タイの文化(流し売り)のお話                     
   
http://kohbyo.co.jp/         2008年8月吉日 

【流し売り】
 日本ではもう見かけなくなった「竹や〜♪竿だけ〜♪」の雰囲気を持っ
 ているホウキ、はしご屋さん。
 タイではこの手の流し売りが住宅地の中で結構見られます。
 他には揚げソーセージ屋、アイスクリーム屋、浮き袋売り等を見かけ
 ます。 変わった処では流しの象も。。。



 ちなみにアイスクリーム屋さんは音楽を流しますが、それ以外の流し
 売りは無言で黙々と歩いていきます。
 日本とは違う風情の流し売り。。。 

【門 扉】

 住宅地と言えば豪勢な門扉ですが、建て売り系の住宅地は初めか
 ら込みで付いてきます、もちろん鉄製です。

 この門扉は友人宅、住宅地内の犬が入り込んで糞をするとの事で、
 格子の間隔を倍にする工事をしたときの写真です。
 スライド式の門は約5×1.2メール、これだけの工事を材料費+
 ペンキ塗り替えを含めて依頼して2700バーツ(約9000円)で済
 んだそうです。日本なら。。10万円? 



 そして友人宅の塀の隣にあるミヤンマー人用のハンバ。。
 回りの住宅地工事が3年も続いているそうです。 



【ちょっとコーヒーブレイク】

 北京オリンピックでタイは金メダル2個、銀メダル2個の合計4個
 の結果に成りました。ほんの3大会前まではメダルゼロの国でし
 たので、快挙と言えるでしょう。

 この背景には各企業からの協賛金がある、金メダルを取ったら
 100万バーツ(320万円)なんて言う会社がテレビで宣伝してま
 す、今回の金メダリストも1600万バーツ(約5100万円)を受け
 取るそうな、金メダルを取っても食べていけない日本ではアスリ
 ートが育ちに難いが、タイのように国を挙げての応援だと国民的
 ヒーロー(ヒロイン)になり、私もやってみようとスポーツの底上げ
 につながり、その結果が今回につながってきたと思うSさんであっ
 た。。日本ももっと協賛を付けてもらいたいと思いますね。

 *女子重量挙げ:金
 *ボクシング:金と銀
 *女子テコンドー:銀

 「5000万円もらえるのなら僕だって!」の活性化が日本に必要
 と思うSさんでございました。

【そしてバス絵】
 こんにちは自称バス絵研究家のSです、今回もバス絵、、通勤途
 上の車窓から、、なんですが、今回は車から降りて撮影して見ま
 した。 変わり種シリーズ、、、(シリーズ物と成り立つかは不明です)



 鶴の絵、何となく日本風ではないのが◎。

 こちらは人物画、これはモデルが居て描かれた物と思われますが、
 昔の映画館のペンキ画みたいな雰囲気が気に入りました。 



 スタッフにモデルは誰?と聞いてみましたが誰も答えられなかった。。。

 下は鮫に筋肉質の上でを付けたキャラクター物、この鮫のマークの付
 いたバスは4−5台見かけますのでどこかの会社所属のバスですね。
 バス会社によっては全く同じ絵柄をバスに描くところも多いです。



 絵と言えば。。。昨年Sさんの長男氏が描いた蝋染め(バティック画)
 友人にプレゼントした物ですが、額に飾られていたので撮影しました。

 以前ご紹介したバス絵の中にバティック物がありましたので参考まで。。
 タイのバティックは、布地にロウで線画を描いていき、その線の中を
 染料で色をいていきます、色を入れ終わったら洗濯してロウを
 落とします、そして線画の所だけが布の色で残ります。。

 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 ウォールEを映画館で見ました、ディズニー提供ですがピクサー社の
 作品です。
 子供向け映画なのでストーリーは簡単なのですが、気に入りました。。
 そして映画館の帰りに以前ビデオで持っていたTHE・インクレデボー
 とモンスターインクを買って帰りました。Sさんピクサー作品大好き
 中年です。

  
 いらっしゃいませタイランド。
戻る