タイの文化(安全週間)のお話                    http://www.kohbyo.co.jp/
                                                          2010年8吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 ちょっとの会社の宣伝です、今週から安全週間が実施されました、下の写真は、安全週間で計画されたゲーム。


 電極の間を鉄線を通して行くゲーム(電極に触れるとサイレンと回転灯が回る)、ダーツでの風船割り、 油でぬらしたピンポン玉
 を箸で取るゲーム、お昼時間を使用しての行事でしたが結構盛り上がって居ました。

【ちょっと投稿文】
 Sさんの日本側の自転車お師匠様 (有)さん(仮称)から投稿文です。

 「お久し振りです。 さっそくですが、「ロード欲しい病」に油をそそぎますね!!!!最先端のカーボンもいいのですが、

 今、静かなブームになりつつあるクロモリもいいですよ。私も安いの1台持っていますが、特に私はイタリア職人の
 手作りバイクが好きですが、いつかはオーダーしたいと思っています。

 最近、私がサイクリングした一部をご紹介しますね。

 

 ケープ真鶴(左) と 真鶴駅(右)
 
 
 もえぎの湯                                 多摩川(府中)

 奥多摩の小河内ダム

 以下の「ルートラボ」のルートは私が実際に走り、登録したものです。・「元住吉から奥多摩湖」往復:165km

 便利な物ができましたねぇ。 ルートラボって凄いですね・・・行った先のキロ数や高低差まで表示できる。。。
 奥多摩は登りオンリーで伊豆方面はアップダウンがきつそうです。

・「元住吉からケープ真鶴」往路:95km復路:輪行(往復の予定も猛暑で復路は電車)


 試しにSさんがヒルクライムしたカオヤオイ国立公園ルートを探査すると。。。。対象外でした。。。グルーグルアース
 なら出てくるのに、、残念。

・「元住吉から多摩湖・狭山スキー場」往復:80km


 都心部から奥多摩は登り一辺倒、、これもかなりつらそうなぁ(体重の重いSさんは登りが苦手です)

 「その他に、近場の温泉目的でもサイクリングしています。今度行きましょう!
 「深大寺温泉ゆかり」http://www.shiroyama-gr.co.jp/yukari/ここは偶然発見したのですが都会のど真ん中ですが
 里山の雰囲気があります。

 「ときのいろどり」http://www.tokinoirodori.com/ スパリゾートの雰囲気ですね。」

 「
また、私、サイクリング用に自転車を2台持っていますが、1台はチタンレース仕様、チョットづつ自分好みに改造
 して今オリジナルはフレームのみ
となってしまいました。http://cycle.panasonic.jp/products/pos/ort13.html
 もう一台は街乗りとLSDを兼ねたクロモリ、TokyoBike SPORT 9sをベースに、これもチョットづつ改造して、
 今はオリジナルはフレームのみとなってしまいました。
http://www.tokyobike.com/2010website/concept/TL91.html
 と言う訳で、 ”サイクリング”と”改造(機械いじり)”の2つを楽しんでいます。

 だいたい自転車趣味の人は、バイクが購入できるような価格の自転車に乗って且つ改造を楽しむ方が多い。
 タダ乗るだけのSさんとは大違い、体脂肪を考えて食事取ったりハートレートトレーニングしたり。。。
 
 「話は変りますが、Sさんの借りているターマックはスペシャライズドのフラッグ・シップなので、ハードルがかなり高く
 な
ってしまいましたね。 http://www.specialized.com/ja/ja/bc/home.jsp ちなみに、今年のツールドフランス2010
 では総合1位のコンタドール、
 2位のシ
ュレックが乗っていた自転車は共にスペシャライズドでした。パリ〜ルーべで優勝したカンチェラーラが乗っ
 ていた自転車もスペシャライズドでした。
つまり、スペシャライズドは超一級品ということなんですよね。困りましたね!
 では又」

 そうなんです、、Sさんが友人の石さん(仮称)から借りている自転車はスペシャライズド・ターマックプロと言って
 凄〜く高級な自転車だったのです、今月末に返却をする約束で・・8ヶ月間ただ乗りでした、あまりにも良い自転車を
 乗っていた物ですから代替えは・・・・高すぎて手が届きませんので、Sさんのマウンテンバイク自転車君で我慢して
 行こうかと。 例えて言えば「フェラーリの後に国産リッターカー」と言う感じでしょうか。

 フェラーリと言えば、ランチャストラトスが世界限定200台で販売されます、、Sさんの小学生の頃に一世を風靡した
 スーパーカーのラリー車仕様、どなたか購入時にはSさんも乗せていたいただきたいとm(_ _)m


【通勤途上の車窓から】
 左の写真はタイならさもあらん、しかし右の写真はバイパスで100キロ以上で走行するトラックの上に立つ2人、
 アメージング・タイランドでした。 



 左の写真は馬のステッカーに目が行きました。

 そして右の写真、よーく右の人の髪型を見てください風でなびいているのがお分かりかと、片道4車線のパイパスからでした。

 落ちたら後続車に確実に踏まれます。


いらっしゃいませタイランド               戻る