという前提で話をしたということです。

 5月5日は国王戴冠記念日ですので、その前にクーデターまがいのこと
 をすることは難しいでしょう。
 5月7?8日の週末はジャカルタでASEAN首脳会議が開かれ、アピシット
 はタイを留守にするので、一昔前であればクーデターの絶好の(?)チャ
 ンスということになるかも知れませんが、今の状況ではあからさまなクーデ
 ターをするわけにはいかないでしょうから、たぶんアピシットは予定通り
 5月6日に国会を解散した上で、ジャカルタに行き、アピシットのジャカル
 タ滞在中も政治的には大きな動きはないと思います。

 国会が解散されてから総選挙を中止させるのは難しいので、よほどのこ
 とがない限り選挙は行われると私は思いますが、まあその「よほどのこと」
 を無理矢理起こそうとしているグループもいるので、まだまだ選挙までに
 何が起こるかわかりません。

 政治活動が禁じられているタクシンが実質的に支配しているからという
 理由で、投票日の前にプアタイ党を解党させる命令を憲法裁判所に出さ
 せるのではないかという噂もありますが、でもそんなことを言ったら、
 ネーウィンとプムチャイタイ党の関係やバンハーンとチャートタイ・パタナ
 ー党の関係はどうなのかということになり、政治的混乱が大きくなり過ぎ
 てしまうでしょう。

 一番ありそうなシナリオとしては、チャトゥポンやナタウットなどのUDDの
 指導者を不敬罪で逮捕して、プアタイ党に所属する立候補者のうちの
 UDD系の候補者数十人の当選を難しくして、総選挙でプアタイ党が第
 一党にならないようにするということですが、それをどういうかたちでどの
 タイミングでするかについて、軍と民主党、それに王室関係者の間で合
 意ができておらず、国境でのカンボジア軍との衝突もそのからみでやや
 こしくなってしまっているというところでしょうか。」

 今後ギル教授が登場して解説する番組がありましたら、教えてください ・・・・・・・・・

 「カンボジアとの国境紛争は、よほど衝突がエスカレートしないかぎり、
 日本のテレビ局が大きくとりあげることはないでしょう。今年2月にTBS
 ラジオのDIGという番組が珍しくこの問題を特集し、その時には30分く
 らい話をしましたが、視聴率にもうあまり期待されなくなったラジオだか
 らできたことだと思います。

 http://www.tbsradio.jp/dig/2011/02/post-733.html

 1年半前には、NHKが海外向けに作っている英語のテレビニュース番
 組がこの問題を取り上げた時に数分だけコメントしましたが、あの時
 も地上波で放送される番組からは声はかかりませんでした。」
 
 http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/tv/asia7/archives091122.html


 現在日本では東南アジア研究の第一人者の一人と言われていますギル
 教授からのタイ政治解説でしたタイムリーなご解説どうもありがとう御座
 いましたm(_ _)m

 政治のことが分からなくても 


 いらっしゃいませタイランド            
戻る