タイの文化(タイ式クレーン降し方)のお話            
  
http://www.kohbyo.co.jp/         2009年12月吉日 
【ちょっと投稿写真】
 「私は体重が減るというより増えないように、やっと週末体を
 動かすようになりました。主に自転車とヨットを少々ですが、
 自転車は、クロスを購入してから、長距離が走れるようになり
 週末は60km位走っています。早速改造に入りました。
 ギア(カセットスポロケット)やハンドル(短く切った)を変えました。



 と、友人の遊さん(仮称)から、玉川沿いの自転車専用道路で
 しょか?、タイには自転車専用道路が無いので羨ましいです。
 後ろのロードは遊さんの師匠のバイクですって、奥多摩までの
 往復100キロを計画中とな。

 こんな場所なら何キロでも行けそうですね、私は夜間走行です
 ので、風景も見えずひたすら漕ぐだけ。。。週末に60キロ、、
 凄い1日30キロ乗ると、体重の重いSさんはオチンチンノ付け
 根が痛くて。。。。1回の走行は22キロ前後としています、
 もっと痩せない自転車も思う様には行きません。。。       
 今朝の体重76.8キロ。。。

 ヨット、、、高貴な趣味ですね。。。ブルジョア、、、ヤクルトの親
 戚にジョアっては合ったけど。ヨットには縁ないですね、、、。
 流石腕利き営業マン、趣味も違うと感服です。m(_ _)m

【会社の安全管理】

 下の写真は、メッキの廃棄物を業者へ引き渡ししている写真です。
 きちんとマスクを着用して対応しています。
 会社は安全面に力を入れて管理応実施中です。
 安全対策グッズ、マスク、手袋、緊急時用のシャワー等々、
 設備済みです。 そして定期的な健康診断も(*^_^*)

 コービョー社のメッキは環境に優しいとされる、3価の亜鉛
 メッキです。 

 

 

 バケット・トラック、以外と(E〜!) クールです。

 

【通勤途上の車窓から】
 下の写真何だか分かりますか?、川の上の高速から撮影
 したのですが、何か不明です。



 大きなタンクが2個川に浮いています、巨大な浮き。。。
 鯨が釣れるかも。。。何に使うのかは分かりません。

【ちょっとコーヒーブレイク】

 これ何だか分かりますか?大きさはラグビーボール大
 です。鳥の巣にも見えます。

 

 答え:赤アリの巣です、巣には何千匹の赤アリが、この赤アリ
 君2−3センチの大型種で、噛まれると非常に痛い。。。
 化膿する場合もあり。

 アリの巣は土の中ばかりでは無かった。。。世界は広いです
 ね、日本の常識だけでは生きていけません。

 ちょっとタイ語教室
 ・赤:デーン
 ・アリ:モッ
 ・赤アリ:モッ・デーン
 ・アリの巣:ラン・モッ
 ・噛む:ガッ
 ・痛い:チェップ
 ・化膿する:アクセープ

【正しいクレーンの降ろし方】
 昨日モトクロス場の改修立ち合いに行ってきました、
 タイ風クレーンの降ろし方に感動したしたので、ご紹介です。
 絶対日本では見られない風景です。

 

 ショベルを付いてトラックの端まで移動。             
 ほぼ末端に来るとトラックの前輪が浮き始めます。

 

 斜めスロープにかかるとトラックの前輪が完全に浮き
 ウイリー!荷台がしなってます、そしてクレーンが接地。
 まだタイヤは浮いてます、タイヤ下に陰が。

 
 
 接地後ショベルの向きを変えてクレーンのキャタピラ後方を
 浮かせると、トラックはその反動で走り去る
 (この時トラックはニュートラで誰も乗ってません)。
 とメチャクチャなやり方ですが、理にもかなっていると。。。 

 右はおまけ、、、斜面に登るユンボ

 日本ならトラックから全てスロープで降ろすのでしょうが、
 タイ式は凄い、トラックの前輪が浮いた時、トラックの荷台が
 弓なりになったのが感動的でした。
 
 

 右背中の方はコース管理者。 右はは今回新設した、10mの
 ジャンプ台、トラック8台分の土、大きさはクレーンのサイズから
 想像して下さいませ、もう少しならせば完成です。

 
 いらっしゃいませタイランド。         戻る