タイの:おみやげのお話                      http://www.kohbyo.co.jp/ 

 タイにあって日本に無い「ヤードム」をおみやげにすることをお勧めします。

【ヤードムとは】

 「ヤードム」とはタイ語で嗅ぎ薬と言う意味です。日本でも有名やヴィックス社や
 他社でも生産しております。

 ・外見は、直径1CM×4CM(小指ほど大きさ)程のプラスチック円筒形にハッカ
  系の臭いのする薬を詰めた品物です。
 ・なぜか日本には売っていない商品です。使い方は簡単「鼻の穴に筒を入れ
  (または近くに持っていき) 嗅ぐだけ。セブンイレブン等の売店でも簡単に入手
  できる品物です。
 ・私は、よく映画でコカインを吸う人のシーンをみるとこの「ヤードム」を思い出され
  ます。眠気も飛びますので、 少し似ている様な。。。

【効 能】

 風邪を引いたときの鼻づまり時に最適、2−3回の吸い込みで、鼻が通ります。
 蓄膿の方にも効くのでは?と思うほど、鼻が通ります。また眠気も飛びます。

 コンピュターソフト会社の勤める私の友人も大のヤードムファーンになりました。
 タイ語の発音は、読んだとおり「ヤードム」で通じますので、一度お試しあれ。

         
  これは、ヴィクス社製ではありませんが、タイの一般的な「ヤードム」(10バーツ)です。
  上が鼻に入れて吸い込む、下は鼻の近くで香りを嗅ぐタイプ。
  価格はだいたい10−20バーツです。

                                  つづく

【話の続きです】

 と、、、、書いたらば。知り合いの美人薬剤師のM子さんよりのご回答を勝手に
 ご紹介致します。

【薬剤師Mさんの回答】

 ヤードムがどうして日本で売られていないか?それは、鼻につっこむ形状に問題
 があるからです。
 中の成分自体はたいした物が入っていないので液は輸入することができますが、
 あの容器はだめです。
 
 なぜならば、日本では鼻の粘膜を通して吸収させるような薬物は、静脈注射の次0
 に検査が厳しく、かつ医者の処方箋がないと買えないようになっています。
 
 ドラッグ中毒者も、針の跡が皮膚に残るのが嫌な人は鼻から粉を吸い込むでしょ。
 あれは、鼻の粘膜から直接素早くドラッグが吸収され静脈注射をしたときのように
 効くからです。

 しかるによって、最近売られている丸い玉がついていてローションみたいに塗れる
 ような小瓶に入っているようなヤードムは、日本に持って変えれます。
 だって吸飲薬ではなく、塗り薬という分類になるんだもん。

 ということでした。

 ヤードムについてはこれで終わりますが、後日ヤードムの写真を掲載予定ですので、、、

 つづく。

戻る