タイの文化(出家と免許)のお話                  
  
http://www.kohbyo.co.jp/               2010年5月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 タイでは成人男子は両親に福を積むために出家する風習がある、
 都市部ではだいぶ廃れてきている文化であるが地方出身者には
 今なお引き継がれている。

 一般的には20歳の時、結婚を控えた場合、両親や親類が死亡し
 た時等に出家するのが一般的である、 それ以外には不幸続きと
 か悪いことが重なった時に自分の徳を高めるために出家する人も
 いる。

 出家期間は一般的に5日〜3ヶ月間と幅もあります。会社としては
 従業員への福利厚生として、3年以上の在籍社員には1ヶ月間の
 出家を認めている。

 前置きが長くなりましたが、この度・・・結婚でもなく(既婚者)、両親
 も健在、周りに不幸もない無いのに1ヶ月間も出家するスタッフ、
 こそっと出家することも無く、堂々(お金を下さい)と出家式の案内状
 までご丁寧に持ってきたので、ご紹介です。 



 ほぼはがき台の案内状

 案内状の封筒をもたっら・・・社員の功徳を積む行為に水を差すわけ
 にも行かず、最低1000バーツはお祝い金をいただいた封筒に入れ
 て返却が一般的な風習です。 もちろん出家式に参加する場合はそ
 の封筒を持って行きます。

 ちなみにもらった方は「コップンク・ラップ=ありがとう」とは言ってくれ
 ますが、恐縮さも無く、もらって当然の顔をしています。

 今回出家する社員はスコータイ県(出身県)で出家する、スコータイは
 Sさんの住むチョンブリ県からは約600キロほどの距離・・・半分迷惑
 な・・・半分は良い社員になって戻って来いよと・・・・封筒にお金を入れ
 て渡しました。 

 海外勤務には冠婚葬祭、風習には理解が不可欠です。

 出家は、白い服を着てお寺へ行進して行くところから始まります、その
 風景が案内状の右下に描かれています。

 白い服はお釈迦様が白ヘビも仏教に帰依すれば悟りを開けると言う
 逸話から、人も白い服を着てナーク(白ヘビ)に成ってお寺に行くのです。
  女性の場合、お坊さんには成れないので、白い僧衣のままお寺で修
 行を積みます。

【5月5日はこどもの日、タイでは戴冠記念日】
 日本では5月5日はこどもの日でお休み、タイはプミポン・アドゥンヤデー
 国王の戴冠記念日で祭日で役所や銀行もお休みです。 (Sさんの会社
 はお仕事で〜す)
 

 5月:日本の東京では八重さくらがまだ咲いている。  お人形の吉徳

 王様は1927年(昭和2年12月5日生まれ:82歳)にアメリカのマサセー
 セッチュ州ケンブリッジで生まれました。
 1934年(7歳)−1952年(25歳)はスイスに滞在、1946年(19歳)で
 即位し1950年(23歳)の時に戴冠式をしてますので、今年は戴冠式60
 周年、記念の100バーツ札も近々発行されるそうです。

 王様の外国語での演説は聴いた事がございませんが、きっと英語とドイ
 ツ語は堪能なのではないかとおもわれます。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 タイの政治に興味のある方に、 お友達のギル教授から 

 「来月(5月20日)「アジア記者クラブ」で話をすることになりました。こちら
 の方は少し時間があるので、少し詳しい話もできるのではないかと思います。
 http://apc.cup.com/ 」

 日本で聞けるタイの政治、入場料も自己申告で生活苦と言えば1000円
 で聴講できます(*^_^*)お勧めです。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 Sさん免許更新に行ってきました、タイの免許は5年前から、5年更新にな
 りました、それ以前は外国人は毎年更新でしたからだいぶ楽にはなりました。 
 
 Sさんはタイの免許へ20年ほど前に切り替えるに当たり、国際運転免許
 証からタイの免許へ変更しました、但し普通免許だけ、自動2輪は実技試
 験とペーパーテスト受けなければならないと言われ、タイ語でテスト受けた
 のです。 その後、日本の免許証は仕事の都合で更新が出来無くなくなり
 現在に至っているので、タイでの免許証更新は必須に成っております。

 今回の更新から変わったこと、 免許証が磁気付きプラスチックカードにな
 ったこと(以前は紙)、そして色盲検査、奥行き検査、ブレーキテスト、信号
 テストと1時間講習が追加されました。

 更新時の必要書類 :
 1)旧免許証(期限切れ3ヶ月前から更新可能、期限切れ1年以降は再テスト)
 2)パスポートとパスポートのコピー(コピーにはサイン)
 3)ワークパミットとワークパミットのコピー(コピーにはサイン)
 4)場所によっては健康診断証明書

 タイの免許証は、種類別に発行されますので、日本様に1枚にはなりません。
 種類的にはバイク、乗用車(4輪)、6輪以上のトラック、トレーラー免許、
 プラス2種免許と危険物運送に別れています。



 免許の裏面は運転できる車種の絵が描かれています。 おでこ広いですね
 。。。誰でしょ・・・・

 面白いことに実技試験は、二輪、自動車、トラックともに持ち込みになります
 ので、その間は無免許・・・・ 如何にもタイらしい(?_?) 



 こちらはバイクの実技試験、ヘルメットかぶっていても
 足下はサンダル履きがタイランド風。 車の実技も同じ場所でUターンして
 バック車庫入れです。

 今回の更新代金
 ・普通免許: 755バーツ(約2100円)
 ・2輪免許:  505バーツ(約1400円)

 免許更新は半日かかりますので、余裕を持って筆記具を持って言って下さ
 いませ。

 ちなみに初めて国際免許からタイの免許へ切り替える場合、初回が1年、
 それ以降は5年の期限になっているそうです。また免許センター内は扇風
 機のみですのでハンカチも必須です暑いです。
 それからタイもネットワーク化が進んだためか、免許更新はタイ全国何処
 でも更新が出来る様になったそうです。(日本より進んでいる)

 最後に免許やパスポートを更新して思う事、 「この写真の老け顔は誰だ
 !!!!」
 S家には魔法の鏡しか御座いませんm(_ _)m

 ゴールデンウィークが終わっても


いらっしゃいませタイランド               戻る