タイの工業団地紹介(304工業団地編)のお話   
                                    
【304工業団地】
 

 304工業団地の看板(のどかな田舎) 304工業団地正面の看板

  
 バンコクから東(カンボジア方向)へ120キロ、Sさんの住んでいる
 シラチャーから北東へ120キロ離れたプラチンブリ県に、『304工
 業団地』が御座います。

 なぁんで、『304工業団地』と言いますかというと、この工業団地の
 そぐ隣に国道304号が走っていることから命名されました。

 BKKから1時間半で行け、タイ東北部からのリクルートが簡単とい
 う謳い文句で設立されたのですが、あまりに交通の便が悪い、近く
 に都市、町や市も無い、繁華街なんて物は全くない。と言う、
 立地条件から、陸の孤島になっております。今だからBKKから1時
 間半で行ける様に成りましたが数年前迄はたっぷり2時間はかかる
 という状態で、BKKから通勤する人は皆無、皆地元に住む。。
 状態でした。

 よって、工業団地の規模にしては、余り会社少ないので大規模の
 用地手配には向いている工業団地です。
 Sさんがタイに着たばかりの20数年前は、近くにカンボジア人の避
 難サイトがあったり、304も道路改修前は山賊がでたり、、して居
 た時代もあったそうな。 今は大丈夫。
 

 ちなみに、この近くの『ガビンブリ工業団地』も凄く寂しいところです。
 都会嫌いの方はお勧めです。
 タイ出向の際は工業団地の場所をお確かめの上、出向された方
 がよろしいかもしれません。 

 いらっしゃいませタイランド。


      つづく。 

戻る