タイの文化(タイも春・そしてタンブン)のお話
                                                   
   2007年3月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 友人宅の駐車場からタイ春のニュースが届きました。写真は
 鳩の雛だそうです。
 それにしても床に巣を作るとはさすがタイの鳩、、横着さがタイ
 の春のイメージですね。



 スクラップタイヤの間の春。
 タイは、雨期、夏、乾期の3期が季節感ですが、3月はやっぱり
 春の季節と言っても良いかもしれません。

【お寺のタンブン行列】
 タイならでは行事に「タンブン」がある、タンブンとは家の新築時
 のお祝い、御祓い、親類が亡くなった供養、何かの記念行事、
 会社の創立記念、5年、10周年記念等もタンブンを行う、
 タンブンはお寺で行ったり、家、会社等等の様々な場所で行わ
 れている。
 下の写真はお寺のタンブンの行列でした、バイクが100台ほど
 走った後にピックアップが2台ついていました、交通整理には
 お巡りさんも居ました。

 何かのストライキ?と思ったSさんでしたが、お寺のタンブンと
 判明。日本にない文化がタイには一杯ございます。 



【ちょっと会社の宣伝です】

 グループ会社のコービョー無錫工場(中国)、日本語の看板
 を追加しました。
 コレで宣伝効果はバッチシ、日本人の目に入り易くなりました、
 ご注文をお待ち申し上げます。 



 中国経由でもタイ経由でも日本でもネジ、シャフトのご注文を
 承ります。 

【ちょっと春コレその2】
 手前味噌ですいません。m(_ _)mSさんの長男君、ベスパ、蟻の
 新作に続き、自転車に乗る人を作成。。
 ちょっとミイラ見たいですねぇ。Sさんはベスパの方が好みです、、
 コイルデザインをベスパで開眼したのか?
 作風が変わってきた様でございます。 

 


 いらっしゃいませタイランド。

戻る