タイの新観光名所(お役所の土地を使ったモトクロス場)
 のお話
  
 http://kohbyo.co.jp/              2007年12月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 久しぶりに乗馬場へ行ったら、教官がヒゲを生やしていた。
 「どうしたの?分からなかった」と言うと。
 「今度の日曜日に王様のパレードに乗馬で参加するので、、、」と、
 はにかみながら答えてくれました。
 教官は兵隊さんなので通常ヒゲを伸ばすことは許されていない、
 一世一代の出番だったかも知れませんね。
 タイのプミポン王は、12月05日に80歳になります。



 王様に栄えあれ=ソンプラ・ジャルーン 

【チョンブリ県に2個目?のモトクロスレース場】
 Sさんが通勤路上にモトクロス場ができました、2ヶ月ほど前にOPEN
 の噂がありましたが、先日草レースが開催!と聞いて現地を見てき
 ました。

 場所は、アマタナコンから約20分の距離、2ヶ月ほど前に開店した
 ビックC(郊外型の大型スーパーマーケット+ボーリング場+映画館)
 の裏側、約500mの所にありました、何でも役所の土地だそうで、
 現在は入場料も無料だと(*^_^*)。
 へぇ。こんな所にレース場ができたんだぁと言う感じです。

 レース場は400M×400M程で、1周800mはありそうです。
 テーブルトップジャンプ、ウォッシュボード、連続ジャンプ台と
 盛りだくさん、車のバギーレースもやれる様に、コース幅は15m位に
 見受けられました。バイクのテントに混ざってラリー仕様にした車を
 4−5台見ましたので、車のデモレースも有ったかもしれません、
 駐車場内のテントではバイク用のピット+ウエア等の直販店、08年
 仕様のMXも売られておりました。

 

 駐車場ですがレース場の横に100台ほどの駐車場スペースがあ
 りました。当日は子供、大人のレースを取り混ぜて200台ほどの
 バイクがエントリーしていた見たいです。

 上の写真は90ccクラスの子供レース写真、この時のレースは
 5周で行われ、元気にテーブルトップ跳んでいる子供にいました。
 それにしてもギャラリーが多い、どこで聞きつけるか?
 日傘持参で結構居ました。



 また、明らかに50過ぎと思われるライダーが複数名レースに参戦
 してました。 「ほら、あの年齢でもレースしているヨ」
 同行した娘曰く 「もう年なんだから、見るだけだよ」。。。 
 私、、、、「ハイm(_ _)m」

 

 こちらがモトクロス専用車両:モトクロッサー



 そしてこちらが市販車改造部門。(^_^)v

 お話少し変わりますが、このモトクロス場から、第話で紹介した
 バンセン・公道レースまでは約4キロの距離、チョンブリ県は、
 レース促進を観光名所として方針付けしているのでしょうか。
 ガンバレ・チョンブリ県。

【ちょっと通勤途上の車窓から】
 最近事故が多い、特に人身事故が、、先日も会社の帰りに渋滞
 していると思えば、反対車線で布の掛かった事故を見た。

 「ネスカフェ〜挽き立ての香り」  なんて間の抜けたフレーズが
 頭に浮かんだ しかしここ4ヶ月、人身事故が目に付く。
 ネスカフェ犬はもっと多い頻度で見かける。。
 
 と言うことで、ハイ、こちらは悲壮感の無い事故なのでご紹介です。

 路肩に立っている運転手と助手と思われる2名組、
 「またヤッチャッタ(^_^;)ネ」 足ポリポリ。。」
 「お天気も良いからマイペンライ」
 なんて会話をしているのでしょうか。傍目では井戸端会議を楽しん
 で居る様に思われます。



 タイの日常風景のご紹介でした。 

【もっと車窓から】

 こちらは放牧中のコブ牛、肉用なのか?耕作様なのか?知りません
 が、タイではホルスタイン系の牛ではなく、コブ牛が良く飼われています。
 こちらはアマタナコンから約10キロほど離れたパナスニコムという街
 の近く。

 ちなみにかなり都会になったと言われるSさんの住むシラチャー地区
 でも外れの方では、この牛を見かけます。



【ちょっとコーヒーブレイク】

 早起きは三文の得!って言いますが、今朝4時20分に目が覚めま
 した。。今日は長い1日に成りそうです。
 早起きの長所、しっかり朝食を食べる時間がある。。。ので今朝は
 昨晩作ったカレーをどんぶりで食べてしまった。
 満腹感が三文の得だったのか(?_?) 少し胃が重い。。。胃薬メーカ
 にも得のお裾分けが廻ったようです。

 

いらっしゃいませタイランド。
戻る