タイの観光スポット(お寺特集パート4)のお話

                              2006年2月吉日 
 Sさんの弟氏の企画で始まったタイ有名寺巡り100選、、さすが弟さん
 タイ文化紹介のためがんばって下さっております、ありがとうございま
 すの気持ちを込めて、今回もご紹介です。

【タイのお寺巡礼シリーズ:その43寺】

 チャチュンサオ県のお寺:Wat Chompo Thayaram チャチュンサ
 オ郊外にあるお寺です。 住職がインドに行った?経験を生かしてインド
 風に建てられたそうです。  私は、インドに行った事が無いのでインド
 風なのかどうかは、分かりません。
 
  

  

 

 何となくインド風ですね、カンチャナブリのモン族のお寺の塔と似ている、、、。

【タイのお寺巡礼シリーズ:その44寺】
 チャチュンサオ県のお寺:Wat Uphai Phatikaram
 
 中国寺院がタイ寺院になったお寺です。同様の仏像がタイ国内に4体あり、
 その内の1体です。観光バス(中華系の方)で来られる方もいるその筋で
 は有名なお寺です。

  




【タイのお寺巡礼シリーズ:その45寺】
 チャイナートのお寺:Wat phra Borommathat Worawihan
 
 アユタヤ初期の古いお寺です。普段は拝見出来ない本尊の写真
 もどうぞ。 お寺特集で一気にUpしてね!!皆有名何処ばかりです。
 (頑張ってUPデートしています)

 
 
           何か有名な井戸らしい。

  

  

 

【タイのお寺巡礼シリーズ:その46寺】
 スコータイ県のお寺:Wat Traphang Thong 遺跡公園入り口近く
 にあるが、誰も見に来ない古いお寺。
  

  


【タイのお寺巡礼シリーズ:その47寺】

 ピッサヌローク県のお寺:Wat Chula Mani ここも、古いお寺です。
 市街地から少し離れていますので、外人も来ない?
 奉納の踊りも、街と違い少し地味系?古い貴重な仏像に合掌。

 

 

 

  
 
【タイのお寺巡礼シリーズ:その47寺】
 ピッサヌローク県のお寺:Wat Phra Sir Rattana Mahathat
 ワットヤイ、ワットプタチナラート等と地元では呼ばれているお寺です。
 *第293話で以前にも紹介しましたが
 実は、プタチナラート像より大事な?仏像があるというので再度訪問
 しました。仏像は、写真禁止らしいのですが失礼して公開。

  

 その他、お寺の裏手にある大きな仏像。

 

 

 お寺内の壁画。

【タイのお寺巡礼シリーズ:その48寺】

 ピッサヌローク県のお寺:Wat Rachaburana
 
 歴史は古く、700年以上前のお寺です。(日本なら鎌倉時代ですね)
 場所は、ワット プタチナラート(タイで一番美しい仏像があるお寺)
 と道路を挟んで反対側にあります。外国人は、こちらにも殆ど来ま
 せん。 貴重な仏像も拝見させて頂きましたので公開。(合掌)

 

 

 

 落ち着いた雰囲気のあるお寺、Sさんの好みです。

【タイのお寺巡礼シリーズ:その50寺】
 ピッサヌローク県のお寺:Wat Nang Phaya プラクルアン(お守り)
 のベンジャバキー(タイの5大お守り)にも含まれているお寺です。

 隣には、タイで一番美しい仏像で有名なワットプタチナラートがある為
 外国人が、ここに来る事は殆どありません。

  

  

 やっと道半ばの50寺到達、、、まるで四国巡りの様な、しかしこの巡礼
 の旅は、この時点で、たぶん走行距離は数千キロに達していることと思う。

 ご苦労様です。さぞかし徳が付いてきたことでしょう。


 今回はここまで、いらっしゃいませタイランド。

戻る