タイの観光スポット(カンペンペット温泉)のお話
                                2006年12月吉日 
【温泉に行きましょう】
 Sさんの友人S氏から「カンペンペットへ温泉旅行へ行きましょう」
 のお誘いがあり、この魔性の声?温泉の魔力にyesと
 答えたSさん。。地図で見ると、、あらららら以外と遠い。はぁ約束
 した後(*_*)

 何でもお寺の中に温泉場があるそうな、中年の域にしっかり入り、
 そここ調子が悪くなってきている体を労るために温泉1泊旅行へ
 旅だったSさんでございました。
 
 Sさんの住むチョンブリ県からカンペンペットまで。
 チョンブリ−サムットプラカーン−バンコク−パトゥンタニー−
 アユタヤ−アントーン−シンブリ−チャナート−ナコンサワン
 −カンペンペット(10県目)。
 帰り道でスコータイにも寄ってきましたので、11県。スコータイま
 での距離は約750キロ。

 この企画に乗った愛さんとその友人はコラートから、企画したS氏
 はパトゥンタニから参加。。そしてSさんの旅となった。
 S氏とはパトゥンタニ県で合流し、愛さん達とはシンブリ県で合流
 となった。



 この看板が見えてから。。。2−3キロ。。

【そして温泉】

  

 お寺の中の温泉との事でしたが、実際は県の管理している
 公園内の温泉でした。温泉の入り口と看板です。
 看板には「ボーナムローン・プラルアン・ジャンワット・カンペ
 ンペット(カンペンペット県の井戸式温泉)の文字が。

 

 公園内のお堂、、、芝生がまぶしい良い天気でした。

 

 入場料は、一人30バーツ、部屋代50バーツ。。
 40分の貸し切りで部屋に分かれて居るのです。 

 

 湯船の直径は約3Mで深さは1.2Mほど、腰掛けると
 ちょうど良い高さ、湯温は約40度、タイではちょうど良い。。。
 湯船からでるとさすが温泉、汗がドバット。。(>_<)。。
 やっと水をかぶり汗を納めなが着替えたSさん。。

 この部屋から出て歩いていくと、すれ違うタイ人がニオニコ、
 女性も振り返りながら(*^_^*)(*^_^*)。(?_?)
 友人曰く「Sさん、ジーパンの前が開いててパンツが出てますよ
 (^O^)」。。。。(^_^;)(-_-;)Sさんの魅力で振り返ったのでは無かった。
 実は湯船の中で、「中年で前を開けて気が付かない人が居るけど
 ああは成りたくないですね」と言う会話をしたばかりだったのです。
 (-_-;)(-_-)(^_^;)

 友人を含めて爆笑。。Sさんの廻りは笑いが溢れています。
 (^-^)(^_^)v それにしても恥ずかしかった。。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 第481話で、タイの歴代の王様は、ラマ1世〜現職のラマ9世
 まで、しかし不思議な事が。。。
 1)ジャオプラヤー川(日本の通称メコン川)にかかる橋に歴代
   の王様の名前を冠した橋があるがラマ9世迄全部
   揃っていない。   実はラマ1,2,4,6世橋の4つの橋が
   無いのです。
 と、紹介したSさんですが、、、Sさんの弟氏より連絡がありラマ
 4世橋ができるそうです。。。(^_^;)m(_ _)m

 バンコクの北郊、ノンタブリ県パークレットに建設された「ラマ4世
 橋」が12月8日朝、開通式を行います。
 チャオプラヤ川に架かり、全長約420メートル、6車線。接続道路
 (計13キロ)を含めた建設費は50.5億バーツで、半分を国際協力
 銀行(JBIC)からの円借款だそうな。施工は大成建設とタイの地
 場建設会社シノタイ・エンジニアリングの共同事業体と、三井住
 友建設。

 これで残りは。ラマ1,2,6世橋のみ。。さぁ残りはいつできるのか。。

【カンペンペット県とスコータイ県のサムロー】
 サムロー&トゥトゥク研究のSさんです、今回カンペンペット県と
 スコータイ県で前輪が2輪で後輪が1輪式のサムローを発見、
 ご紹介です。

 

 カンペンペットで見た庶民の足、おばあさんが乗ってました。
 右はスコータイで見たバイクの改造タイプ、
 客席に乗りくつろぐおじさん。それから以前紹介したミゼットタイプ
 (オリジナルタイプ)のトゥクトゥクがナコンサワンでも使用され居ま
 した(*^_^*)、
 北に上ると、珍しいサムローが走っている様です。

 

 カンペンペットの街                          
 泊まったホテルは600バーツ(約1800円) 

 

 夕食を取ったちょっと洒落たレストラン、生バンド付き      
 そしてカンペンペットの夕焼け、、、お休みなさい。

 次回、スコータイ編へつづく。。

 
いらっしゃいませタイランド。



戻る