タイの名所(アマタスプリング)のお話           
 
 http://www.kohbyo.co.jp/     2008年10月吉日 
【ちょっとS家のお話】
 Sさんの長男氏君、ダイエット始めて約2ヶ月強経過、約5キロの体重
 を減らしています、彼の凄いことは大変意志が強いこと、
 大好きだった甘い物を一切口にしなくなりました。「太っている」と言わ
 れることに一大決意をした様です。

 打って変わって長女君、意志薄弱の性か?体重計にその結果が全く
 反映していません、体重計に乗ることも嫌がっています。
 そしてSさん太っている事に慣れ続け四捨五入すれば50年。。。。

 しかしここ2ヶ月で3キロは減ったのです、がぁ外見は殆ど変わりもなく、
 食を少なくしている分、特に夕食を食べ終わった直後の満腹感がない
 食後1時間もすると腹が減る状況が続いています、相当胃がデカイ(*^_^*)
 のでしょうか、胃が小さく成るまでには、まだまだ時間がかかりそうです。

 食後に空腹感があるこの体験は頭がすこし惚けてきたらこう感じるのか
 (?_?)と。。。。。
 それから惚けには、家族内での責任係を決め仕事を分担し、且つ会話
 が脳の活性化に役立つそうです。家族内での会話大事なようです。

 お話戻って、現在習慣化していることは、夕食後に体重計に乗り、そし
 て朝起きてトイレに行ってから体重計で測ること。
 これが一番体重差が顕著にでるのす。現在その差約1キロ。。。多く夕
 食をたべた時は1.5キロの差がでています。

 目標の70キロまではまだまだ遙か遠い道のり。。。一口30噛みもだい
 ぶ怪しく成ってきている。。。さぁどうなるか。
 S家では家内だけが「太りたい」とのたまいています。

 そしてS家のお話、S毛のネコ♂白ペルシャミックスが行方不明になり、
 なんと最近ネコ♀トラ縞ペルシャミックスも行方不明に。。
 S家の近くでよく見かけて居たのですが、誰かに持って行かれた様です。
 ネコ砂、猫のエサ。。。在庫多。。と言うことで、ネコのエサはお隣のビー
 グル犬達に大判振る舞いして在庫処分中、隣の犬たちはたぶん太るかも。。。。

【アマタスプリング】
 アマタナコーン工業団地内にはアマタスプリングというゴルフ場があるが、
 温泉も間欠泉もない。今朝、KOHBYO社の前にスプリングがお目見え
 しました。。ちょっと会社の窓からご紹介です。
 

【ちょっとローカルニュース】
 最高裁判所政治家刑事案件部は16日、タクシン元首相の資産760億
 バーツ(約230億円)の差し押さえ及び国庫への没収要求を
 受理し、12月25日に第一回目の審理を行う方針を決定した。

 これは、タクシン政権時代の不正案件の調査を行っていた国家毀損行
 為調査特別委員会(資産調査特別委員会)の報告に基づき検事総長が、
 タクシン元首相が首相在任中に関与した不正行為により不当に蓄財し
 た資産760億バーツの差し押さえ及び国庫への没収を要求する為に
 最高裁判所に提訴していたもの。

 有るところには有るんですねぇお金って、Sさんの前からはスーパー
 ダッシュで駆け抜けて行きますが。。
 タクシンは持っていたイギリスのサッカーチームを売却してボロ儲け。。。
 どうもイギリスに亡命申請をしている様です。

【ちょっと寄稿写真】
 Sさんの親友、愛さんからの寄稿写真、その名も「牛」。。。牛牛牛コブ牛。



 最近、Sさんの通勤途上車窓から風撮影が増えてきている。。広げましょ
 う通勤途上の車窓から風♪撮影法!



 タイの牛は車が怖くないようです。
 乗っている人の方が怖いと思う。

【ちょっとお馬さんの話】

 久しぶりの土曜日のお休みで、早朝乗馬に行ってきました、土日だけ
 朝7時から乗馬コースが有るのです。その日は前日の雨のためか参
 加者は4名ほど、Sさんは大きいゲージの中で一人で乗馬でした。
 雨が降ると馬具が痛むので乗馬は中止、1時間100バーツ(約310円
 )の乗馬代では馬具の方が高いので見合わないのはあたりまえ、乗馬
 中に雨が降ってももちろん中止になることは言うまでもございません。

 教官「Sさん明日は来ますか?」
 S  「明日の日曜日は客先とのゴルフでこれません」
 教官「日曜日は乗馬場でなく、森(軍敷地内の)で乗馬するので、機会
 があれば来なさい」 とお声がかかりましたので、行ってきました。

