世界の名所(香港見聞録)のお話
【Sさん100万ドルの夜景を見る】

 Sさんが、写真を整理していますと、昨年出張で行きました香港
 の写真がでてきましたので、ご紹介。圧巻だったのは、有名な
 100万ドルの夜景、その時の香港の湿度は確か86%、室内プ
  ールサイドに居るような蒸し暑さ、、、、。香港では良く湿度計
 が99%で止まるそうです。なぜならば、湿度は100%まで、、、、、。
 
 イメージと違い香港は蒸し暑い国?(中国に併合されていても、
 一回香港に出国して中国に再入国すると、ビザが必要)ようは
 やっぱり香港は外国。2003年の9月から中国入国2週間以内
 の場合、日本人はビザが不要になりましたので、短期間ならビザ
 なしで出入りが自由になりましたが。
   
 気候
 香港は亞熱帯気候に属し、日本と比べて夏の期間が長く、相対
 的に高温多湿。一応冬もあり、
  12月中旬〜2月が冬に  あたる。10℃以下になることもある
  が、0℃近くといった極端な寒さはない。3〜4月は暑さ、寒さも
  厳しくはないが、湿度が比較的高い。5〜9月はいわゆる夏で、
  特に7〜8月は35℃近くまで気温が上がり湿度も高く、非常に
  蒸し暑い。 10〜12月上旬までが秋で、好天が多く、湿度も低い。
 
  と、ありますが、Sさんが行ったのは5月、本格的に熱かった。

 しかし行ってみて驚いた事は、バス、電車、地下鉄、公衆電話が、
 1枚のカードで使用できる事、これは本当に便利であった。カード
 は、自動販売機見たいな所で、使用金額を追加する事もできまし
 た。何と言う機械かは知りませんが便利でった、1等車料金がホ
 ームの自動改札機で支払うことが出来るのもの面白かった、2回、
 3回とカードをかざすとどうなるのだろうか?
 
 2倍、3倍の料金に成るのか?、Sさんは改札口の隣の機械にカ
 ードを当てて、その改札口の隣を抜けようとして、改札口に拒まれ
 た?へまをしたことを覚えている。

 100万ドルの夜景を見るために乗ったケーブルカーの乗り口は解
 りづらい場所にあったのと、(地下鉄から少し歩く必要あり)そのケ 
 -ブルカーの急角度にビックリ、見事に家並みを縫って上がってい
 きます。

 
          (夜と昼の香港)
  



 
香港経由でも、いらっしゃいませタイランド。


戻る