タイの文化(旨い〜)のお話          
  
http://www.kohbyo.co.jp/      2010年6月吉日 
【コービョーの車窓から】
 会社の前の豆の木に花が咲きました、豆の木は伸び過ぎて
 電線に被ってきて居ますので近々伐採になる予定ですので、
 最後の雄姿をご紹介です。



   伐採前 (何でまた電線の下に植えたのか不明)



 そして伐採された隣の木。

 年に2回伐採するほど育ちが良い豆の木・・工業団地の植樹
 の選定ミス?または雇用対策なのかもしれません。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 山梨県の人や長野県の人に 
 「好きですか?」 聞くと 「大好き(*^_^*)です」 と、、、
 でも〜乗るのでは無く、

 食べたり、 賭け事だったり・・・。

 今回は食べる馬では無く、乗馬のお話ですm(_ _)m。

 S家の家族乗馬、今回は長女氏君が塾に行くと言うので、
 朝乗馬の専属カメラマンになってもらいました。
 モデルはプリーチャー教官とSさんを起用しましたので、
 さらっと乗馬に接していただこうかとm(_ _)m

 まずは足下から

 

 この乗り方が出来れば超上級者です。               
 正面から見るとこんな感じです。

 第815話で、鐙(あぶみ)に乗せ足は、たつま先を高く、
 踵を低くと書きましたが、百聞は一見に如かず
 プリーチャー教官にモデルに成っていただきました、
 足下にご注目。 ちなみにSさんレベルでは、乗馬中
 ずーっとこの足を維持するのは、体堅いので無理(-_-;)。
 これぐらい踵を落とせると馬が急停止しても対応が可
 能です。 と言うより障害物をやるためには
 これぐらいの柔軟さが必要です。

 乗馬法はSさんでは参考に成らないので、装備モデル(*^_^*)

 タイ風格安乗馬装備:総額2万4000円。
 タイで乗馬用具を買うと輸入品ですので日本で購入する
 より高く付きます、 格安は、ブーツ、パンツ(タイではフル
 オーダーですがビックリの安〜い)日本の5〜10分の1の
 価格です。

 1)ヘルメット、乗馬用は高いので、スケートボード用の
   ヘルメットがお得。(写真のは900バーツ(約2800円)
   で購入)
 2)乗馬用プロテクター・・・は高いので、バイク用プロテクタ
   2000バーツ(約5600円)がお得。背中です。
 3)手袋(日本でバイク用を2500円)
 4)ウエア:安売りで400バーツ(約1100円)のラグビージ
   ャージ(馬用ではなく寝間着として購入)
 5)乗馬パンツ:タイではオーダーでも1000バーツ
   (約2800円) 安いのだとその半分。
   Sさんのパンツもオーダーで、白地にお尻には黒いバック
   スキン、確か1000バーツぐらい。
 6)乗馬靴:(?_?)西洋人が注文して買わなかったので、確か
   1500?2000バーツで購入した(約5600円)
   タイではフルオーダーしても約1万円〜1.5万円ででき
   ます。(ちなみに日本は7万円から〜10万円)
 7)ムチ鞭:500バーツ(約1400円)高くても倍。
 8)サングラス(自転車用に購入)800B(約2200円)
 上から下まで含めて約24000円ぐらい(パンツと靴下は
 普通の)お勧めです。
  

 手袋は手綱で指がすれるので皮が◎、鞭はそこら辺の
 木の枝でOK、Sさんも初めはそうでした。サングラスも有
 ると便利、長袖は落馬時の怪我防止と日光対策。

 走っても居ないのにもう降ります。



 馬の降り方
 左足を足を上げて片側へ移動する、それからお腹を鞍に
 付ける、と当時に左足の鐙を抜く、後は鞍にお腹を付けな
 がらズリズリ降りる。



 馬の肩が光っているのは汗です。 



 これで分かったこと、馬の背中は人のアゴと同じ。。。
 とてもヒラリと乗れる高さではないと・・・
 鐙はへそ位置になります。(モデルの身長170センチ)

 最後に、Sさんのジャンプシーンでお別れです
 まずは低めのクロスバー。

 

 クロスバー(もう1段高くも出来ます)、右はクロスバー
 の2連続(機材的に3連続までできます)
 間隔を4−50センチにして跳ばせる時もあります。


 


 平行バー、これが出来ると一応上級者のシッポになります。

 娘の前だったので、滅多にやらないジャンプにトライ、しかし
 技量を考えてここら辺で終わりにします。

 翌日、私の股関節・・・カチンカチンに成ったことは言うまで
 も御座いません。無理がたたった。

 今年の追加目標 「柔軟体操」 を思い出す。

 でも教官達の目的は障害物乗馬の普及にあるので、いつも
 は独りで放って置かれるSさんも、障害物の練習の時は教官
 が最低2名+兵隊さん1名(落としたバーの再セット要員)は
 着いてくれるのでVIP扱い。 教官達も跳び方が上手いのへ
 下手なの早いのフォームが悪いのと批評をくれるので、嬉しい
 気分です。
 普段Sさんは障害物やりませんが、教官も喜ぶのでお勧めです。  

 情操教育効果もある乗馬やりに〜♪

 
いらっしゃいませタイランド               戻る