タイの文化(ちょっと通勤途上の車窓から)のお話        
 
http://www.kohbyo.co.jp/           2009年7月吉日 

【ちょっと通勤途上の車窓から】
 7月に入りました、早いもので1年も半分経過、、この処梅雨の晴れ
 間は痛いぐらいの日差しです。中年の肌は直ぐにボロボロになる
 のでそれなりのケアが必要だと感じるこの頃です。(日焼け止め塗
 らないと顔にヒビが入るのです、コラーゲン不足ですね)

 パスポートの期限がなくなったのでパスポートを更新してきたSさん、
 新しいパスポート用のビザ申請のためにイミグレーションへ
 行って来ました、その帰り道チョンブリ県の町中で出会ったジャンボ
 ・マグカップをご紹介です。 

 コーヒーの宣伝なのか?それともセラミック屋さんの宣伝かは不明
 ですが、目立ってました、タイの国旗付き。

 お風呂の湯船としても活用ができそうです。コーヒー入れたら1年分
 と言うところでしょうか。タイまだまた珍品が発見できそうです。
 
  
 
 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 会長から情操教育には乗馬が一番と勧められ、息子のため
 に始めた乗馬、3年経過、初めは子供達だけの乗馬でしたが、、、
 今から3年半前の会話


 「どーだS!乗馬は?」
 「子供達が楽しんでやり始めました」
 「オマンはやってねーだか?」
 「ハイ」
 「親が一緒にやらなくてどうする!」

 の一喝でSさんも2ヶ月後から参加、今に至っています、長女氏
 君も学校が忙しいので1年ほどの中断もありましたが、
 週末は出来るだけ親子3人での不定期、乗馬を継続中。

 さて、先日のこと、いつまでたっても初心者の長男氏と二人だけ
 の乗馬となった日曜日、教官が「森に行く?」と尋ねてきた、
 そう言えばもう数ヶ月は森に入っていないので、「ハイ行きます」
 と即答。
 長男氏君は初心者コースに置いて、兵隊さんとその他10名ほど
 で軍の森へと入った。

 その日は中級者クラスになったばかりの人(子供達)が参加だっ
 たので、急な上り下りは避け、ひたすら道を歩いたり、藪こぎ
 をしていたのですが、急に教官が水に入ると、。。。。

 水練は水深1.5メートルほどの水路約10メートルへ、水の中に
 入れた生徒はSさんを含めて6名ほど、その後、興に乗った
 教官池へと。
 池は直径70メートルほど、深いところはたぶん3メートル。 
 池を往復、教官はウエストまで水に浸かってがんばっていた。

 Sさんは軍の予算が少ないことと、乗馬鞍の価格帯を知っている
 ので、鞍を濡らさないレベルまで止めて起きました
 (中年の心遣い) 濡れたた鞍、、、もったいない思うSさん。。。
 革の乾し方が悪いと革にヒビが入り切れます。

 通常森林乗馬は1時間ほどなのですが、この日は何と2時間、
 幸せの日曜の朝でございました。
 森から厩舎に戻った時は長男氏君は車の中で寝入っておりま
 した。

 最後に最近やっと笑顔で乗馬する息子を見ることが出来、乗馬
 を継続していて良かったと思うSさんでありました。タイでの乗馬、
 子供の情操教育にもお勧めです。
 
【ちょっとS家のお話】

 長男氏君を寮付きの学校施設に通わせ始めてもうじき1ヶ月に
 なるS家、家内が片道150キロを月曜日に送って行き金曜日に
 迎えに行く生活が始まった。

 今まで長男氏君に結構拘束されていた家内は、チョンブリ県シラ
 チャー市内の障害者学校にボランティアへ行く様になった、
 どうも家内もSさんも家にじっとしていることが苦手な性分の様です。

 家内曰く「タイの障害者施設に行けば、予算の少なさと先生達の
 大変さが分かると」

 と、言うことで最近引っ越しをしたSさんの弟未知氏から寄付の
 ために預かった衣服にSさんのビッグサイズの古着を追加して
 家内に持って行ってもらった。Sさんのは子供には向きませんが
 雑巾作ったら大量に作れると。。少し期待して。

【ちょっとコーヒーブレイク】

 弟氏の未知さんがサッケーオ県アランヤプラテー(カンボジアと国
 境の町)からカンボジア側のカジノに行ったお話を紹介しましたが
 その続編です。

 カンボジアでのカジノのチップは100バーツ(約280円)?から
 (忘れてしまった年の性ですね)しかしカジノの5階での1枚の
 チップは1枚4万バーツ(約11万円)ですと、階数が上がってい
 くに連れてチップレートが上がって行くそうな。賭け事の嫌いな
 Sさんもビックリなお話でした。

 ちなみにカジノでの飲食は無料、フリーだそうですが、コーヒー持
 って来てもらっても、サンドイッチ頼んでも、そのチップは1000
 バーツだったとな(約2800円)1回のチップにそんなに払う所と
 は一生ご縁が無いであろうと思うSさんでございました。

 経験と話の種にカンボジア・カジノ旅行お勧めかもしれません。


 いらっしゃいませタイランド。
戻る