タイの世界遺産(カオヤイ国立公園)のお話              
   
http://kohbyo.co.jp/                  2008年5月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 半年ぶりにツーリングに行ってきました。場所はチョンブリ県から
 ナコンラチャシマ県境まで、下の地図からシャム湾のバンコク(赤)
 の隣チョンブリから右斜め上のナコーンラーチャシーマー(地図上
 の表記)に日帰りで行ってきました。 朝6時半出発進行!

 この中には記載されていませんが、通った県は、チョンブリ県−
 チャチューンサオ県−プラチンブリ県−ナコンナヨック県
 −ナコンラチャシマ県の5県となります。

 世界遺産カオヤイ国立公園は、ナコンナヨック県、プラチンブリ県、
 ナコンラチャシマ県の3県にまたがる森林ジャングルです。

 ナコンナヨック側から約40キロほどの有料道路を通ってナコンラ
 チャシマ県側に抜けられます。

 このカオヤイ国立公園の入場料70バーツ(約230円)、片道1車線
 のクネクネ+アップダウンの道が走っています、また道にはスピード
 防止の段差が一杯もうけられておりますので注意が必要です。
 道路では車、バイク、自転車競技の練習の方が大勢走っております。



 上の標識が段差ありの標識で、ブレーキランプを付けているバイクの
 先の黄色っぽい膨らみが段差です。30キロ以下にスピード落とさない
 と結構跳ねます。 写真提供はアユタヤ在住のT氏m(_ _)m

 今回道で出会った生物となまもの、象の糞が一杯、野ざる、コモドドラゴン
 が見られました。 (鹿、トラ、極楽鳥も住んでいるそうな) 
 象の糞は大変危険で20センチの立方体?円筒形?で固形、半崩れ、
 粉々になったワラ状態と色んな形状で道に落ちてます。
 踏んだら滑ります。。雨に濡れたゲル状はもっとも危険です。

 公園内には数カ所の滝とキャンプ地もありアウトドア指向の方も家族レベ
 ルで楽しめるようになっております。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 家内用に購入したT社のスペースワゴンにLPGガスタンクの設置が完了
 しました。

 

 これによって満タン(1600バーツ約5000円)かかっていた燃料費がLPG
 ガスに変更し何と満タン120バーツ(約370円)と1/13の燃料費になる
 ことが判明してS家喜んでおります。

 満タンにしてチョンブリ−バンコク間約300キロを往復してもメーターは約
 半分と燃費もガソリン車とほぼ同じく走ります。
 6万バーツ(約19万円)の設置費用は、年内中には償却できそうです。 
 これでS家もエコS家に変身です。

 このガス充填はPTTガソリンスタンドでしか対応して居ないことが難ですが、
 TAXIが走っている地域ならスタンドがあるので安心です。

 家内より後日談「スタンドでチャージしたら97バーツだったので、お釣りは
 チップ(*^_^*)」と嬉しげな報告がありました。
 日本のガソリンは高くなりましたが、タイの方が物価から考えると車もガソ
 リンもかなり割高ですので環境に優しいLPGをお勧めです。

 お話戻ります。

 

 右写真の左上が国立公園の入り口が黄色のセンターライン上で、たまた
 ま出会ったタイ人と、黒白ジャケット背中がSさん、見事な逆三角形の体型
 に見えるジャケット。。。3年前弟氏からお誕生日プレゼントに買っていた
 だきました、着ると痩せて見え〜る視覚効能あり。。脱ぐと。。。(-_-;)、まる
 でダマシ絵見たいなジャケットは10年落ちの愛車君と共にだいぶヨレて来
 ましたが頑張っています。



 こちらがナコンラチャシマ側入り口(オレンジ色のカッパがSさん)と、手洗い
 してくれる洗車場、水性ワックが終わり手で拭き取り中
  
 最後にこの季節、雨が降ります、Sさんも土砂降りに遭いました。。
 タイの良いところ、洗車場があり、車で120バーツ(380円)バイクは80バー
 ツ(約250円)で洗車それも手洗いしてくれます。。

 雨の日の乗車後は洗車場がお勧めです。
 スタンダードサービス、高圧水鉄砲で汚れ落とし+洗剤での泡洗浄+水性
 ワックス(車の場合は社内の掃除付き)をだいたい2名の方で1台を対応し
 て洗車してくれます、待っている人はクーラーの入った部屋でテレビ鑑賞。。
 結構綺麗になりますのでお勧めです。

 帰宅時間4時半でした。 以上旧車ツーリングでの世界遺産リポートでした。 
 使った経費:ガソリン代:860バーツ、カオヤイ公園入場料140バーツ(70
 B×2)、洗車台80バーツで総額約4200円ほどでございました。 

 いらっしゃいませタイランド。
戻る