世界の観光スポット(ミヤンマーと北部タイ)の
 お話
(その1)                    2006年4月吉日 
【チェンライ編】
 「ミヤンマーと北部タイ旅行へ行ってきました」と同僚のIさんから、
 ソンクラーン(タイ正月)明けに報告がございましたのので、 
 何話かに分けてご紹介致します。

【タイめずらしグッズ】
 Iさんが、見つけて来た、タイめずらしアイテム、、、
 その名も「ボア付きガソリン給油カバー」場所はチェンライの
 国立ガスGS。

 

 う〜んんん、何のためのカバーなんだろうか、、、メーカー支給品か?
 色が統一されている。ガソリンで濡れて汚くなるだけにも思うが、、、
 (?_?) アメージングタイランド。。 

 ちょっとミニ知識:
 ガソリンで95=無煙ハイオク、91=レギュラー、デルタX=アルコー
 ルが数%入っているガソリンです。

【ちょっとコーヒーブレイク】 
 首長族の女性が首にはめているリング、1体式だと知ってましたか?
 SさんIさんからの受け売りですが、」
 びっくり。 1個、1個のリングをはめて行くのかと思いこんでました。
 それにしても一体式リングは、いったいどうやって装着するんだか(?_?)
 世の中には、まだまだ不思議があふれている様です。

 首長族(カレン族)の村へは外国人300バーツ(約900円)の入場料
 です、I氏が訪れた村のカレン族は、ミヤンマーから連れてこられた人
 達で、話しかけてもタイ語が通じなかったそうな。見物させること自体が
 お仕事で、交代時間には、少し離れたアパートへ休憩しに行くそうな、
 、、なんとも現実的な。。。裏話です。

 Sさん今年のタイ正月は、どこにも行かなかった。。。写真は、貴社時に
 バンセンで撮った水掛風景です。

 

 おじさん、びしょ濡れで風邪引きますヨ。。。
 
【チェンライ県の旅】
 バンコクから車で12時間かかったそうな、シラチャーからなら14時間。。。
 腰が痛くなる距離にチェンライはある。とにかく田舎だそうな、、
 (20年前にSさんが行った時とあまり変わりが無いようで、、懐かしい)。

 

 この方、メンライ王と言って、北部タイをまとめた王様なんだと。
 供養をするタイ人も一杯、日本では見られない光景の一つかも
 しれません。
 (Sさんが昔訪れた時には、像の後ろの金の3本柱はありません
 でした、地方も発展してますね)
 
 チェンライの名所では、ワット・ロクシン、ドーイトゥン・パレス、。等。

 ワット・ロクシン(写真下)、以前Sさんの弟氏によるチェンライ県の
 お寺でも紹介したお寺さんですが、何でもタイで有名なチャルーム
 チャイ氏と言う芸術家が私財で建造したそうな。。。これがお寺とし
 て認められる事が、タイの仏教界の懐の深さかもしれません。
 ちなみにこのお寺、入場料無料です。





 

 ドーイトゥン・パレス:は花園、、Sさんここは行ったことが無い。。。

 

  

  

 ワット・ティーキング  **(ワット=タイ語でお寺)
 もしかすると、Sさんの弟氏も訪れた事が無い、お寺かもしれない。。。
 と思い弟氏に確認した処、彼が訪れているお寺は、タイのお寺ガイド
 ブック(3社)から出版されている由緒正しきお寺を中心に巡礼してい
 ると、、、。
 そーかなー?Sさんが所有している20数年前のガイドブックを見ると
 。。。このお寺、掲載されていませんでした、
 以外と新しいお寺なのかもしれません。
 
 

 中国式寺ですね、頭巾をかぶった珍しい仏像が安置さています、
 手前の人比べると巨大さが分かります。

  

 広い回廊100M走用?

 プーケン9段の滝
 「一番上の滝まで登れば景色が良いですよ」と、一生懸命、垂直
 に近い手すりをよじ登って行ったが、Iさんであったが、
 「上も下も森。。。景色は一緒だったと。。」場所はドーイルアン
 の国立公園内。

 

 

 スモモとイチゴ売り、3キロで100バーツ(約300円)、
 スモモはともかく苺をキロで食べる人がいるんだか?。

 小山の上のお寺、お寺までの道の両側には鐘が吊しており、
 これをカンカン鳴らしながらお寺に向かうとな。

 

  

 

 お寺には不釣り合いな、洋風の鐘ですな、ゴーン。。。より、
 カーンの感じですね。



 タイ正月のカーニバル?

 最後に観光用の山岳民族村のご紹介、入場料は外国人
 300バーツ(約900円)

 首長族ことカレン族、 知ってした?首長ではなくて方が
 下がっているのだと。。


  このままで泳げば溺れますね。。

 こちらはアカ族  右は他の民族より貧しいと言われいるラフー族

 

 いらっしゃいませタイランド。

戻る