チョンブリの隠れた観光スポット(モトクロス場)
 のお話

                               2006年12月吉日 
【チョンブリ県に国際モトクロス場があった】
 自宅から25分の所に、「アンシラーに国際モトクロス場がある、
 また自宅から20分の所にダートコースがある」との情報を
 タイ人からもらって見に行って来ました。永年住んで居ても全く知ら
 なかった。。。知ったのは今年。。それも偶然に。。。

 国際登録されているモトクロス場は、アンシラー交差点から2個目
 の信号を左に入った所(バンセンの隣り)に確かにあった。
 狭いソイ(小道)を入っていくとこんな所に。。。規模的には50ライ
 (8万平方メートル)ほぼ1辺が300M四方。。メインコースの直線
 距離も200M近くあり本格的なコースでした。驚き。。。

 Sさんが行った時には、造成中CLOSEDで走れる状態では無か
 ったですが、管理人に聞いたら「入っても良い」との許可
 を受けて2周ほど回ってみました。。。もちろん無料(*^_^*)
 年末にかけてブルトーザーを入れてコース整備をしてから来年
 OPENするそうな。。
 来年のレース時には観戦に行きたい。。スーパークロスができそ
 うなコースで楽しみです。バンセーン・ラリー・パーク(^_^)v
 
 連絡先:Bangsaen Rally Park Co.,Ltd.  クリックパン社長 
 携帯番号081-3459898、モトクロスに興味のある方、お勧めです。
 今度カメラもって社員撮ってきますm(_ _)m

【ちょっとコーヒーブレイク】
 モトクロス(MOTOCROSS)の語源。。。どうもモーターバイク・クロス
 カントリーから来たらしい。。。 

 それから、、国道スクンビットをはさんで、反対側。。ここもアンシラ
 ーと言うそうな。場所的には、チャトゥチャック市場 (アンシラー)
 の裏側でスクンビットから入って約1km弱にダートコースがありま
 した。
 100M×50Mクラスのミニコース、S字、ジャンプ台、洗濯板等も
 あり、ジャンプさえ飛ばなければOFFロード車でも楽しめる
 ミニコースでした。。。今を去る(今年は戌年、来年はイノシシ(^o^)
 )25年ほど前にモトクロス初心者をしていたSさんとしては(*^_^*)
 (*^_^*)うれしいfunライドコースです。Sさんが行った時には誰も居
 ませんでしが、コースには無数のキャラメルタイヤ跡が残っており
 ました。(オフロード車の四角いブロックタイヤパターンからキャラ
 メルの様なので通称キャラメルタイヤと言います)
 しかし見るだけ、走っても体力も技術も付いてくるはずもなく。。
 力瘤が盛り上がるのはお腹だけのSさん(^_^;)(>_<)
 このコースは、偶に管理人が来てお金を払うだけとの事で、特別
 料金は決まっていないそうな。ここは練習にお勧めです。

 ここ以外では、パタヤにサーキット場(車とバイク用)があり、その
 横にモトクロス場がある。。そんなに大きくないが。。。歴史がある
 ので有名です。

 お話はずれて、Sさんの友人で長野県に住んでいるS氏は、40
 台半ばにも関わらず、モトクロスの国内A級保持者です。
 数年前に自宅(総檜作りの豪邸)で、モトクロスの練習風景を見せ
 てもらったがぁ。。上手かった20M以上ジャンプしていた。
 中年ライダー頑張っています。

【ちょっとコーヒーブレイク:コンサートチケット】
 神様と言われているエリック クラプトンがタイで来年1月15日コ
 ンサートをインパクト・ムアントンタニー(モーターショウと
 同じ会場)で開催します。チケット価格1,000バーツから5,000バーツ
 値段としてはまぁこんなものでしょう。
 Sさんの友人も死ぬ前にはコンサート見ておきたいと2名が予約
 済みです。(またエリックはまだ50代と思いますが。。)

 ここで、タイと日本の同じ現象。。外国人アーチストのコンサート
 の方がチケット取りやすいのです。
 エリックのはまだ一杯空きがある(5000バーツ)とこの事です。
 ちなみにタイ国内の歌手のコンサートは、2−3ヶ月前に予約
 して置かなければ絶対入手できません。ある日本人は、タイの
 国民的歌手:トンチャイ・マッキンタイ(通称バード)コンサート
 を2ヶ月前に予約したら、「遅〜い」と言われたそうです。

