タイの文化(水瓶工場)のお話(その8)
【水カメ工場ご視察】

 前回、第57話でご紹介申し上げました。水瓶工場を、Sさんの
 会社の○○様が今回はデジカメを持って、再視察に行かれました。
  
 下記の写真は、その時の写真で御座います。○○様より、
 「ホームページでタイの文化を紹介しなさい」
 とのご指示で、この度○○様ご撮影の写真をご公開申し上げます
 次第です。

 Sさんも水ガメがどの様に作られるか、この写真で良く理解でしました。
 下の水ガメの完成品に、色を塗った(紅または赤茶系が多い) 物や
 龍のレリーフをした物も中には見ることが出来ます。

 



  タイの水瓶は、コンクリート煉瓦造りであった。

 さて、お話は続き、ついに前回から倉庫にご安置されていました、水瓶
 と象の置物は、この度日本へご渡航されることになりましたことをご報告
 を最後に。。。。

       つづく。 

戻る