タイの文化(障害者への福利厚生)のお話                   
 http://kohbyo.co.jp/          2007年5月吉日 
【リハビリ施設
 ついに523話、Sさんの誕生日と同じ数字(*^_^*)何となく嬉しい
 ですね。きっと今日はハッピーデ〜。
 と言うことで、タイの障害者に対する福利厚生をご紹介です。

 どこの国でも障害者に対する学校、施設、福利厚生と言うもの
 はサーポート的に低レベルにあり、傷害を持った人が自活でき
 ない一因にもなっていると思います。

 やる気はあっても予算が付かない、低給与ではリハビリ師、先生
 も雇用できないとタイにもいろいろな問題がありますね。
 
 と言うことでラヨーンにある、四肢不自由者のためのリハビリ施
 設(シンプラディッ)があるとのことで見学に行ってきましたので
 、ご報告です。
 実はSさんの長男君の針金細工の先生は、四肢不自由な方で、
 20代半ばに背中から鉄砲で撃たれ車椅子の生活に入り、現在
 はパタヤの身体障害者の為の職業訓練学校で生徒謙先生をし
 ております。
 (言葉も通じないのに良く根気強く教えていただいて感謝です)

 この方の紹介でこの施設見学?ついでリハビリに連れて行こう
 (普段お世話になっているので)になりました。
 この先生2回ほどS家に泊まっていただいた事がありますがなか
 なかの好青年です。 下の写真の車椅子の方が先生です。
 (顔が写らないように撮影するのも大変です)

 

 昇降階段、平行棒、トレーニングジム等で自宅に
 あったら嬉しい機器が結構揃っていました。

 

 低予算で手作りの器具、この台は右の様に腕を載せ
 指にゴムを掛けて指の筋力アップ。

 

 こちらは、肘に器具をつけての八の字で腕のリハビリ器具。

 

 リハビリに使うボールM粘土、石、おはじき等

 

 写真にはありませんがこれ以外に筋トレ用の設備があります。

 

 横と下は、リハビリの方が作ったお菓子や鉢植え、
 ロウソク等、販売もしております。

 

 リハビリでは、タイ語で再開発や再生を意味する「フンフー」
 の単語を使っていました。

【サラリーマンこぼれ話】

 タニヤでカラオケ屋さんに入る時の時のお話
 3人目が扉に中に、最後の4人目が入ろうとすると、、。
 ドアマン「運転手さんはこちら」、、と裏側の駐車場へ手招きし
 たそうな。。廻りの日本人は爆笑(^o^)だったそうな。。。

 第276話で運転手に間違われた日本人のお話をご紹介しま
 したが、今回も笑える(*^_^*)(~o~)、本人にとっては悲惨なお話。。
 それにしてもカラオケ屋見たいに色々な日本人を見てきてい
 るお店のスタッフにしてタイ人と思わせる容姿。。。
 その店に日本人だと言うことを認知してもらうまで何回も通い
 ましょうね(^o^)
 
 昔あまりにも悔しい経験をしたので「会社の前にウン○をして
 やる」と言っていた方が居ましたが。。。
 この方もカラオケ店の前でガンバレばぁ。。(-_-;)m(_ _)m下品
 な対応は自粛しましょうね。(*^_^*)
 
 ちなみにSさんは、タイ人に間違われた事はないが、台湾人、
 韓国人、シンガポール人には良く間違われる国際派の面立ち
 です。

 悔しいと言えば、昨日乗馬に行ってきたSさん、またもやお尻
 の皮ダイエットをしてしまいました。。
 教官からは「週4日来なさい、そうすれば上手くなると。。。」
 回数上げて上手くなるは難しいのでインナーパンツでも買おう
 と思うSさんでございました。
 
 ちなみにお尻の皮ダイエットは取っても痛いのでお勧めできま
 せん、これで2週間は乗馬はお休みです。
  


いらっしゃいませタイランド。
戻る