タイの文化(モーターショウ)のお話
                                   2006年12月吉日 
【タイの王様が80歳になりました】
 12月5日はプミポン国王の80歳のお誕生日でした。
 「来年はあるかどうかわからないからね」。。王様の誕生日での演説
 。。。

  ちょっとドッキリ物ですが、この年齢に成ればこれは老人の口
 癖です。しかし、毎年こういっている人も最初に言った時は何か具
 合の悪いところがあったはず。


 ビルを利用した王様万歳の宣伝。。
 書かれている文字は「ソンプラジャルーン=王様に繁栄あれ」

 「来年はあるのでしょうかねえ。」少なくても日本の新聞社はもう最初と
 最後の一言を書き加えればいいような原稿を用意していると思いますね。
 
 ただ、マグロの赤身しか食べない日本の天皇同様、チットラダーの自
 然食オンリーの国王ですからね。皇太子に継がせて、病床摂政が長く
 続くかもしれません。

【S家恒例行事:年末モーターショー】

 タイでは年2回のモーターショーが開催され、4月がバイテック、12月が
 旧ドンムアン飛行場近くのムアントンタニーで開催、Sさんの長男君が
 モーターショーの大のFun(日本語読みしないでね)、TV宣伝で知るの
 か(?_?)しっかり督促してきます。長男君は針金細工以外に、テレホンカ
 ードと車のカタログ収集が趣味なのでした。

 

 これもらった入場券。                         
 モーターボートと手前はゴムボート

 今回のモーターショウは前回にも増して地味系、いつもよりブース
 のサイズも小さく、パーツ屋さんやアウトドア用品、エンジン付きゴム
 ボートや中古販売も同じブース内での展示とさっぱり系でした。
 (展示物が少ないので対策(?_?)

 Sさん好みのコンパニオンも居なかった。(ハイヒールを履くと目線
 がSさんより高くなる娘は苦手)

 
 
 開店と同時に行ったため、小さなブースはしまっていたが、
 その中に3輪車を発見ご紹介です。

  

 全貌が見れなくて残念。。 手前の宣伝カーテンとは違う実車。。
 1/3のみ撮影。

 最後にSさんも偶にTVで見ているアメリカンチョッパーに出てくる、
 オレンジ?社製のチョッパーの展示があった。



 ウーン乗り心地悪そうなバイク。。。
 バイクの展示もこれ1台のみと本当に地味なモーターショーでした。

【タイ物産展】
 と、言う事でモーターショーは1時間ほどでバイバイして、反対側の
 建物のタイランド物産展へ行って来ました。
 こちらの方が良かった。食べ物、衣料品、雑貨、、S家では木彫り
 の馬の置物2個、サクランボ1パック、ブドウ100%ジュース1本、
 奥の靴を購入。

  

 今回購入した木彫りの馬、廻りのブロンズ像は前回のOTOP
 で購入(コブ牛、親子像、手前が猫)S家のリビングから。

 

 お菓子のタイの家                           
 キングコブラの財布とエイ革の財布

 

 会場内は、王様の色の黄色い服を着た人でいっぱいでした、
 モーターショウの4倍近く人が入っていた様に思います。

 帰り道。さて、この日は王様の誕生日「ワン・ポー=父の日」
 と言うことでS家はシーフードの夕食会、
 父の日だからお父さんが払ってネ(*^_^*)となり、
 Sさんのおごり(と言うかいつもだけど)。

 
いらっしゃいませタイランド。



戻る