タイの観光スポット(サンカブリ)のお話               
 
http://kohbyo.co.jp/       2008年7月吉日 
【タイで一番長い木製の橋】
 「サンクラブリ」行きましょうと、誘われカンチャナブリ県のサン
 カブリへ行ってきました。
 この町、英語表記ではSANKRABURIなのですが、表音上は
 サンカブリとなります。

 ココの名所は「タイで一番長い木製橋と少数民族モン族の町」、
 同じカンチャナブリ県と言っても、カンチャナブリの街から約2
 時間約200キロ弱程離れております、

 そしてとっても道が悪い、片道一車線の道のあちこちに直径
 20センチから1メートルまでのクレーターがあちこちに、落ち
 たら事故につながります、おまけに山越えに成るので道が
 クネクネ、、、
 この季節雨期なのですが雨には降られなかったけど濡れた
 道が結構恐ろしかった。

 サンカブリには「タイーミヤンマー国境の町」国境はタイ語で
 (チャーイ・デーン)と言います、行ってみましたらとても小さな
 ボーダーでございました。
 ボーダーを離れ15キロほど行くとサンクラブリに着きます。



 こちらはサパーン・マーイの直ぐ隣にあるホテルへの
 コンクリート橋。

 

 人造湖には筏住宅郡が。。生活してますね。 
 上水道が無い住宅にも電気だけは来ているが不思議でした。

下の写真が、本家(^_^)vサパーン・マーイ

 

 こちらがサンカブリ側からの写真で、橋の入り口は、車止め
 (徒歩のみOK)と成っていました。

 

 川の下は観光用の筏、レストラン筏、住居用の筏がいろいろ
 停泊中。 橋桁を橋の隙間からのぞいた処。。。
 かなりチャチ。 板の打ち付け方も雑で、私が歩くと揺れを感
 じたほどです。

 橋から川までは10m程の高さがありますが、16年ほど前に
 この橋が水没する程の洪水があったそうです。
 橋の入り口側にその時の写真が掲示されて居ました。
 これは必見です。

  

 変な服装の人がいたので撮って見ました。             
 この写真でちょうど橋の半分ぐらい。

 

 観光用筏。

 

 橋の横にあった住居。                          
 こちらが橋の終点です。
 名所はタイで一番長い木の橋で名前は「サパーン・マーイ=
 木の橋」でした。橋を渡りきった所にあった住所看板が風情
 があり◎でした。


 看板には「タノン・サパーン・マーイ、ソイ5」と書いてあります。
 タノン=道路、 サパーン・マーイ=木の橋 、 ソイ=小道

 200メートルほどの木製の橋を渡るとそこは、モン族の町で
 あった。。と言いたいですが、風景は普通の田舎町、
 お土産屋にルイヴィトンのストールが、、数多くのコピーを数多
 く見てきましたが、織物ストールコピーは超レアでは・・・・。

 

 写真で見ると豪華ですが。。。                
 こちらがモン族のお土産屋さん   

 この橋が架かっている湖は人造湖で、昔の水没したお寺や
 村を船の上から見るのがツアーコースに成っていましたが、
 今回は残念、ちなみにお値段は7人乗りボートで1時間観光
 ・一人500バーツからと掲示がありました。

 サンカブリの夜、、町が300M四方ぐらいしか無く、、夜8時
 は真っ暗。。。でした。

 

 宿泊したホテル?宿(1泊700バーツ=約2300円) 
 とサンカブリ町のメインストリート。



 朝の托鉢風景。

【ちょっと飾り外灯】

 カンチャナブリ県で見かけた飾り外灯、「ホン」と言う鳥なの
 だそうだ

 

 翼を閉じたホン(カンチャナブリの街中で)

 

 翼を開いたホン(サンカブリ町で)

【ちょっとバス絵】

 

 コラートと書いてあるので、東北から来た観光バスと思われます。



 カンチャナブリ県の終点駅ナムトック(滝の意味)前で見かけた
 バスから。 いかにもタイらしくて良いですね。
 


 いらっしゃいませタイランド。
戻る