タイの観光名所(スパンブリ県)のお話 その2          
   
http://www.kohbyo.co.jp/             2010年1月吉日 
【スパンブリ県から】
 前回のつづきです。1月2日のS家の旅行(1泊2日)、それでは始まり
 はじまり。。  

 二日、朝5時起床、7時過ぎ朝食、7時半にホテルをチェックアウト、
 スパンブリタワー経由でドラゴン博物館、ブンチャワー水族館の予定。
 
 朝7時に朝食を摂り7時半にホテルをチェックアウト、下の朝焼けは
 ホテル前で撮影。
 ホテルは飛び込みで取ったのでたぶん高め、1部屋で1500バーツ
 (約4200円)を2部屋取りました、大きさはツーベッドのシティホテル
 サイズで朝飯4名分付きで3000バーツで合意。

 たぶんお正月価格で高くなっているでしょうから、普段なら1部屋3000
 円代だと思います。ホテル名:クム・スッパンブリ・ホテルの9階に宿泊。
 このホテル面白い作りで、部屋の扉で隣の部屋と行き来できるスワッ
 プタイプでしたので家族で泊まるには◎でした。



 1月二日の朝焼け、象をあしらった王様の誕生日記念
 の飾り物、この手の飾り付けは何処の県に目に入って来ます。

 スパンブリタワーもホテルから約3分の距離、朝8時前で開いてないので、
 外から撮影。



 展望台に成っているようです。

 ドラゴン博物館はホテルから5分の中国寺院の中にあり、中には入らずに
 駐車場で撮影して移動。泊まった部屋からスパンブリタワーもドラゴン博物
 館も見える距離にありました。こちらに移動した時刻は8時半頃でした。

 

 移動の途中で見つけた仏塔 こちらはドラゴン博物館の入り口にあったドラゴン柱

  

 この写真では大きさが分からないと思いますので、ミニの写真を見て下さい、
 3−4階建ての中国寺院が小さく見えます。

 ちょっとタイ語教室
 ・ドラゴン:マンゴーン
 ・博物館:ピピッタパン
 ・中国寺院:ワット・ジーン
 ・100年市場:タラート・ローイ・ピー

【ちょっと投稿写真】
 「買ってすぐタイにもっていったカメラが初期不良というピンチ、添付したのは
 現在救えている中の1枚。
 12月5日、ほんわかムードのチットラダー宮殿前です」



 と、友人の丘さん(仮称)から、日本製の新型コンパクトカメラ、、日本製にも
 不良があるのですね。。。
 ポスターみたいな写真、、どうやったら撮れるのだろうか、暖かい写真をあり
 がとうございました。

 お話戻ります。
 100年市場、この市は100年前から続いている市場だそうで、スパンブリ市
 街から10キロほど離れた所にあります。



 行った時間が遅かったのか?朝8時半でガラガラと思ったら、あっと言う間に
 人だらけになりました。



 市場内の仏壇から、タイ人は信心深い、左にあるのは        
 昔のおもちゃ屋さん ひょうたん型の線香入れ。



 Sさんが撮影すると何故ピンぼけするのか。。。不思議です。



                             カフェー



 市場内に合った道路標識、英語が入っているだけあり     
 外人も結構居ました。ドイツ人が多かった。  

 中華饅頭にも見えますが、カマボコで大きさは手の平サイズ とても有名な店だ
 そうです。(カマボコ=ルークチン)お店の名前はニサー・ルークチン・ヤック
 (ヤックは鬼の意味です)
                                        

 

 看板(?_?)娘(?_?)   アヒル焼き+中華饅頭屋さん 
 市場は川の畔にありました。



 川の橋の上から撮影した装飾街灯、装飾街灯はタイの文化ですね(^_^)v
 9時半頃に100年市場を後に水族館へ移動、距離は約30キロ先。
 ブンチャワーに着いたのは10時過ぎでした。

 ブンチャーワー水族館、アジアで一番大きな鮫のドーム型水槽があるそうな、
 規模は上海水族館の約半分ぐらい。
 品川水族館に比較すると約倍の規模。比較対象が難しい。。。 
 入場料は60バーツ、しかし新設された海水水族館への入場はプラス150
 バーツ(約430円) 淡水水族館と海水水族館+ワニ園という構成です。
 周りにあり小さな動物園も併設されています。

  

        入り口と入り口横の噴水 

 

 淡水魚水族館                
 ワニの剥製、、何故ボケるのだろうか?ワニが動いたののでしょうか(*^_^*)

 

 ヒゲだらけの魚
 


 ここから海水水族館

 

 10時半から始まったら餌やりショウ、、、あっという間に人が見えなくなりました。

 

 こちらがアジアで一番大きいと言われているドーム型鮫水槽、こちら
 でも鮫への餌やりショー、下のバンハーンの後ろにスキューバ付け
 た人が3名居ました(よく見ると分かります)。

 長さ15メートル幅5メートルぐらいでした。通り抜けは不可で、Uターン
 して戻ります。 エサやりショウの時間帯は強制的に床に座らされます。

 

 こちら実物と家族、右は水族館内の看板から。(お偉い政治家は水槽
 の縁に腰掛け、庶民は床に座らされていました)

 この水族館は、湖のほとりに位置して、元チャートタイ党のバンハーン
 元首相が建てたそうな。。。行った時間が良かったのでしょうか、
 バンハーン元首相が家族と丁度来園、記念写真を撮っていました、
 その距離はS家の1.5m、、、また身近で見た有名人が増えました。 

 背の小さい老政治家でした。握手をしてもらえる距離でしたが内気な
 性格ですので止めました。流石元とは言え首相よく見ると
 私服ガードマンが6名も付いてたのは驚き。。田中角栄を思わせる風格
 がありました。帰りの時間帯も重なり、出口の路上ではお巡りさんが
 10名ほどで交通整理に当たっていました。

 おまけ編


 ワニ園の前に居たパンダワニ、チェンマイでパンダが
 生まれたからタイはパンダブームです。
 
 この水族館では、7センチほどの小ワニの頭剥製のキーホルダー120
 バーツ(370円)、30センチ台のワニの頭剥製 600バーツ。
 頭の標本骨格400〜600バーツ、40センチ台のワニの剥製3000バーツ
 (約8800円)で売ってました。
  サイズと価格の差が何なのかは不明ですが、、売れていませんでした、
 爬虫類頭フェチの方にお勧めです。

 場所柄バンコクのお隣の県で、日帰りも可能な距離なので、水族館は満
 員御礼、Sさん達が1時前に水族館を後にした頃は駐車場は空き待ち渋
 滞5キロでした。 さぁ観光も終わりS家へ帰宅です。 

 家族4名で2日間の出費、宿泊代、入場料、食費、ガソリン代、お土産代
 を込みで、約7000バーツ(約2万円)でした。(バンコクへ入らないアウタ
 ーリング高速道を使用したので、無料だったのが◎、タイ政府はお正月
 に高速代を無料にする時があります、しかしBKKへ入ると有料)

 初夢も見なかったお正月でした。


 今年もいらっしゃいませタイランド               戻る