タイの文化(パワースポット)のお話                
 
http://www.kohbyo.co.jp/             2011年1吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 この季節タイも夜になれば気温は23度前後、最近はエアコンを付
 けず寝ていますが、夜中の犬の鳴き声が悩ましい。。。

 丁度S家の前が新築中で、庭にエサを置く様になってから住宅地で
 放し飼いになっている犬の集まり場所に成っているのです、無料の
 番犬代わりになる目的は達成したのでしょうが。。。。
 涼しい夜も犬の吠え声は決して風流ではなく、、、

 ちなみタイの犬はフォンフォン鳴くと言われて居ますが、私にはワン
 ワンと聞こえます。 夜に吠える犬・・・・ワンワンワンワン・フオーン・
 ウォーン・フオーンの繰り返し。 時間外れの目覚まし時計に成って
 ます。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 工事の進捗確認プラス屋根成型マシーンの写真を撮り直そうと・・・・
 工事現場も「一期一会」機械が無くなっていました。 



 出来上がった屋根材+背景はトラス
 屋根材はクレーンでトラスの上に持ち上げるそうです。  
   
【ちょっと福祉のお話】

 甲府精鋲株式会社から車で20分ほどの所に社会福祉法人さかき
 会がある、田んぼと畑に囲まれています。
 この「さかき会みらいファーム」では身体に障害のある方達と農作業、
 収穫販売と地域に根ざしたの活動をしております。
 福祉関係にも興味を持っていただきたいと思います。

 山梨県の皆様、農作物買う時は思い出して下さいませ。
 
 

 

【ちょっと読者の声】
 「HP毎回楽しく読ませていただいております。 870回号 
 『ふじはら豆腐店 AE86トレノ』TOYOTA車についてですが、
 日本のヤングマガジン連載『頭文字D』というマンガの中に実際
 出てくる主人公が乗っている車です。

 日本で走り屋と言われる車好きにはたまらない車でこのマンガ
 を読んでいる人が見ればチョット 『ニヤ〜』 っとしてしまう車な
 のではないでしょうか? 

 きっとSさんの事なので知っての事とは存じますが実は私もHpを
 見て 『おっと、この車がタイに・・・・』 と思ったので
 早速メールさせていただきました。 これからも楽しみにしています。」

 公方さん(仮称)お便りとご解説ありがとう御座いました。
 頭文字Dと言うマンガ在ることも映画化されていることも知って
 いましたが、その車とは知らなかった(^_^;)。
 (湾岸ミッドナイトの方は読んでいたのですが・・・・・、時代的に
 もSさんのケンメリと重なったし) 車窓から日本語のステッカー
 が目について・・・中古車屋に飛び込んだ次第です。

 確かにトレノだった。。。(私は個人的にレビンの方が好きですが・・)
 お勉強になりました、早速DVDでも借りてきて見て勉強してみま
 すm(_ _)m

 旧車と言えば、その昔Sさん19歳の時の買った車がケンとメリ
 ーのスカイライン、10年落ちの有鉛ハイオク最終型を友人から
 確か5万円で購入し、(当時都内ではポルシェやハーレーが多
 いので、有鉛を置いてくれるGSも多かったのです)
 車検を10万円、それから箱スカRのオーナーの友人から提案も
 あり、ウエーバー(イタリア製の3連キャブ)+レーサス+ショック、
 強化サス+タコ足+ドュアル管+シリコンケーブル+ハンドル+
 エトセトラ〜、とあちこち手を入れてしまったケンメリを所有して
 いました。

 この車の良かった所は、シフトダウンすると偶にアフターバーナー
 (廃棄管から火を噴く(*^_^*)流石ハイオク車、音もロロロロロッと
 レーシング仕様の少しだけ変わった音だったので、色は地味なグレ
 ーでしたが、夜中に走って居もも暴走族さん達から絡まれる事も
 無く逆に道を譲っていただいた事が多かった。

 欠点は、ワンキャブから3連キャブに付け替えたので、エンジンは
 回る様に成ったのですが、燃費も3倍悪くリッター4キロだったことと、
 アイドリング調整機能が付いて無いので、夏場の渋滞時は大変・・・
 エアコンも余り効かなかったので・・

 デートで東武動物公園に行った時は大変だった思い出があります。
 そして長距離した時は必ずキャブ調整・・・と手間の掛かる車でした。
 そして1年半弱で天に召されましたエンジンが頑張りすぎたのかもし
 れません。

 夜中に奥多摩有料や箱根、伊豆を走りに行った事を良い思い出です。
 夜間走行はハイビームなので反対車線からの車が分かりやすく走
 り易かったのが理由でした。

 一昨年とSさんの老母上様が捨て様としていたSさんのアルバムの
 中からこの車の写真を含めて回収して来ましたでご紹介です。 

 

 左がノーマルのワンキャブの時、そして右側が3連キャブ仕様です。
 写真をカメラで撮ったので不鮮明でm(_ _)m




 OO懐かしいケンメリ・・・、タイヤハウスに隙間があるのでタイヤ
 +ショック含めた足回り改造前と思われます。

 見ての通り外見は非常に地味な車でした。 フォグランプを付け
 ているのは、夜中心で走るので、、+ 箱根の霧対策。


【通勤途上の車窓から】
 
中国式墓地・・・今流行のパワースポット・・・チョンブリ県には
 この手の200-300個の小さなお墓も数1000単位の大きな
 墓地も多くあり、墓地だらけ〜あちこちに点在して居るのでタイ
 には相当数の中国系タイ人が多いのだと。。。
 タイのパワースポット巡りいかがでしょうか。

 

 右の写真の山の裏側がシラチャーになります。

 ちょっとタイ語教室
 土葬=ファン・ソップ



 
いらっしゃいませタイランド
            

戻る