 どこの国も、外国人より自国のアイドルや歌手の方がお好き。。
 特に亜細亜では英語話せる人も少なく、、、、。
 自国の言葉の方が分かるし。。。よってCDも、外人の方のCD
 の方が安い。。。亜細亜圏ならではの文化です。

【バジルシードダイエット】
 去年だったか?今年だったか?(?_?)忘れている居るぐらいダイ
 エットしていない。。
 Sさんが1日朝食と、夕食にバジルシードダイエットを2−3ヶ月
 続けた時があった。この時は確かに痩せた、ベルトの穴が足り
 なくてベルトを切った覚えがあった、何故継続しなかったのか?、
 メット・メンラックがその後買いに行っても売ってなく、在庫切れ
 自然停止。。。ベルトの穴は逆方向に足りなくなった。。(>_<)

 今月に入り家内曰く「合ったわよ」。。と最近2袋を買ってきてれ
 た。。自分でスーパー見に行くと売ってない(?_?)、
 先日大型スーパーのLOTUSへ行き奥に聞く「どこにあるの?」
 「ここ」、、、家人が取った袋は茶色くパッケージが一新されていた
 。。。Sさんの以前の水色しか目が行かなかったのです。。。思い
 こみ危険です。。。事務職病。。。(-_-;)

 S家では買ってきたバジルシート(メット・メンラック)を使い勝手
 が良いように瓶に入れ替えるので、Sさんパッケージが一新
 された事を知らずに居たのです、と言うことで年末からバジル
 シードダイエット復活なるか、来年こそダイエット。。。

 今年からといわない処が○ (*^_^*)(^_^)vちなみに現在のタイ
 の気候は、食欲の季節(日本の秋)!(^^)!

【冬の新作発表】
 Sさんの長男氏による冬の新作発表です。
 今回は自転車型のメモ立て、サドルの穴?間?からメモ立て
 が伸びる自転車。。写真はコービョータイランドの2007年
 カレンダーで、ほぼ名詞サイズ。 赤、クリア、青の3色。



 色チューブが今までより太めの物に変更した処がこの冬の
 TORENDお洒落です。 Sさんは1個30バーツ(90円)で5個、
 卸値で購入して、寝室に飾っております。 最近長男氏、、

 Sさんへの売却品が月の小遣いと、新作の材料費になっている
 様です。ちなみに、販売依頼を受けた場合、拒否できないのが
 (^_^;)(>_<)子供思いのSさんからリポートでした。

【ちょっと経済ニュース】
 ついに1万円の両替が3000バーツを割り込みました。。。
 今年の初めの頃は3700バーツだったのに。。1年弱で2割も
 レートが下がりました。。。円をバーツにして生活する者に2割
 減給となり冬の時代です。

 しかしこの時期に帰任される方やバーツを日本へ持ち帰って
 生活する方にはメリット一杯。。メリットデメリットとは良く言っ
 たものですが、。。。輸出経済に頼るタイランド、、今後の経済
 動向に注目です。
 1万円で3000バーツ割れということは、日本円に関しては、97
 年の金融危機前と同じ状態にまで戻ったということです。
 10年前。。。一昔。。。ちなみにSさんがタイに赴任した20年
 前は、1万円が1500バーツ。。。20年ふた昔m(_ _)m

【ちょっとロッタリー】

 「Sさん、すこし酔っぱらったから言っちゃいます、実はロッタリー
 を買いました、当たったら600万バーツ(1800万円)、
 もし当たったらお一人40万バーツ差し上げます(^o^)」と4名
 の食事の席のお話。
 さわやか系のG社長から酔っぱらいながらの提案?であった
 。。。酒の上のお話と言え、一瞬当たったら。。。
 そして翌週「宝くじはずれました」とメールが入りました。
 やっぱり宝くじも自力本願が良いでしょう。。
 数日間40万バーツ入ったら何に使おうかと、夢をくれたG社長
 ありがとうございました。感謝です。m(_ _)m 

 
いらっしゃいませタイランド。



戻る