タイの観光スポット(コラート)のお話                  
 
http://kohbyo.co.jp/       2008年8月吉日 

【タイの観光スポットコラート】
 日本ではタイの都市はバンコク、その次がチャンマイと覚えます
 が実際に都市人口の大きさから行くと、バンコク、コラートになり
 ます。
 コラートはナコンラチャシマーとも呼ばれるタイ第2の都市です。
 場所はバンコクから約250キロ(2時間)東北向かった所で、
 文字通り東北の入り口にあたります。(詳しいことはウィキペディ
 アやガイドブック等で調べて見て下さいね)

 コラートは私の個人的イメージ行くと栃木県(同じように海が無い
 県だし、大手メーカーの工場が集まっている)になります。
 バンコクからなら十分日帰りも出来ます。

 まずはコラートの名所紹介: 
 『その1:陶器市場』
  陶器市場と言いながらメインのタイル細工は砂岩製、大きな
 オブジェは粘土にコンクリートを混ぜて制作した物が多かった、
  この市場は観光バスも停まる名所に成っているそうな。

  

 何でSさんが撮影するとピンぼけするのだろうか。。
 ソフトフォーカスとはとても言えない。。。

  

 お茶屋さんの前にあったエンドレス急須を思い出す。。。     
 今年は象の年でヒンドゥー教のぞうさんが流行ってます。

  

 こちらの3点は9000バーツ(約2万8000円)の池と噴水
 セット、大きさは畳2畳ほどです。



 3万円弱でお庭に噴水を。。。いかがでしょうか。

 

 写真写り悪くてすいません、1階の屋根よりデカイ馬12万
 バーツ(37万円)、お隣の虎は普通のサイズ。
 そしてキリンの隣の通常サイズの馬は4万バーツ(約13万円)

 

 高さ4m近い馬、いかがですか。。。約37万円、、ここ数
 年売れて無いそうです。

 『その2:エーシアン・ゲーム会場』



 競技場の地下のトイレ前の壁で雨漏り発見。。この会場
 は2007年のエーシアンゲームのために新設された競
 技場です。

 2007年エーシアンゲームの会場になった競技場、訪れ
 た当日にはトヨタ主催のワンメークレースがやってました。
 このレースは11月のバンセーンレースの予選的位置づけ
 に有るそうで、コラートとチョンブリ県のつながりを感じました。
 回りは観戦客と物売りで一杯でした。

 『その3:旧市街にあるモニュメント』

  チューンポン門広場にある銅像は、何でもコラートの
  英雄(女性)タオ・スラナリが進攻してきたラオス軍に
  入り込みお酒を飲ませた事で戦争に勝ったそうな、
  女性も英雄と言うのか(?_?)それとも英雌と書くのか(?_?)
  教養値の低いSさんには不明です。
  

 これがチューンポン門、                    
 右がタオ・スラナリ像

 昔のタイの女性はモヒカン風の髪型だったんですね。。
 勇敢なはずです。

 

 こちらの集団モニュメントは昨年出来たばかりのホカホカです。
 

 コラート旧市街を回る観光バス、有料のようです、そして
 広場内で見つけた装飾外灯、結構凝った作りです。

【サラリーマンの独り言】
 Sさんの弟氏が、所有していた不動産会社を売却して、
 日本採用のサラリーマンとして再就職したそうで、出張
 報告がありました。

 兄様、タイの事をアメージングタイランドなどと言うが、
 今回出張で分かった。 
 タイにアメージングは無い。本当のアメージングは、お隣、
 ラオスだと。
 今回の出張地、チェンライから車で2時間弱チェンコーン
 から船でラオス・フェイサイへフェイサイから車をチャーター
 し中国方面へ約2.5時間そこから、山中へ道無き道を。
 山岳民族の部落を越えて・・・。

 探検隊 M

 そんな凄い出張を企画してくれる会社に感謝ですね、
 一生の思い出作り。。。行ってみたいですね(*^_^*)

【ちょっとS毛のお話】
 
 S家の白猫(ペルシャミックス)が居なくなって、姉?妹?
 の虎縞(ペルシャミック)影響が出るかと思ったが、家に
 居着いています。
 しかしすっかり放し飼いの環境が気に入った様でエサを
 食べる時以外は、家の中に入ってきません。
 おまけにSさんが1メートル以内に近づくと少し逃げます。
 彼女と私の境界線がどうも1メートルの様ですね。
 虎猫について可愛い気もなくなり、庭に住み着いてた野
 良ペルシャの様な気分になっております。飼い主は娘の
 はずですが家内が面倒を見るだけ。。。と言うことでS家
 には、もう1ヶ月以上お風呂に入っていない臭いネコが
 庭に住んでるお話でした。

 ついでに毛の話。。。穀物やその他の作物が実のならい
 事や、結果が出ないことを「不毛」と言いますが。。
 何で毛なのでしょうかねぇ不作で良いと思うSさんです。
 ナホバシャンプーしても私の不毛地帯(本の題名にもあ
 りますが)には毛が戻って来ない。。
 「***(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)現在間伐中(*^_^*)(*^_^*)
 (*^_^*)***なんてギャグが頭に浮かぶ(少し気休め(^_^;)

 家内は「現状維持で頑張っている」と言ってはくれますが
 。。。同じネコっ毛同志でもネコが羨ましいSさんであった。
 ネコも年取ったら禿げるのだろうか。。
 今のところS家には生涯を全うしたネコが居ないので今
 後の体験知に取っておきましょうか。

【ちょっとコラートおまけ編】
 帰り道で兵隊さんによる道路封鎖があった、何かと思え
 ば高射砲の運搬中でした。

 

 カメラを出している内に通り過ぎて行った。。。相変わらず
 腕が悪くて。。。(-_-;)(-_-;)。

 

 コラートの街中で見かけた実物大の看板、そしてポリス
 ヘルメットタイプの交番(別々の場所で) 

 最後に丸々1日観光としたい方は、ピマーイ観光を追加
 することをお勧めです、ピマーイはカンボジアのアンコール
 ワットより古くモデルになった遺跡とも言われております。。。
 以前紹介済みですので、何話だったか?探して見て下さい。

  
 いらっしゃいませタイランド。
戻る