タイの文化(タイの不法滞在者が一掃される)のお話
                                   2006年9月吉日 
【ちょっとシラチャーの夜】
 用事があってシラチャーへ夜の11時半頃入った、、凄いですね。。。
 タイ人カラオケの前には2−30人の女性が座っていました。
 夜目、遠目も手伝って、皆さん美人に見えます。。昨年Sさんも
 シラチャーのタイ人カラオケに
 行ったのですが、日本人カラオケとタイ人カラオケの違い。

 @ホステスさんが日本語を話さない(当たり前)
 A日本のカラオケが2−30曲程度しか無い(当たり前)。

 しかし、店の作りや、従業員、ホステスの質を考えると、シラチャー
 ではタイ人カラオケに軍配を上げたいSさんであった。
 タイ人カラオケの難点は、タイ語が分かる複数年出向者が行くせいか
 、必ずOOさんを知っている、△△さんを知っていると。。。
 (お客は俺なんだから、、他の男の話題は。。遠慮してもらいと。。。。)

 Sさんには、夜の世界は異次元で縁遠く、第一種接近遭遇のみ終わ
 ります。(未知との遭遇から)どうもシンデレラボーイは12時に過ぎ
 ると自宅に戻る運命の様でございます。 (お腹回りの魔法が解けて
 。。。)

【パタヤの夜】
 先月、日本からの友人がお盆休みで来タイした。。間の悪いことに
 日本からの出張者の日程と重なってしまったが、夜パタヤで
 友人の泊まるホードロックホテルで合流した。ハードロックホテル、
 値段の割には部屋も狭く、天井も低く大したホテルではなかった。
 もっと、E高級ホテルと思っていたのだが。。

 来タイはお寺巡りが目的の友人であったが、世間勉強のため2チャ
 ンネルでしっかり事前学習をしていた。。
 まずはパタヤの周回道路を2周しロケーションの把握、その後サウ
 スパタヤでシーフードの夕食、日本人の多いと呼ばれる
 ソイ・ダイヤモンドのアゴーゴー見学、カウンターには、日本人女性
 連れも含めて15名ほど居ました、
 ホールを握って踊るダンサーより、
 日本人の顔を眺める方が楽しかった。
 それからティファニーショーの近くのカウンターバー訪問、ビール1杯
 100バーツ(300円)、お店の子とダイスゲームを興じた。

 翌日も会社のSさん11時半頃には、友人とお別れし帰途についた
 、数年ぶりのパタヤの夜、可愛い娘が減った様な、、、。車で流すと
 きには、目を見張る様なSさん好みの子も居るのだが。。。
 やはり好みの女性を見つけるには、40キロのスピードで流して探す
 必要があるようです。。(*_*) さぁ、今日もお仕事頑張りましょっと。

【ちょっとS家の夜】
 この処、夜中の2時、3時(丑三つ時)に良く目が覚める、、膀胱が
 パンパンで目が覚めるのだ、年寄りの頻尿(*_*)トイレに行ってまた
 眠る。。不思議な物で、横に成ると、家内の腰に手が行く、、色気の
 ないお話で「家内は腰が弱いのであった」、そして半身になる、
 Sさん奥様の腰に揉みながら1分ほどで熟睡。。。S家、息子、家内、
 私と川の字(両端の線がちょっと太め)
 で6フィートのベッドで眠る。。。もう朝までもう起きない。

 S家の長男君の夜、、朝起きると、今日は自分の部屋に眠ると言って、
 持ってきた布団と枕を自分の部屋に持って帰る、
 「今日はどこで寝るの?」「自分の青い部屋と得意気に」回答あり、
 どうも暗いところが怖い?苦手の様だ。

 独り寝の頑張りは夜8時が限界。 「トントントン」とノックの音と共に
 ドアが開き入ってくる。取りあえずは、気がとがめるのか、ベッドの直
 ぐ脇で寝ている長男君、部屋の明かりを消す頃には、何故かベッド
 の一角を占有し。。。

 今までは、自分の部屋がないから、スパイダーマンの布団が無いか
 ら、電話が付いてないから、テレビとDVDが無いから、プレステがな
 いからと、色々な理由をつけては、親の部屋に寝に来る、長男君、
 最近は、凄い理由で黒いトヨタの4WD車(200万バーツもする、
 約600万円)が無いからと。。。

 独り寝をするには当分、時間が掛かりそうである。。。
 (神様、、たくさんの○○を下さいませ。。)Sさん、またアンデルセン
 物語の絵のない絵本を思い出す。。。

【そしてタイ不法滞在者対策について】
 イミグレーションは、2006年10月1日からの旅行者が不法就労を出
 来ない様にビザ規則をきびしくすると決めました。

 バンコクでは旅行者が不法な外国人の労働者を摘発し、入国規則
 を厳しくすると、入国管理局は発表しました。

 実施は10月1日ですが、オーストラリア、イギリス、カナダ、フランス
 ドイツ、日本、および米国を含む41の国から旅行者に影響が出る
 模様と、Mr.Suwat Thamrongsrisakul(入国管理局の代表)は言いました。

 現在、41の国からの旅行者は、ビザなしでタイに入って、30日間まで
 に王国で滞在することができます。
 彼らは国を出国することによって、自分達の滞在日数を広げること
 ができます。主に、隣接しているカンボジアとラオスの国境を越えて、
 また再び新規入国としてタイに戻ることによって、好きなだけ長い間、
 現在の規則の下では、それらの国からの人々が滞在できるのです。
 
 局の職員のコメントでは、「1年間以上ここに滞在して居る人さえい
 ます」と言いました。
 局は、41の国からの増加している数の外国人がタイで不法に働いて
 いるのを確認しております。多くがパタヤのポピュラーな海水浴場の
 バーとレストラン等で採用されていて、バンコクおよび東側に多いと
 言い足しています。
'
 局長からは「旅行者はビザの免除法を利用して、観光の代わりに、
 彼らはここにビジネスをしています」 と報告がありました。

 10月から、指定された国からの旅行者は、ビザなしでタイにまだ入
 っていて、30日間までに滞在することができるが、それらのエントリ
 ースタンプは二度最大90日間の滞在のみに更新可能になります。
 90日間滞在した旅行者は再入するのが許可されている場合、少な
 くとも90日間のタイ王国をタイを去らなければなりません。。。
 とSuwa局長は発表しています。

 。。。。これによって、タイの長期出張者や、違法滞在者は一掃され
 ますね。。。タイは90日毎にイミグレーションに滞在確認の義務があ
 りこれを怠った場合、1日500バーツの罰金制度もあるので、、、、、。
 会社も観光旅行者もタイ滞在の合法化への道を歩むようになります。。
 しかし出張者の場合、お金も落としているから。。。


 でも順法の精神で、いらっしゃいませタイランド。 

戻る