タイの文化(通勤途上の車窓から)のお話              
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2009年9月吉日 

【通勤途上の車窓から】
 今日は土砂降りの通勤です、車窓から見えた物は、ダンプカー
 に20人ほどの建設関係?の出勤風景でした。
 タイの地方では、まだまだこの手の風景が日常風景として見
 る事ができます。

 

 見ての通り土砂降りです。                       
 そしてトラックの荷台には20人程が乗ってました。

  

 もう少し分かりやすい画像を狙いましたが、m(_ _)m

 バンコクはトラックの時間的乗り入れ制限と、首都高速
 では屋根の付いていないトラックの荷台に人を乗せては
 いけない、と言う
 規制があるので、地方でしか見られ無い光景です。

 Sさん、子供の頃見たTVアニメで確か「アパッチ野球軍?」
 と言う漫画があり、背景は地方の工事現場近くの高校生?
 が野球に目覚め甲子園を目指すと言う内容だった様に思
 う、その応援にはもちろんダンプカーの荷台に乗った工事
 現場の人達が鈴なり。。。 

 このアニメは、ハンバ(工事現場の簡易宿泊の建物)、
 日雇い人夫等の今で言う差別語が合ったのかもしれません、
 再放送された記憶がなった様に覚えています。
 「巨人の星」や「どろろ」が再放送されないのは、同じ理由
 だと。

 タイも20年ぐらい前の工事現場の作業者は、ラオス人だ
 ったりミヤンマー人等の不法労働者が多かったですが、
 今では、だいぶイミグレの規制強化で無くなっていると思わ
 れます。でもローカルの工事ではまだまだ見え家ます、
 Sさんの住む住宅地でも、良く改築工事等でピックアップ
 トラックに10人ほども乗った人を見かけますが、異国語を
 話していました。

 現実を言葉だけで言い換えてOKとする日本文化より、
 ありのままで受け入れているタイ文化の方が、許容量が
 高いと感じる朝の通勤でした。

 この季節、雨が続居ていますので健康にご注意下さい、
 少し風邪気味のSさんからリポートでした。

【ちょっと遊べサラリーマンのお話】
 弊社社長曰く
 「人は楽しい事をして遊ばないと、脳が活性化せずに惚
 けるのが早くなる」 

 そしてご自身も身をもって実践をされております。 壮年
 老年期の惚け防止だけではなく、仕事や人生にも通じる
 含蓄のある言葉だとm(_ _)m
 確かに自分の好きなこと事には集中でき、その時間を作
 ろうと努力し、実践にあたっては知らず知らず精進できます、
 そして楽しい!達成感も得られます、仕事、仕事だけの日
 本人では、なかなか言えない言葉ですが、妙に納得の
 「今日の格言」として、ご紹介でございました。 

 そして、友人達に聞いてみました。「遊んでますか?」と。。。。。
 
 千葉在住の錫さん
 「私もおおいに遊んでいます。ただし、不健康的にですが。
 思うんですが、ここ数年、メチャメチャ忙しいのですが、
 それでも人生で一番遊んでます。やはり、人生に本気で
 取り組み、仕事に本気で取り組んでいると遊んでいる時間
 が少なくなります。そんな時こそ遊びに対して活動的にな
 れるような気がします。私の不健康な遊びを紹介します。
 ビートルズのデジタルリマスターBOXを購入しました。

 ひととおり聞くだけで2日ほどかかります。でも、幸せです。
 デアゴスティーニの零戦を作っています。まったく身体を
 動かすことなく、たばこの量は増え続け、不健康ですが、
 幸せです。

 釣りにかこつけて佐賀の嬉野温泉に蒼君と行きます。
 いろいろな意味で不健康ですが幸せです。
 今年の年末にタイに遊びにゆきます。なんとか健康的に
 遊ぶ事が出来ればと願っています。前回の訪タイでは健
 康的すぎて(酷暑のなか早朝から2日連続のガチゴルフ)
 バテバテでした。Sがバケモンに見えました。なんとかSが
 バケモンに思えない程度まで体力をつけてゆきます。」

 デープな趣味を持つ人がSさんの友人には多い、そして
 この方も。。。
 タイ正月のソンクランはタイでもっとも暑い季節、そこで
 ゴルフ、初タイの方には少ししんどかったかも。
 健康的な遊びならSにお任せ下さいませ。

 BKK在住の石さん
 「9月13日の日曜日は、カンチャナブリマラソンで、ハーフ
 を走りました。咳さんも一緒に走りましたが、足が痛い。
 絶対に体に悪い。」

 自分の体をいじめるのが好きな石さんはトライアスロン指
 向で、マラソン、自転車が趣味なのです。
 マラソンも誘われていますが行きませんお断りしています、
 まず体重を落とさないと。

 神奈川在住の遊さん
 「この頃ヨットに乗り始めたのですが、余り運動にはなりま
 せんが潮風を浴びて健康には少しは貢献しそうです。
 (毎年必ず風邪を引いていたのですが、今年は10年ぶり
 にまだ風邪を引いていません)」

 三艘でもヨーォォットと言う歌がありましたが、セレブなヨット
 には縁がないSさんであった。一生の間には乗ってみたい。
 あとヨットで思い出すのは「戸塚ヨットスクール」ぐらいのSさんであった。

 ローマ在住の伊豆さん
 「毎度です。こちら、ちっとも遊んでない…ので、アルツハ
 イマーです。」

 海外出向サラリーマン頑張ってます、アルツハイマーにな
 らない様に仕事も、遊びもお願いします。

【ちょっと会社の窓から】
 何している処か分かりますか?

 

 答え:芝刈りです。



 何かと話題を提供してくれる会社前の運河からご紹介でした。
 今までは、柵を置いての作業はありませんでしたので、工業
 団地も安全作業に目覚めたのでしょう。

 
 いらっしゃいませタイランド。
戻る