タイの文化(琴ちゃんが来た)のお話               
   
http://www.kohbyo.co.jp/           2010年2月吉日 
【ちょっとS家のお話】
 2月5日から懸賞旅行に当たった友人のおまけで韓国旅行6日間へ
 行く予定だった長女氏君、5日帰宅すると家に居ました、同級の友達
 と一緒に。。

 「どうしたの?」
 「友達........が病気で延期」
 良く聞くと、友人のお父さんが心臓病で入院したそうな。。
 「行かないなら、お小遣い返却ですか」
 「いいえ、折角いただいた物は失礼ですので返却できかねます」 と。
 
 数時間、、。
 「明日の晩、韓国行ってきます」
 家内「お友達のお父さん、悪化したらどうするの」
 「友人曰く、1日見舞ったら、もういいって」

 コンタクトレンズの懸賞で、当たった旅行で、2名の同伴者と韓国へ
 行けるそうな。。以前8名と書きましたが80名だそうです。

 1日遅れでも行ける懸賞って凄いと思った。。。と言うことで、、、
 行ってらっしゃいませ韓国、写真のお土産待ってます(^_^)/~(友人の
 お父様のご回復も)

 その矢先に娘から電話が。。 2月6日11時過ぎ。。。。

 「お父さん今日の午後便で香港へ行ってきます、韓国は寒いので
 香港になりましたぁ」 と。タイの懸賞旅行はかなりいい加減(自由
 度が高い(?_?)、、行ってらっしゃいませ〜香港。

 ちょっとタイ語教室
 ・外国旅行:パイティアオ・パイ・タンプラテート。
 ・苛やましい:イチャーァ
 ・お土産:コーン・ファーク

【ちょっとS家のお話】
 S家にピンさんが来た、本名は波さん(仮称):19歳だと。。日本の
 大学タイ語学部からホームステイでS家に来ました。たしか5人目(?_?)
 ナリさんは元ラオス人(現在帰化して日本人)、東京都品川区生まれ、
 ご両親は埼玉県大宮市に住んでいると事(10年就業滞在すると日
 本国籍に帰化出来るそうです)日本語は、もちろんネイティブ、海外
 留学(オーストラリア)も3年半経験しているので英語も上手い才女で
 した。

 (そう言えば20数年前、Sさんがタイで働き始めた時に、両親が東京
 から引っ越して大宮の公団住宅を購入したことを思い出す、確か大
 宮市指扇駅で当時は埼京線という名の山手線が走っていた)

 お話戻ります、ナリさんの大学は、娘の通っている国立大と提携して、
 イ語の授業を受けるのです。(長女氏君はその付属のインターナショ
 ナル高校生)
 
 長女氏君いわく「英語上手いよ、ずっと英語でしゃべってた」 と。 

 今回留学先のブラパー国立大学の先生が付けたニックネームは
 「ピン=かんざし」でした、ニックネームは毎回変わり、花、植物、虫、
 等々。。。(理由は名前を覚えるのが大変だから、、、

 きっとSさんみたいな性格の方なのでしょう)

 **違ってました、ピン=ハープ、琴、木琴も、琴ちゃんですね。
 (写真でご紹介出来ないのが残念m(_ _)m皮e〜です) 今回の留学生
 達は楽器の名前と判明。

 ナリさんは、小柄な美人さん誰かに似ている(?_?)(?_?)(*_*)(Sさんは
 女優さんの名前を覚えるのも苦手です(-_-;))、
 ご両親はベトナム戦争の際に日本に来たそうな (映画キリングフィ
 ールドを思い出す)。 Sさんも海外生活が長〜いので分かりますが、
 外国でのビザ取得、申請書類、更新時の煩わしさは大変な物があるの
 です、ましてや共産圏からの出国。。。。

 Sさんのラオスのイメージは四角いマヤ文明の遺跡の石仏見ないな顔
 。。。でしたm(_ _)m、タイでは東北のことをラオ(ラオスの意味、言葉が
 ラオス語と8ー90%位重複しているから)と、言います。東北美人の
 産地としてウボン、ウドン、マハサラカム、ブリラム県があるのですが、
 コラート(ナコンラチャシマ県)やコンケン県を代表とする不美人の産地
 も有名なのです、コンケンとコラートのイメージが定着したのはきっと
 社員の顔立ちからだと(-_-)この度、知らない事について思い込みを持
 つことはいけないと。。反省、、   さぁS家のホスト体験記始まりです。


 早速家族でシーフードで食事、場所はS家から近いレムチャバン港内
 にあるレストラン。。食事をしていると、野豚が道を。。。。。
 (近くのお寺で飼っているのだと。。)、隣の白い車はSさんの家内の車
 ウィッシュ。



 巨大な黒豚でした、家内の車が小さく見えます。       
 そして豚(ムゥ)は立ち去っていきました(バイクも豚も小さく。。。)
 何で私が撮るとボケルのだろう。。。今回は携帯+ズーム撮影。 

 ちょっとタイの雑学

 タイのお寺では小中学校が併設されてる所が多い、また家が貧しく
 子供を育てられない家庭はお寺に子供を預けて、お坊さん
 の手伝いをさせながら学校へ行かせてもらうデック・ワット制度がある。 
 お寺の学校は政府からの援助とお寺への寄付で賄われているが、
 意外と大きな学校も多いのは、有名な高僧の居るお寺はお参りもお
 守りの売り上げも寄付も多いのでしょう。
 
 お寺で豚を飼っているのは初めて聞いた、、、授業で豚の居る学校
 でも教えているのだろうか、、、放し飼いは止めてもらいたい。

 食事後に、近くの農業大学構内に夜市場が出来たので見に行きま
 したが、出来たばかりか店舗が少なく。。。でも良かったこと駐車場
 にある電線の鉄塔の根元に「エッフェル塔です」の看板がありました、
 何もない所にも名所を作るタイ人気質が◎でした。

【ちょっと通勤途上の車窓から】

 BKKで見た装飾時計、左が金屋さんの前で右が地下鉄駅前、同じ
 街灯ですが背景で雰囲気が変わります。

 

 上の街灯はバンコクの街灯です。

 

 こちらはパタヤのラジオ局前で見つけた装飾街灯。装飾街灯は
 タイの文化です。

【おまけ編】

 笑う猫
 

 S家近くのコ・ローイ(浮島)の仏壇前から


 いらっしゃいませタイランド               戻る