タイの文化(今日も平穏)のお話
                                        2006年9月吉日 
【今日も平常にお仕事です】
 きのう所用でバンコクへ行って来ましたが、チョンブリ県の高速道路
 の各ゲートに武装した兵隊さん達が立っておりました。

 トレードマークの黄色いリボンは巻いてませんでしたね。(クーデター
 から2日目)バンコクに入り、面白い状況を発見。
 



 この写真で歩いている人達、実はコレ高速道路の中なのです、朝8時
 半頃の出勤風景ですが、あまりの渋滞に、高速道路付近の人が車か
 ら降りて次々に歩き始めた、、、歩くのが大嫌いなタイ人、、朝の勤勉
 な風景でした。

 ゾロゾロと5分間ぐらいに4−50人も車から降りていきました。
 それにしても、車の中に運転手は残る、、送迎付きでのご出勤、タイ人
 はお金持ちの方が多い様でございます。
 
【タイのコンサート】
 


 Sさんの家人が場所は自宅から15分ほど
 のロビンソンデパートへタイのコンサートを見に行って来ました、、、、
 このプラスチックの席が500バーツなんだと(約1500円)一番イイ席が
 800バーツ(2400円)。。

 同じ歌手が、バンコクでのコンサートだと、一番E〜席が1200バーツ
 なんだって。。。それにしてもプラスチックの簡易イス、ちょっと寂しい。。

 ちなみに800バーツの席はガラガラしていたそうですが、コンサートが
 始まると同時に、もっと安い300バーツの席から人が大挙移動したそうな。
 いかにもタイらしいエピソードでした。 

【ちょっとコーヒーブレイク2日目】

 それにしてもタイの回復力は凄い、外出禁止令が出ると、旧国会議事堂
 前に戦車との記念撮影隊が押し寄せ、頼むと、戦車の砲身を上げたり
 下げたりまでしてくれるそうです。

 現場の判断ではなく、上から「そのぐらいやっていいぞ」というお許しが出
 ているみたい、とのことでした。
 タイは政治的な問題でも緊迫感がありません。今日も平穏無事でお仕事
 です


 いらっしゃいませタイランド。 

戻る