S毛の家族(APECの光陰)のお話  
 2003年10月吉日
【S毛の家族が行方不明】
 以前、第65話で、APEC中での、野良猫、野良犬狩りのお話をし
 ました。
 ちょうどAPEC中、小泉総理大臣がご帰国になる頃、S毛?S家の
 グレーのペルシャネコ「フンフン君:ホコリっぽいの意味」が行方不
 明になりました。 Sさんの住んでいるところは、住宅地で一般の
 方が入ってこない所に在るので安心して居たのですが、どーも他
 の家に拉致?
 キドナップされた,?またはネコさらいに合った様で御座います。

 やっと背中を撫でると、腰を上に伸ばす位、成猫に育ちつつあった、
 フンフン君8ヶ月。。。。。残念です。
 もう一方のショック君は、それからあまり午前様をしなくなりました。
 連れ去られる所を見ていたのかもしれません。

 もちろん持って行かれた方も、未だ固形エサを拒否するフンフン
 君のエサ代が大変かと思います。。。。
 間違いなく、タイの行員クラスのお給料近くは食費代に消えて行
 きます。猫砂代も馬鹿になりません、長毛種の猫ですから、ブラッ
 シングと、週1回のお風呂も大変です。

   
 
 在りし日の【フンフン君】 大きくなる毎に不細工になっていったが、
 良く人に慣れたネコだった。。。。
  
 

 右手がフンフン君、昔はかわいかった。  無事に育ってくれること
 を祈ります。


 いらっしゃいませタイランド



戻る