タイの観光スポット(お寺特集パート2)のお話

                                    2006年2月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】

 
お寺と言えば、、縁起を担いで。。。Sさんは虫が大の苦手ですが。。。
 タイ南部のトラン県で、孫悟空?
 の顔を持つ体長5センチほどの蛾が中国正月に発見され縁起が
 良いと宝くじを当てようと殺到して居るそうな。
 タイ人は、お坊さんやお寺で願を掛けるのが好きな民族ですが、、
 虫にまで。。。。ちょっと異文化。。

 

 写真は、ほぼ実寸大です、確かに猿面。。。それ
 にしてもキモイ。それでは、お寺特集パート2の始まりです。

【タイのお寺巡礼シリーズ:その32寺】
 今回もまたまた、Sさんの弟氏からの投稿による、タイ有名寺100選
 巡礼の旅でございます。

 サムットプラカーン県のお寺:Wat Chorakhee Noi 当日は、お祭
 りのようで沢山の人で溢れてました。

 
 
 この黄金ボールは、ルーク・ニミッと言って、石から作られている、
 その上から金箔を張り付けて、お祈りするような。。

 
 
 TOAペイントの近くにあるお寺です。バングナーの高速から見えるかも。。
 バンコクから車でパタヤ方向へ向かい20分の距離。

【タイのお寺巡礼シリーズ:その33寺】
 サムットプラカーン県のお寺:Wat Saru 場所は、バンナー高速をバン
 コク方面に行くと右手大きな仏像が見えます。
 バンコクへ行く際は、右手に注目です。

 

 確かに高速から巨大な仏像が見ます。
 

 

 タイ語では、サルッ寺になります。

【タイのお寺巡礼シリーズ:その34寺】
 サムットプラカーン県のお寺:Wat Siri Saothong
 
 スパプルックゴルフ場へ行く途中にあるお寺です。目印は、高速から
 見える、エーベックトインターナショル大学の白いビル(20階建てぐらい?)
 大分タンブン(お布施が多い)があるのか、キンキンキラキラのお寺です。

 

 Sさんもこのお寺の前は何回も通っているが中に入ったことは無い、お寺
 の正式名は、 ワット・サオトンです。

 

 豪華なお寺ですね、お金持ちそう。。
  

 こちらもルーク・ニミット、Sさんのスタッフに聞いた処、お寺の四隅
 に置いて、お祈りをするそうな、しかしこのお寺お金持ちで寄進一
 杯だから前に展示しているのか?

【ちょっとコーヒーブレイク】
 今や世界的に有名なトゥクトゥクの語源について知ってた?どうやら、
 その昔にエンジン音 『トゥクトゥク』と聞こえたらしいです。 また、タイ
 から各国へ輸出もしてるらしです。(幾らなのか?)

 世界でタイ・インド・ユーロだけ で生産されているとも…。 最近では、
 タイ近隣国もトゥクトゥクと呼ぶらしいとも…。
 それでは、バンコクで見かけた珍しい、6人乗りのトゥクトゥクのご紹介。


 ちょっと解りづらいですが、後部座席が2列になっている。

 タイのお寺巡礼シリーズ:その35寺
 サムットプラカーン県のお寺:Wat Bang Phli Yai
 
 本に出ている有名なお寺です。相当古い仏像らしいですが、年代
 は不明との事です。
 因み、このお寺に落ち着いてからは、30年位だそうです。

 

 

 お寺の看板は、ワット・バンプリー・ヤイと書かれています。仏像は
 スコータイ形式?のっぺりで鼻がながーい。 


【ちょっとコーヒーブレイク】
 ちょっと新聞記事から、、タイ中国合作でウルトラマンシリーズの制
 作をするそうな。
 ちょっと前に、アユタヤ県でウルトラマンの博物館?を制作中の
 チャイヨーグループ今度は、タイ中国合作で、ウルトラマンシリーズを
 復活させるそうな、放送は、来年の1月だと。

 「ウルトラマン・エリート」「ダーク・ウルトラマン」「ウルトラマン・ミレニ
 ヤム」ロケ地も俳優も中国。



【タイのお寺巡礼シリーズ:その36寺】
 バンコクのお寺:Wat Bangna Nai
 
 スクンビット通りから高速でバンコクに入る際に、BITEC付近で見掛け
 ると思います。
 タイのお寺の法則ワット ○○○ ナイ には、必ず対になる Wat
 ○○○ ノォークがあります。
 場合によっては、ワット ○○○ クラン もあります。

 Sさんお寺のワットの法則解説をします。
  ・ナイ=内
  ・ノーク=外
  ・グラン=真ん中、、、「三位一体ですね」
 
 因みに、上記お寺は、Wat Bangna Nook(ノーク)がありましたが
 何もないのでUpしません

 

 

 


 十分にお寺の雰囲気を堪能された思いますので、今回はここまで。

いらっしゃいませタイランド。
 
 

戻る