タイの文化(ちょっとローカルニュース)のお話
                           2007年4月吉日 
【モーターショウの結果】
 バンコク郊外のBITECで3月30日―4月8日に開催された第28回バン
 コク・インターナショナル・モーターショーで車の予約受付台数は合計
 1万3758台(売上総額約150億バーツ)で、昨年の1万5500台を下回った。

 メーカー別ではトヨタが4019台でトップ。次いでいすゞ1909台、シボレ
 ー1368台、ホンダ1329台、三菱自動車1177台、日産897台、フォード
 694台、マツダ628台。高級車ではメルセデスベンツが584台でトップ。
 BMWは290台、レクサスは47台。

 凄いですね、1週間で1.4万台、毎日約2000台の予約が。。。
 コンセプトカー置かずに量産車だけを置き予約のためのモーター
 ショウなら金取るな!と言いたいSさんです。たった80バーツ
 (250円)とは言え。。。改善を求めたい。。。今回はタダ券だったけ
 ど。(^_^;)

【ちょっと北部火災のその後】
 タイ政府の打ち出しでソンクラン(タイ正月のお休み)が1日長くなり
 ました、しかしSさんの会社は全く影響なし(休み増えません)。。。
 タックシン前政権はたしか「3日以上の連休は必要ない」といってい
 たと記憶していますが、クーデター政権は長目の連休設定で人気取
 りという作戦ですかね。

 影響のある処は、タイ北部。。。。。先月からの山火事とその灰。。。
 で空気汚染中。。。昼間でも薄暗い、臭いとのこと。

 と言うことで世界の花博覧会(お正月にありました)ラーチャプルック
 博覧会後のチェンマイの旅行業界は不景気に遭遇し続けているそう
 です。

 チェンマイの街を包み込む大気汚染が旅行者の数を減らしており、
 この時期のホテルの稼働率は60-75% あるが、たったの40%まで落
 ち込んでいるそうです。 

 チェンマイより影響大なのは、もっと北にあるチェンラーイ、メーホン
 ソン県の方が被害が大きい。。
 旅行者はニュースを知るとCANCELL。。。あのスモッグ?灰?の
 中には行きたく無いと。。。
 と、言うことで皆さん、水鉄砲を持って北部へ行きましょう。貴方も参
 加できる環境問題。。。。。ソンクラン水掛祭り(火消しも兼ねて(*^_^*)
 は、タイ北部の山の中が、、環境に優しいです。

【ちょっと便利、郵便局、工業団地に支店】
 タイ郵政公社発表によると、工業団地内のサービスカウンターを新設、
 対象はガビンブリー工業団地(ガビンブリ県)、プラチンブリー県の
 304工業団地、チョンブリー県のアマタナコン工業団地(チョンブリ県
 :Sさんが働いて居る工業団地) そしてボーウィン工業団地(チョンブ
 リ県)としている。 郵便物も多いので新しい郵便局員も張り切って
 お仕事できると思います。

【タイのお金持ち度】
 ガシコン銀行(タイ2番目に大きい銀行)の調査に寄りますと、9,600億
 バーツ(約32000億円)が国外に流失するそうな。

 原因は、生活の良くなったタイ人が、海外旅行へ。。。昨年度比で7%
 増なんだそうです。これによって持ち出されるバーツは上記の32000
 億円なんだそうな。。最近バーツ高に成っているから、国内旅行より海
 外旅行になって居ると思いますが。。

 タイ経済活性化から行くと損失。。。あちら立てればこちらが立たずの
 典型。。。物には裏と表が必ずあるんですね。
 タイ政府や銀行からすれば、このお金を「タイ国内で消費してもらう」事
 の方がありがたい。。(当然ですね)

【ちょっとコーヒーブレイク:知っているつもり】

 ほとんどの人がベンツのマークを書くことができる、意外なことにベンツ
 の次に有名なBMWのマークを書くことができる人は以外と少ない。。

 人によっては○にBを書くそうな。。。Sさんドッキリ自分でも書けるか?
 知っているつもりでも、いざと成ると書いて表現できる物は以外と少ない
 そうだ。。観察力を養いながら生活しましょう。
 裏返して見れば漢字も同じ、読めるけど書けない漢字が何と多いことか。。。
 できる様でできないこと以外と多いとおもいませんか。
  
【タイのバスは安全か】

 2006年度のタイ公営バスの事故は4,914件だったそうです。この
 事故により、2746万バーツ(約9300万円)の損失。

 死亡件数は45名、負傷者は171名。。1日13件は公立バスで事故
 発生。。これ以外に私営があるので、バスの事故は以外に多い、、
 タイの主要交通網はダントツでバスになりますので、バスに乗るときは
 運転手さんの直ぐ後ろの席がお勧めです。
 
 答え。。
 
 プロペラ飛行機が空を飛ぶイメージから作られたロゴだそうです。
  


 いらっしゃいませタイランド。

戻る