タイのローカル採用についてのお話
【またの名を現地採用
 日系企業の場合、日本が景気に左右され、経費がかかるでなか
 なか日本から出向社員を送れない、または送ろうとしても外国向
 けの人材がいない、社員の家族の事情から出向社員の人選が
 難しい等々の問題が御座います。

 この問題解決策の一つに、タイで日本人を採用(現地調達)しよう!
 と思うのは、どこの企業も同じです。一般的には「ローカル採用」ま
 たは「現地採用」と言う言葉で総称されます。最近では「ご満足=
 5万族」と、言う呼び名も出て来ています。

 なーんで、「ご満足」と言うかと申しますと、タイの労働省へ就労許
 可証を申請する場合、申請書に所得額を記入する欄があるので
 すが、一般的に労働省からの外国人に対する所得申請を最低
 5万バーツ(約15万円)にしなさいと、指導があるからで、ここから
 5万→5万族→5万バーツで満足するから「5万族」という呼び名が
 出てきたのだと思います。

 と、言っても最近は、月5万バーツ以下の給与で働く現地採用の
 日本人も出てきております。だいたい3万バーツUPでの採用が多
 く、5万バーツを超える方は少ないとか。


【現地採用の待遇】
 一般的な現地採用の待遇。
  1)給与:3万〜5万バーツ。(地方に行くほど高くなる)
  2)会社の車で送迎あり(が多い、BKKの会社の場合は、送迎無し、
   地方はあり)

【現地採用雇用のメリット、デメリット】  
 安い給与で雇用できるだが、人材の当たりはずれが大きいので、会
 社の教育システムがしっかりしている会社の場合はお勧めです。

 また、比較的簡単に人材が集まる、アルバイト感覚で雇用するのなら
 そんなに問題なし。タイ人のMGRよりも日本人現地採用の方が給与
 が高くなり、組織的なバランスと、能力、機能に問題が出やすい。

 これは当然の話ですが、現職のタイ人マネージャーの方が仕事が出
 来るため、日本人という国籍に高い給与を払っていると認識されてし
 まいます。

 また、仕事が出来るタイ人の下にローカル社員を所属させるのは難し
 く、どうしても出向社員の直轄管理になるので負担に成りやすい事が
 挙げられる。

 現地採用者も、仕事の経験が無いから取りあえず「営業職で」と言う
 気持ちが強いが、何と言っても営業職は「会社の顔、看板」でもある
 ので、返ってお客様に失礼になるケースが多い事。

 どの会社も出向社員、現地採用の区分けがあり、信用度にどうして
 も差がついてしまうのが現状であります。お客様との関係は日本へ行
 っても続くのです、お客様としても、タイONLYの関係の、ローカル社
 員と日本を含めた守備範囲の出向社員とでは、どうしても付き合い方
 に差が出てきてしまうのは仕方が無いことかもしれません。

『ちょっとコーヒーブレイク』
 その昔、「香港のヤ○ハンデパート」が現地採用の日本人を10万円
 で雇用しているとのお話が新聞
 や日系ビジネスに成功している会社として紹介されましたが、その後
 倒産に至りました。

 (やっぱりこの厳しい環境を乗り越え行くには、安かかろ、悪かろの人
 材では乗り切って行けないと言う、良いお手本?教訓?かもしれません)

 ついでにその昔、Sさんの知合いだった、タイのヤ○ハンの店長Wさん
 も会社が無くなっちゃたので、ローカル採用へご転身になりました事を
 覚えております。今はドーして居るのやら。。。

 
       つづく。 

戻る