タイの文化(通勤途上の車窓から)のお話          
  
http://www.kohbyo.co.jp/               2009年1月吉日 
【ちょっとホームステイ】
 以前にホームステイに来ていたバンチューンさんが同級生を連れ
 てS家に泊まりに来てくれました。
 チェンマイの大学に短期語学留学していて、その帰国前に遊びに
 寄ってくれたのです。

 一緒に来た友人の名前はナオさん、そして出身を聞いてビックリ
 (*_*)Sさんの唯一の千葉県出身の友人錫氏と同じ茂原市であった。
 茂原市は人口7万のとても閑静な所で、夜中には漫画の吹き出し
 「シーン。。。」が出てくる様な静かな所なのです。
 最寄りのコンビニには4キロは歩かなければ成らず、お隣さんは
 田んぼを挟んで数100メートルは離れていると、のどかなとても良
 い所です。

 ちなみに錫氏家は数年前の豪雨に遭い、折角購入したばかりの車
 が水没した事件が合ったことを思い出す。

 ナオさん曰く「覚えています、駅の近くは特に低くて水没したことがあ
 りました」と、(私の家は大丈夫(^-^)でした)「その水没地域が友人
 の家です」と、話に花が咲いたことは言うまでもございません。

 錫さん話題の提供ありがとうございました。

 最後に茂原市は九十九里浜が近くサーフィンをする人にとってはと
 ても良いロケーションで、夏はカエルの歌声を聞きながら眠りにつけ
 る羨ましい環境です。

 最後に今回バンチューンさんの滞在中に彼女のお母様からお礼の
 国際電話が入り感激! これでまた来月2月から4人目のホームス
 テイ受け入れが期待と楽しみになったS家でございました。  つづく。

【ちょっと通勤途上の車窓から】
 サムットプラカン県内(バンコクのお隣の県)の中央分離帯にあるブロ
 ンズ像、托鉢するお坊さんにワイ(挨拶)する子供達。 子供の髪型は
 弁髪風の昔風で服装も伝統的な物。 
 お隣はその近くで見かけた花売りのおじさん、空気が悪いらしくマスク
 をしていました。

 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 12月16日に自転車を購入したSさん、昨日で丁度1ヶ月経過、走った距離
 :407q。407qは東京日本橋起点で
 北は岩手県、西は京都府までの直線距離。チリ積もですね。
 
 本社の円さんを見習って自転車通勤始めたのですがぁ、、効果は今一。
 一昨日テールランプを落として自転車の方がダイエットした(^-^)ぐらい。。。
 Sさんの目標はまだまだ遠く後9キロ。



 そして自転車の当面の目標は1000キロ。
 それにしても体重減りませんね、今朝の体重79.8キロ。

【ちょっと通勤途上の車窓から】
 

 久しぶりのバス絵。デザインが◎でした。



 パトカーの護衛付きの道路掃除。
 後ろは結構渋滞してましたが。。

【ちょっと世界の珍しグッズ】
 写真では少し解りづらいかも、木製のリヤカーです、タイとカンボジア
 の国境の町アランヤプラテートで。
 持ち手の部分で15cm四方の角材仕様、丈夫そうです。大きさは幅
 1.2m長さ2.2m位でしょうか。たぶん市場の中にはこのリヤカーが
 数100台は走っていると思われます。リヤカー渋滞で車も渋滞。

 

 右に見える色とりどりのタクシーは皆バンコクから片道3.5時間をかけ
 て買い物やカジノに来るタイ人を乗せて来るのです。

 市場の中では以前貸し自転車が有るのは知っていたが今回中国製の
 貸し電動バイクやゴルフカートの貸し出しがあり客が増えている事を実
 感。 貸しバイクは3時間60バーツ、1日120(約400円)バーツでした。

 なんでもココで販売しているブランドコピー品がバンコクはその3倍の価
 格で売られているそうな。 

 国境の町アランヤプラテートは朝7時から開店で〜す。



いらっしゃいませタイランド。
戻る