世界の名所(シンガポール)のお話                 
   
http://www.kohbyo.co.jp/              2010年4月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 娘の修学旅行話しでは無く、友人の石さん(仮称)が先行してシンガ
 ポールへバイクで行ってきましたので、シンガポールのお話ご紹介です。

 「プー太郎の石でございます。 シンガポールまで行ってきました。
 事前に、マレーシアへの入国情報を得ておりましたので、国境突破は、
 スムーズにいきました。

 ただ、シンガポールを出国する時に単車にまたがったまま、イミグレを
 通過するのですが、ちゃんとヘルメットを取って、出国審査を受けたの
 ですが、ヘルメットのせいで、髪の毛が異様に少なく見えておりパスポ
 ートの写真と同一人物でないといわれ、生年月日を言ってみろとかメガ
 ネをかけてみろとか大変でした。」

 いいえ気の性です、誰が見てもパスポートの方が2828して若くて良い
 男です。イミグレの判断は◎です。

 
 
 石さんマネーシア半島縦断制覇ですね、左はタイとマレーシアの国境で、
 バイク用の狭いレーンが見せ所ですね、右はシンガポールの中とお見
 受けしました。(青い看板にシンガポールと読めます)

 石さんは、5月から就職が決まっているそうで、それまでのバケーション
 を楽しんでいる最中、流石独身優雅な生活ですね。
 しかし石さんとシンガポールはミスマッチ、インドはアルカイダ風風貌で
 OK・・・・シンガポールは汚い服装の方の入国を規制する国で、先進国
 中で最もバックパッカーが少ない国として有名ですので、イミグレ官の
 対応は正解ですね。

 「シンガポールのラッフルズホテルの正面玄関に乗り付けたら、小汚い
 奴はあっちに行けと追い払われ、遠くから写真を撮りましたが、我ながら
 腰の引けた写真になってしまいました。」

 

 服装はシンガポールを意識していつものツナギより綺麗かも。 
 それにしても世界有数の高級ホテルであるラッフルズホテル
 前の白ヘルの石さん、このミスマッチ(失礼します(^o^))な絵柄に感激
 しました!

 

 でも追い払おうとしたホテルマンの判断は◎と思います。
 
 タイのバンコクからシンガポールまでは陸路で往復4000キロと言った
 処でしょうか、お疲れ様でした、荷台の荷物の少なさが旅慣れている証
 ですね。 Sさんもシンガポールは4−5回行ったことがありますが、旅
 の視線の違いを・・・・・m(_ _)m

 おまけ編、カメラも趣味の石さん、バイクでの移動も必ずデジ一を携帯し
 て行っているので合わせてご紹介愛用機は確かニコンD300。(の最後
 の00をマジックで消して自称D3だと)をご紹介*D3はプロ機種です、
 以前は石さんD2を使っていました。

 1)いつものツーリングで使っておりますカメラバック

 

 こちらはウエストバッグ式でよく見かけるバッグです。

 2)インド等の遠征に使うフルセットバック

 
 上の青いカードはPRESS証(もちろんまがい物)
 
 3)カメラ用巾着袋        
                   


 4)タオル地で作ったカメラケース  コンパクトカメラを入れ仕事で、現場確認
  用に常備しております。



 ババッチィ(-_-;)m(_ _)m雑巾かと思っちゃいました(^O^)(^O^)
 でも理にはかなっている様な・・・雑巾カメラ袋いかがでしょうか・・・・流行るかも
 。。。(99)

 自宅には確か湿度計付きのプラスチックタッパーケースもありました。カメラ凝
 っている用です・・・・・。

 今回は友人石さんからの投稿特集でした。 シンガポールもマレーシアもタイ
 経由で・・



いらっしゃいませタイランド               戻る