 翌週の日曜日、前夜からの土砂降り、朝6時でも小雨がやまず「どうす
 るか?」、でも折角予約したので、行くだけ行こうと決心し朝6時半に自
 宅を出る、乗馬場までは車で約30分距離、途中も降ったりやんだりの
 天気、乗馬場に着くと雨はやんでいたが馬場はグチャグチャ、馬舎に
 行き馬を撫でていると「乗馬するか?」と教官から声がかかり
 「ハイもちろんやります」と。

 今日の馬はカンポン君♂、臆病で神経質、ハエが大嫌いでハエが付く
 と首を始終上下する、走っていても同じ癖、お尻への鞭が大嫌い3ヶ月
 ほど前に始めて乗ったときに、乗馬場の柵の閉まる音に驚いて、後ろ
 足立ちになって彼から落馬した事がありました。

 この時は当日午前中の豪雨で馬場が柔らかかったことにプラスして
 ヘルメットとプロテクターのありがたさを感じた事を覚えています。
 この落馬は結構派手で右の乗馬靴が脱げてしまった、しかしこの時も
 教官は私に声をかける前に真っ先に逃げた馬に向かって走り去って
 行ったことを鮮明な記憶として残っている。そしてSさん教官が連れ戻
 してきたカンポン君に再度乗って乗馬継続。

 乗馬終わってから他の教官が、「この馬は尻に鞭を当てては行けない」と
 、、、その前の教官は「尻に鞭を当てろ」と、、、
 結局お尻の鞭は駄目なことを身を以て体験しました。

 

 後ろ足首が両方とも白く、額に☆一つのカンポン君。

 このカンポン君、走行中にハエが寄ってくると首を上下に動かし且つ
 ツバキを振りまく悪癖があり、私も何回か彼のツバキの顔面攻撃を受
 けている。ここ数回カンポン君に乗る機会が増えている。

 原因は上記の理由で子供や初心者に載せる危ないらしく優先的に回っ
 て来るのが真相らしい。

 さて、森に行けると信じてきたSさん
 「今日は生徒が少ないので森には行きません、乗馬場で乗って下さい」、
 その朝は生徒2名で1名は初心者の男子中高校生ぐらい。
 Sさんいつもの如く、大きな乗馬場で一人乗り。。

 もうじき1時間になろうかと言うときに「兵隊の教練で森に行くが一緒に行
 くか?」とのお誘いに「もちろん」と回答し教官2名と兵隊さん6名と森に
 向かった。 

 Sさんは教官の直ぐ後ろの2番で出発、500メートルほどの舗装路を走
 り、森へ、、たいした事ないと思っていたが、下もよく見えない程の森で
 あった、枝は顔に当たるので片手でよけながらの行進、これは良い経験
 になった、森初体験(*^_^*)森、藪こぎ、アップダウン射撃場等を横切り、
 1時間10分の森の乗馬は終わりました。 余裕と言うよりは前の教官に
 付いて行くのに必死という感想でした。1.8m程の土手下りは(*^_^*)(-_-;)
 嬉しいやら、怖いやら、良い勉強になりました。

 さて、いつまで経っても上達しないのは馬の性?いいえSさんの体が硬く
 技術が不足している性です。
 そこでSさんに優先的に回ってくる馬達をご紹介。

 スタッフォード君:馬舎で一番馬格が大きい馬、重い性か非常に止まり辛
 いので子供には乗れない馬。また大喰らいで気だてが良い。
  番号は110番(今回撮ったら逆行でボツ、後日再撮影)モヒカンが可愛い。



 カンポン君ちょっと神経質で尻への鞭を嫌がる、走り出すと速度が
 上がりすぎて制御が難しく且つ障害物ギリギリを走る嫌らしい 性格で、
 ハエが嫌いでツバキをばらまきながら首を上下に振っての危険走行馬。
 バナナが好物。番号は159番

 

 こちら159番カンポン君、特徴は額に☆一つと後足首が両方とも白いこと。

 チョッチョーイ:その昔、いろいろな競技会で賞を取った名馬、12歳になっ
 てもまだ元気、乗り手を選ぶ。下手だと下りろと馬鹿にされる。
 番号は3番長島。。。(馬舎に居なかったので、後日)

 ナリン君:タイ語の意味は「王子様」、走行中に頭を下げる悪い癖あり。
 性格がいたって朗らか。 番号は80番 

 ナレー君:ナリン君との兄弟馬、たぶん馬格が大きいのでお兄さんかと。。
 今後調べておきます。(逆光で撮影不可、後日紹介します)、、フラッシュ
 があたり駄目な写真。



 85番のナレー君

 どの馬もSさんを優先的に載せてくれる良い馬達です。


いらっしゃいませタイランド。
戻る