タイの文化(投網教室のご案内)のお話               
http://www.kohbyo.co.jp/             2009年7月吉日 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 社内で投網の講習会が実施されましたので、ご紹介です。  
 落ち鮎の時期に合わせて投網を習いたいとの生徒が居たので、
 お昼時間を使っての講習会となりました。
 


 まずは先生(社員)の妙技から、美しく広がりました。 上手いもんだ。
 網のお値段は約800バーツ(約2300円)ですと。
 


 上は網の畳み方の講習を受ける少し搨キけた生徒さん、
 真剣な眼差しです。。。。
             
 

 さぁ!1投目・・・・                            
 小さく網が開きました。



 そして2投目は・・・ 自分が釣れました。   
 社員も思わぬ大漁に(大爆笑)。

 

 今度は通訳付きで秘伝の技を伝授、ツボを会得(^_^)v

  

 そして技を会得、何回投げても
 になってきました。

 

 30分間かの投網教室終了です 
 これで天竜川と釜無川の落ち鮎はm(_ _)m
 文字通り、一網打尽。

 **注意書き**
 鮎漁で投網の使用できる期間は決まっているそうです、規定に
 従って楽しんで下さいませ。

 ちょっとタイ語教室
 ・投網:ヘエ
 ・投網を投げる:ウィヤン・ヘエ
 ・講習会:サマナー(日本語ならセミナー)タイ語の方が英語に
 忠実かも。
 
 ちなみにウィヤンの意味は回すです。 投げるではありません。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 ふと思ったことに、麻薬。。。
 麻薬犬は麻薬中毒?と良く言われるが、そうでは無いとな、麻薬
 の臭いを覚えさせ、それを探すゲームとして犬も楽しみながら
 訓練や捜査をしているそうです。

 代わって麻薬捜査、こちらも麻薬かどうかを捜査官が口に入れて
 確認するシーンを映画やドラマで目にしますが、現在は試薬で
 判断したり、持ち帰って検査するそうな、間違って飲み込めば麻
 薬中毒になるし、毒を混入されていれば死にますので、確かに
 危ないと思われる。

 タイでは、まだまだミヤンマーからの麻薬流入が後を絶たずに、
 押収ニュースを目にすることが多いし、それに関わる人もいる。
 ちなみに麻薬で捕まったタイ人は刑務所へ、出所後も地元には
 数年戻れずに、数ヶ月前に病院での検診を受けなければなら
 ない等の規定が徹底しているそうです。

 そして太思ったこと。  「寝る2時間前には食べてはいけません
 !太ります」

 と言いますが、昨日寝る2時間前までに何を食べたかを思い出す。

 1)サラという果物5−6粒(大きさはビワぐらいで甘酸っぱい味)
 2)ランブータン(果物)5−6粒(こちらもビワサイズ)とっても甘い味
 3)息子のクッキー4つをパクつく
 4)無糖豆乳1パック、調整豆乳は結構カロリーが高いらしい。
 5)煎りゴマ、一口、、体はアルカリになることを願って。
 6)りんご酢にハチミツを溶いたジュースをコップ1杯
 7)カボチャを甘く煮た物、一切れ
 
 ウムムムム結構食べてますね、そして工場で夕方食べた、うどん
 1杯と、揚げた魚の練り団子1串を追加、
 これでは痩せないぞ!と改めて思うSさんであった。 

 今日の格言 「ダイエット、運動よりも食制限の方が重要」 な様です。
 今朝の体重77.8キロ。

 コービョータイランド社は麻薬撲滅に協力し登録している
 「白い工場」 です。


 投網教室に興味のある方も

 いらっしゃいませタイランド。
戻る