世界の観光スポット(フィリピン)のお話
                                   2006年6月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】 
 タイの携帯電話番号が長くなるお話、通信省では増え続ける携帯
 電話の番号対策として、タイ国内全体の携帯電話番号を08を使
 用する準備をしている。現在9桁の番号であるが、旧番号と新番
 号を合わせて10桁
 (08-xxxx-xxxx)になるそうだ。
 今回の携帯電話番号変更に伴い、番号は現在の9,000万から、
 3億へと増加することになり、将来30年に渡り供給することができ
 るとしている。変更になるのは携帯電話だけで、2006年10月1日
 より開始予定。固定電話に関しては何の変化ないそうな。

【フィリピン里帰り:その3】
 それでは、Sさんの友人の言さん(仮称)、フィリピン里帰り旅行
 記のご紹介です。実はGさん、ヒゲを生やせば、
 アロヨ大統領の前に大統領をしていた美男子俳優出身の
 (名前は(?_?)に大変似ている)と思うSさんです。
 
【ちょっとコーヒーブレイク:未来の王様】
 このコインの赤ちゃん:ティーパゴーン君と言いまして、ラマ11
 世になる予定のお子さまです。記念コイン
 として10バーツで発行されました。。Sさんは食堂でご飯を食べ
 たお釣りとして入手しましたが、STAFF曰く「数少ないから、、
 下さい!」人気だそうです。偶然手に入れたSさん大事に保管
 したく思っております。



 現在1歳、、、2代先の未来の王様です。

 王様の即位60周年記念に招かれた国は29カ国、参加した国
 が25カ国とのことだが、この29カ国の 共通点をご存じだろうか?
 。。。答えは王国で有ること。。。未だ世界に29もの王族を抱え
 る国があったとは驚きであった、日本も招待されていたが、皇族
 は王族?。。。たぶんそうなのであろう。。。

 タイ語で王様=ナイルアン。。。天皇=ジャガパット です。 
 余り使う機会は無いでしょうが覚えておきましょう。

【フィリピン里帰り、、その3】



 昼食のフィリピン料理は安いが味は???? 

PC考えてみれば逆に機能満載のPCが安く買えるは日本なら
ではなのかも、タイもフィリピンも自分で組んだ方が断然お得
のようです。

 

 もちろん日本のPCショップと比べれば品数は少ないが取り
 寄せも含め必要なものは最低限揃うようだ。
 ちなみにデジカメはコッダクだけの取り扱いで3メガ~4メガ位
 のが置いてあった。値段は日本より高め。

 その後買い物に行ったのは最近アンゲレスに出来たばかり
 のスーパー、ロビンソン。

最近はアンゲレスのような地方都市にも次々にこうした大型
マーケットが出店し、その綺麗さは多少古びた日本のスーパ
ーを凌ぐ。
フィリピン人でも中流以上はこうした店での買い物を好み、だ
んだんパレンケ(既存の市場マーケット)に足を運ばなくなって
いるという。現にこのロビンソンの隣にあるネポの洋品マー
ケットは既に大半のテナントが撤退してまるで廃墟のように
なっていた。私としてはここでかつて買い物を楽しんだだけに、
少し複雑だった。

翌朝、床屋に行きたいというと行きつけの美容院に連れて
行ってくれることになった。



すると、案内されたのは寂れたマーケットの奥にある怪しげな
コーナー。カットを担当している美容師が不在で別の人にお願
いすることに。一見してバクラー(オカマ)と判る無愛想な男が
切ってくれたが腕は結構いい。値段は75ペソ。(\150)余計な
サービスは一切ないし、衛生面もいまいちだががもう日本の
床屋や美容室には行くのが嫌になる値段ではある。

このあとCDショップへ。 CDショップといっても売っているのは
違法コピー商品ばかりで値段は異常に安い。
今流行っているのはVCDという絵の出るカラオケCDでこれが
30ペソ位。DVDもあるがこれも違法商品。
DVDはもっぱらカラオケ、映画鑑賞用でプレーヤーが出回っ
ていたがまだレコーダーは普及してないようだ。

フィリピン名物ジプニー

パンダンという地区を通りEXPウェイの西側をしばらくいくと郊
外の風景が広がっていった。やがて新興の宅地に着くとそ
こでとんでもないものを目撃するのである。ビレッジではない
が郊外とあって治安も比較的良さそうで、品のいい住宅が並
 んでいる。

しかしどれも建築中で日本のように一気に家を建てるのでは
なく少しずつ、建てていくことが多いので、なるほどなと見てい
ると日本に出稼ぎに来ているだけあって景気がいいねえ、
などと言って見ている

 翌朝、7:30頃アンゲレスを出発。10時前にはNAIA2へ着いた。
 これから2時間は時間つぶしである。
 ここで作ってきた食事をとる。私はEXPウェイのマクドナルドで
 買ってきた朝食メニューのソーセージマフィンをパクついたが、
 なぜかこれも日本のものより美味しく感じた。フィリピンスタイル
 でこんなときドライバーは必ずといっていいほどエアコンを止め
 窓を開ける。その間の暑さは相当なもので参る。
 すっかり日本ナイズされたアサワの感覚でもこれは不可解な
 ことらしい。

 いつもマニラは大渋滞なので2時間位の余裕を持つのは仕方
 ないのだが……。 ともあれ、12時30分には、ターミナルビル
 へ入ることが出来た。 1時50分頃には機内に乗り込み、2時
 30分定時に離陸した。

 成田に着いたのは8時ちょっと前。成田の気温は26℃と聞い
 ていたが、それ以上に蒸し暑く感じた。 《完》 
 お疲れ様でした。

 言さん(仮称)長文のご投稿ありがとう御座いました。

【タイのお寺巡礼シリーズ:その92寺】
 アムナートジャルーン県のお寺:Phra Mongkhon Ming Muang 
 市内から北に3kmほど行ったダーンプラバート山に仏像が祀
 られた公園があります。
 幅11m、高さ20mの美しい外観を持つこの仏像は1965年に作
 られました。

 この仏像はタイのイサーン地方にも影響を与えた北インド芸
 術の影響を受けています。





 Sさんの弟氏によるタイ有名寺100選カウントダウン中。。。

 いらっしゃいませタイランド。

戻る