タイの観光名所(ペッチャブン−ピッサヌローク)のお話   
 
http://www.kohbyo.co.jp/               2009年12月吉日 
【ちょっと投稿写真】
 「昨日食べたやたらとデカイフレンチフライです。」 と同僚の猪野さん
 から。。 感謝ですm(_ _)m

 

 長さはタバコの約1.5倍、そしてタバコの厚みの約半分。。  
 長さも厚みも確かにジャンボサイズ、旨そうと言うよりは珍しい。。
 (中は生ぁ?、、、、が感想です。)

【タイの観光名所:ペッチャブン−ピッサヌローク】
 「今度の土曜日から月曜日まで、長女氏君と2泊3日の旅行に行きます」
 と家内から通達がありました。

 「へへっっっっっ」 と、謹んで了解したSさん、お財布の中身のほとんど
 を献上致しました。家内はニッコリして「ありがとう」と、、、。

 週末の土日のお休みだったので長男氏君と二人楽しく、乗馬とモーター
 ショウへ行ったのでした。食事は「全部外食にしようね」(^_^)v

 と、言うことでSさんの家内が行ってきました(旅行中は家外と言うのだろ
 うか?)ペッチャブン県からピッサヌローク県の風景ご紹介です。

 ピッサヌ−ローク県はバンコクから500キロほど北上したタイ北部にあ
 ります、と言っても分かりづらいでしょうから、スコータイ(矢印の少し上)の
 お隣の県と言った方が分かりやすいかも。。



 下の矢印からシャム湾、有名なパタヤは、チョンブリとラヨーンの中間当たり。

 この季節の北部は気温は肌寒く、朝8時半過ぎても気温は14度と、日本と
 同じぐらい寒い。。。
 高度的には海抜4−500メートル位でしょうか。 百聞は一見に如かずご
 紹介です。



 14度は確かに寒いですね。 何でもタイのスイスって言われているらしい。



 カウコーハイランドのバンガローに宿泊したそうです、1泊2000バーツだと。
 右の写真の後頭部はSさんの家人です。



 現在建設中の建物、お寺に見えますが、お寺ではないそうです、壁面や柱を
 ベンジャロン焼きの陶器で飾っています。



 確かに近くで見ると豪華ですね、、どこかの陶器会社とタイアップしているので
 しょうか?



 夜では無く朝焼けだそうです。



 何処の子か知りませんが可愛いですね。
 ケーン・サパーの滝(7段あるそうです)、日本の滝に比べて小さく低い。
 下はヒンテーク:文字通り「割れ岩」、岩の裂け目は結構深かったそうです。



 山の上にあり、岩と岩の間が裂けているそうな。 人が小さく見えますね。
 続いて軍の博物館プラヤータニー、



 何故か漆黒の軍人さんが、、、タイ人ここまで黒くは無いけど人気者み
 たいですね。 高射砲と子供



 兵器博物館と言うよりはスクラップ展示場、、、と言った感じですね。



 山の上のおみやげ屋さんで買った、手編みの帽子、気温より体感温度
 の方が寒かったと言っておりました。



 左は娘のドラエモンです。 山岳民族の方が手編みで縫いながら売って
 いたそうです。

 Sさんの家内からの投稿でした、m(_ _)m と言うことで家内の居なかった
 週末は、全て外食にしたSさんと長男氏君でした。
 タイまだまだいろんな名所があるみたいです。


 いらっしゃいませタイランド。
戻る