こちらはモーターショーで展示されていた
 電動タイプ。販売され とは聞きませんが。。
 なかなかのデザイン
 です。

 手前のおじさんは、
 開発者の蝋人形。
 未来志向のトゥクトゥ  クいかがでしょうか。 

 
タイの文化(サムロー・トゥクトゥク特集)のお話
                          2006年11月吉日 
【タイ名物:3輪タクシー
 タイ名物サムロー(三輪車の意味)、長距離は向きませんが町中での
 移動には、機能的です。何でも積めます。
 庶民の足、サムロー、トゥクトゥク特集です。

 『まずは人力タイプ。。』
 この自転車式サムロー、、、無くなりませんね、現役です。無公害車(^_^)v

 



 無くなりそうで無くならない庶民の足元祖サムロー。。
 しかしSさんの住むチョンブリ県では、その姿は、稀少な物となって
 おります。

 車のエンジンを積んだ3輪バイクタイプも有るのですが、近頃全く目
 にしなくなった。 環境への影響か(?_?)

 『そしてエンジンタイプ』

 タイにいらっしゃった方は、サムローと言うと、このトゥクトゥク・タクシー
 の方を思い出される方がほとんどだと思います。
 日本のミゼットを模して作ったとも言われる、このトゥクトゥク、現在の
 普及型は下のタイプです。

 

 この写真の後ろの建物は、公衆便所(有料のため清潔)1回1バーツ
 (3円)臭くないから前に駐車もできる。タイの衛生環境は格段に進歩
 しています。

 『これがトゥクトゥクの原型』
 これはアユタヤで走っているトゥクトゥクですが、ダイハツミゼットとほぼ同じ、
 初期型の原型を留めています。



 運転席に扉が付いていることと、前輪のカバーのデザインが
 だいぶ現在と異なっていますのが特徴。。

 『変わり種』
 

 大人数用、主にホテル送迎に仕様。



 こちらはベトナム式。。4輪車?と言うのか?

 

 駐車スペースの無い人用。。。 Sさん長男君作。。(^_^)v 
 新旧合わせて3タイプ。  ちなみに、先日バーブンクロン(デパート)
 に行ったら、同じ針金細工のトゥクトゥクが 600バーツ(約1800円)
 で売っていました。

 以外に高いのでビックリ。。。これ位の価値があったとは知らなかった。。。

 


 
 サムローはタイの文化です。(*^_^*)

【そして自慢の逸品】
 最近ビーズ細工が流行っているそうな、ブレスレット、ネックレス等を
 クリスタルで作る。。ブランドもあるそうな。。。
 Sさん、新しい物好きでが、流行に疎い。。。そこで自腹で会社の宣
 伝用に携帯ストラップを特注してみましたので、ご紹介です。
 手作りストラップいかがでしょうか。

 

 気になるお値段ですが、1個500バーツ(約1500円)です。欲しい
 方はSさんまで、知り合いのお店に注文します。
 10個まとめて注文すると、4500バーツに成るそうです。
 字体や、ストラップの色、種類ラウンドタイプ(輪っか)とストレート
 (左の写真)は選べます。

 
 いらっしゃいませタイランド。



戻る