タイの文化(名字)のお話
【タイの名字のお話】
  タイはその昔、一般庶民には名字が御座いませんでした。
  いつから名字が付くように なったかと言いますと、ラマ5世
  時代からとされております。(日本なら明治時代)

  ラマ5世は、あの有名な映画「大様と私」で、外人の家庭教師
  が付いていた王子様でいらっしゃいます。

  このラマ5世大王様は、タイの西洋文化を積極的に取り入れ
  たラマ4世の影響をお受けになった、偉大な大様として今でも
  タイ人から尊敬の対象に成っている王様でいらっしゃいます。

  ラマ5世大王=チュラロンコン大王と呼ばれ、タイの国立大学
  の名前にもなっております。
  さて、このチュラロンコン大王様が何をしたかと言いますと、
   1)奴隷解放(それまでは、タイには奴隷制度御座いました)
   2)名字の普及

 ちょっとタイ語教室
 ・名 : チュー
 ・姓 : ナムサクン

  やっと、名字のお話が出てきましたので、

『ちょっとコーヒーブレイク
  
  知ってました?タイには同じ名字が無い、と言うことを。。。。
  当時、名前しか無かったタイ国に名字制度導入、この時に取っ
  た方針が変わっています。

  それは言いますと、「重複する名字登録を認めない」と言う物で
  した。 お役人様は、各家族の名字が重複しないように名字登
  録をしたのでした。

  その当時、タイの人口は何名居たか不明ですが、現在6200
  万人強と言われております(戸籍がハッキリしない方が今でも
  居るので正確な人口数は出てきません)

  もし、現在の人口の半分=3100万人÷40名(親類家族一同)
  としても、うんざりする様な気の遠くなる登録です。当時のタイ人の
  お役人は今と違って有能だった?

  と、言うことで、タイではもし、名字が同じ場合は「間違いなく同族」
  と言うことになります。日本のように、山田さん、中村さん、渡辺さ
  んと、同姓でも親類では無い と言うとは無いのです。

  名字が同じならルーツ(キンタクンテ)の様に自分の系図 を遡れば、
  必ず同族?親類と言うことになるのです。



 これは、タイの西部にある、
 「蝋人形館」ですが、一番左手のおヒゲのお方が「チュラロンコン
 大王様」でいらっしゃいます。

 ちなみに、左から、ラマ5世、ラマ4世、ラマ3世、ラマ1世、ラマ2世、
 ラマ7世、ラマ6世、ラマ8世となり、現在の王様はラマ9世(御崩御
 の後は)と呼ばれます。

 ちょっと、博学が身に付いたところで、次回へ

 実物が見たいお方様は、


 いらっしゃいませタイランド。 



戻る