タイの観光スポット(チャオプラヤー川の起点)
 のお話
                      2006年2月吉日 
【バンコクの真ん中を流れるチャオプラヤー川】

 今回は、万物には始まりと終わりがございますが、今回は、バンコク
 の真ん中を流れるチャオプラヤー川の始点?起点?をご紹介。

 リポーターはタイ駐在員のMさん。ナン川とピン川が合流してここから
 チャオプラヤー川は始まります。 チャオプラヤー川は、川の中に港
 があることでも有名です。

 

 

  これがチャオプラヤー起源の土地の看板。

【S家の乗馬日記】
  乗馬。。。それは過激なスポーツと、、Sさんプチ悟りです。
 Sさんの社長から「親がやってその楽しさを子供につたえんでどうするダ」
 と勧められ、40の見習いで息子、娘に追っかけリーチで始まった、S家の
 乗馬。。。

 先週、娘の学校でボーイスカウト+野外学習の一環で週末テント学習が
 あったので、久しぶりの土日のお休みに、朝一番バイクに息子乗っけて、
 娘に負けじと乗馬に行きました。(実は娘が一番上達してうまいのです。。)

 息子くん、親に似てどっしり馬に座り、クツワ取りを引き連れての殿様乗馬。。。
 Sさんはやっと一人で、乗馬も慣れてきて。。小走りなら自分でも「まいう〜」
 と褒めて上げたい位のレベルに達してきた。
 
 と言うことで、教官に言われて苦手なシッティングにチャレンジ。。。要は、
 馬に座ったまま走る。。。これがまた難しいのです。
 まず馬のクツワにひもを掛けて円形を走らせてもらう。お尻を鞍に付けた
 まま上半身のみをのけぞった状態で乗る。。。これがとっても難しい、、、
 馬は全力で爆走。。。
 手綱を持つほどうまくないので、股間の下の鞍に両手でしがみついての練
 習。リズムが合わないとアブミから足が離れて、、落馬しそうになります。

 非常に恐怖。この恐怖に耐え振り落とされそうになりながら5分も走ると。。
 もう勘弁して、、ダメェ怖い。。。止めてぇの状態になりますが、しかし教官は
 なかなか止めてくれません。。。「もしかしてサド?」と一瞬頭の中を過ぎる、、、。
 「馬鹿、つまらない冗談を考えるほど余裕は無いぞ」と自問自答。。。
 
 これは遊園地に使えるかも。。。絶叫ロデオマシーンです。馬は確かに全身
 運動でした。。。 息子を連れ、2日目はもうぐったりで自宅に着くなりお昼寝
 タイム、、。シャワーを浴びても筋肉痛。強ばった体が言うことを利きません
 でした。
 
 どーですか、乗馬、ダイエットにはまだ効き目は無いですが、気持ちの良い
 汗と冷や汗が同時にかけます。

【これがTHEタイランドの田舎】
 またまた、Sさんの弟氏よる、これがウタイタニ県のザ・田舎だのリポートを
 ご紹介です。
 
 デパートも無ければ、大型スーパーも無い街、ウタイタニー。
 ホテルを探すのも一苦労です。こんな所に、外人は誰も来ないだろうな・・・。
 とんでもない!!。
 
 泊まったホテルは、ファランだらけ!! ホテルで自転車借りて、みんなツーリ
 ングへ。そういえば、ウタイタニーは、国立自然公園で有名でした。 街は、
 静かでとても田舎な感じです。

  

 

 

 家が水没?洪水?と思いましたが、住んで居るんですね。確かにひなびた
 田舎です。
 ウタイタニ県は、バンコクから北に向かって約250キロ、頑張れば日帰り
 も可能です。でも、この田舎に日帰りは似合いませんので、一泊してみま
 しょう。

 
 いらっしゃいませタイランド。
 
 

戻る