中国の文化(4000年の歴史の笑いから)のお話
                            2006年11月吉日 
【世界珍し物語
 
ニーハオ、ちょっと中国駐在員ニュースのお時間です。
 リポーターは、出向者のYさん。それではお願いします。



 Sさん、ご苦労さまです。 泰に笑う金魚いますか

 んんん〜ん、Yさんに座布団一枚。。 タイには笑う金魚はいませんが
 「笑うセールスマン」ことSさんなら居ます。

【今日の幸せ】
 ・ベルト。。。
  朝、3番目の穴にスムーズに入った。。。痩せたのか(*^_^*)、朝から
 小さな幸せを感じた。。何か良いことあるかも。
 ・会社にて。。
  お腹がゴロゴロする、、トイレに行く「空いてて良かったセブンイレブン」
  。。。どっかで聞いたフレーズだぁ(^O^)。 トイレが空いているって大事
 なファクターです。。

 トイレ昔話。。。その1
 むかし昔〜、ある所に太めのサラリーマンさんが居ました。彼は滅多に
 壊れない頑健な体を持ったサラリーマンさんでしたが、そんな彼でも困
 るのは突発性の下痢、、お腹ゴロゴロ、、「ンんん危ないか?」トイレに
 行くと下痢(>_<)。。「ああぁすっきりした」(^o^)。

 トイレを出て数歩歩くとお腹に張りが。。プッッッおなら(?_?)。。。お尻に感
 じるヌメリ感。。。あわててトイレへ逆戻り。。。
 「あぁぁっっっ付いちゃった」、○だった(-_-;)。
 今日は運の付く日だ。。ウンに火が付いたら。。。焼け○ソ。。。自棄ク○。
 と言うことでサラリーマンさんは、その日1日、連想ゲームをしながらノー
 パンで過ごしたそうです。 (下着はそのままゴミ箱へ。。。)

 寒い季節には真似をしない様に、、かなり涼しく感じる様です。
 今日の一言「転ばぬ先の杖:引き出しには予備を下着を。。。」

 トイレ昔話。。。その2
 むか〜し、むかしの寒い日のお話です。親族に不孝があった○さん、
 国立から都心部へいらっしゃいました。。
 葬儀が終わった帰り道、と言っても首都高の上、、お腹がグルグル。。。
 新宿インターを降りて、パチンコ屋へ一目さん。。。
 「コンコンコン」トイレは、、、人が入っていました。次の扉へ。。「トントン」
 返事が有りませんので扉を開く。。。
 ホッとした○さん、ここで気を緩めた。。。
 「ああああぅぅ。。お尻から太股にかけて暖かい物が走っていった」(=_=)
 (=_=) 「ンンッッッ(?_?)」○さん実は股引を履いていた、おまけに靴下は
 股引の上に履くおじさんだった。。
 よって液体は股引の中で留まっていたのだ。。「履いてて良かった(*^_^*)
 セブンイレブン」○さんパチンコ屋から下着類を買い取り、ズボン服には
 何の支障もなく旅を続けた。。めでたしめでたし。。(^_^)/~(^_^)/~

 寒い日の股引は靴下を上にして完璧としましょうね、、股引を身
 につける習慣のないSさん、、、この話を聞いて笑った笑った、、、
  寒い日のお勧めです(*^_^*)  日本昔ばなしでした。
 困ったときにはパチンコ屋さん、何でも揃っているそうです。
 Sさんパチンコもしないので、、大変参考になりました。。
 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 Sさんの暴打本が壊れた。。。3年前に日本でも使える3Gモードを
 売りにタイで売り出されたモデルであった、日本語も使える。。
 しかし使えなかった、、、日本へ持っていっても、東京以外ではダメ。。。
 地方は暴打本の電波が届かない、勝手にドモコモードに変わる
 ドコモモードに変わると受信ができても送信ができない。。。
 等々の問題があった、当時空港に携帯を持ち込んでローミング
 サービスもあったが、要予約、台数も少なく。。。3年間使って途中
 モニターも修理したが。。。。ついに天に召されました。。。エーメン。

 そこで、先月からノーキアへ変更。タイではノーキアの一人勝ち、、
 パーツも一杯、どこでも修理できる。。。
 日本のメーカー海外でも頑張ってもらいたい。。。それにしても携帯、、、
 目次については世界標準化をしてもらいたい。。Sさんモードにメニュ
 ーが合わない。。。

【シラチャーの自然】
 バイクのバッテリーが上がってしまう。。もう2週間以上バイクにエン
 ジンもかけていない。。。これではいけない。。。とSさん、久しぶりの
 家族乗馬で、股関節筋肉痛を我慢しながら、2時間半ののんびり
 ミニツーリングへ出かけた。。
 目的はゆっくりのんびり、今まで走ったことの無いシラチャーの道
 を走る。。がテーマでした。

 

 手前が草むら、真ん中の線が湖、、奥の三棟のコンドミヤムがゴル
 フ場。。そしてその草むらに居た牛。。
 シラチャーには自然が一杯です。。。写真、、携帯で撮影。。望遠機
 能が甘く、Sさんの撮影技術も甘く手ぶれ。。。m(_ _)m

 
 
 この田舎の一本道は、シラチャーのスクンビット道路と、ラヨーンへ
 向かうバイパスに垂直に走る道。

 まだまだSさんの走ったことの無い道が一杯あります。 

 この日の走行距離、2時半かけて126キロ。。
 くつろぎのんびり旅でした。

 途中、バンプラのスタッフ宅へより水一杯をご馳走になり帰宅。。
 ここの子供は礼儀正しく、子供は親の鏡ですね。
 
  
 いらっしゃいませ中国経由でタイランド。



戻る