ちょっと山梨紹介のお話
                                                      2006年8月吉日 
【1年ぶりに帰国してきました】 
 友人に「帰国するよ」連絡したら「S来日」のメールが回りました。、、Sさんは帰国と言いたいのだが。。。。
 シャム行きさんとなって早、20年目に入り、来日、訪日の方が合っているのか(?_?)。。。

 今回の帰国での初体験報告です。

 その1:海ほたるを見た
 Sさん成田から東京までは通常バスで行くのだが今回は事故発生とのことでいつもの京葉道沿いの高速やDLの
 脇を通らずに、
 東京湾縦断高速、、、名前はアクア?マリン?。。。海ほたるを間近で見ることが出来感激でした。バス会社は高速代
 で足が出たことと思います、値段が高く利用者が少ないこの高速、やっぱり交通量は少なくガラガラでした、
 千葉側回ると海の上は5分も走ったか?
 海ほたるが見えたら後は川崎側まで海底トンネル、首都高の同じく黄色タイルが貼られた明るいトンネル道でした。
 海の上よりトンネルの方がはるかに長い高速でした。でも満足(*^_^*)バス会社さんは今回のトリップでは赤字で
 しょうが、貴重な体験をありがとう御座いました。



 その2:生まれて初めてライブハウスに行った(^_^)v
 場所は銀座の「ケネディーハウス」香山雄三がオーナーなんだとか。。地下会場は60名も入ると一杯に
 なるウナギの寝床型、
 舞台も4M幅のミニサイズ、ここは70−80年代の歌を中心に歌ってくれる中年向けのライブが売りで、
 確かにSさんの若かりし頃の歌ばかりであった。気が付くと一緒に歌っていたりして(^O^)。。この手のライブハウス、
 日本では少ない?のかも知れないが、
 フィリピンではどこにでもある一般的な物、やはり英語の歌の上手さではフィリピンの勝ち。。でしたね。
 客層も30後半から50台全般で不思議な連帯感があってとけ込んでしまいました。地味なSさん騒がしい
 所が苦手でしたが、連れて行ってくれた友人に感謝、新しい世界が少しだけ広がりました。m(_ _)m

 その3:グーグルアース。。。これは凄い
 検索でグーグルを使う人は多いと思いますが、その中にグーグルアースの無料ダウンロードがあります。
 http://googleearth.blog.shinobi.jp/タイではNET速度が遅いのでちょっと、、ですが、日本のADSL環境なら
 一度はお試しソフトです。
 ようは衛生から世界全体の写真を撮って、それを貼り合わせたもので真上、横から3Dで見ることができます。。
 グランドキャニオン等を見ると圧巻です。ちなみタイのS家を見たら、、、あった。。たぶん約1年前の写真と
 思われます。屋根の形、車も判別できました。。。
 使わなくなった軍事衛星の公共利用ですが、、少し前に見た映画のMEN IN BLACKの世界です。
 今なら車のナンバープレート位は楽に確認できるレベルと思います。。。軍事衛星。。。平和利用には。。
 未だ時間が掛かりそうです。検索に「グーグルアース」と入れると出てきます。まずは宇宙から地球を
 見て自分の家を探す、結構ハマリます。(~o~)
 年1−2回写真をアップデートしている様なので半年後のS家をご紹介しようかしら。

これリニューアルされたS家の庭(昔飼っていたウサギに
 食い散らかされた)来年にはこの庭がグーグルアースで見れるかも知れない。。

【山梨の不思議、まずは身延線から】
 山梨県甲府駅には身延線の始発列車が入る、このホームは日本には珍しい連結式のホームで、1番線の
 端に5番線と6番線のホームが付いているのだ、むか〜し行ったドイツの駅がこの手の作りで1番線の真ん中
 から3番線に成っていたりして戸惑った
 (迷子になりそうな)経験(>_<)があった。ホームが見つからない。。。と。。ウロウロした。


 これが身延線。

 地名では石和と書いて「いさわ」、薬袋と書いて「みない」と読む、1番線からは5−6番ホームが生え、
 県名と同じ山梨市があるのに県庁所在地は何故か甲府市。。
 それから食べ物今回、山梨で郷土料理のホウトウを食べた、(マイナーな料理で他県の人は知らない
 人の方が多い)、今回の口にしたのは小豆ボウトウ(お汁粉に太めのうどんが入ったの)美味(地元では年1回しか
 食べない特別なホウトウだと)珍しい食べ物です。
 お椀ではなく、鍋で出てきますので複数名でいろいろ食べるのをお勧めします。この暑い夏場には冷たい
 ホウトウ「オザラ」もよろしく。

 山梨県には不思議が一杯です。昨日のNHKで、蜂の子取りの紹介があったスズメバチにイカに綿を
 付けた物を食べさせ大勢で追っかけてハチの巣を探しすだ、もちろん山梨県のお話。いらっしゃいませ山梨県。
 
 

 そしていらっしゃいませタイランド。


戻る