4:マンゴスチンのお話                        http://kohbyo.co.jp/     

 前回のドリアンは果物の王様と呼ばれています、このマンゴスチンは、果物の女王と言われる
 果物です。

 ドリアンはラグビーボール大ですが、このマンゴスチンは、赤ちゃんの握りこぶし大です。
 また、ドリアンは体を温める果物、マンゴスチンは体を冷やす効果のある果物としても有名で
 対象的な果物になります。

 マンゴスチン:タイ語で「マンクット」と呼びます。
 ・形は小振りの丸形のカキ(直径5CM)で外皮は濃い紫色。
 ・時期は、4−6月。
 ・気になるお値段は、1キロ約50−80バーツ(約150−240円)
 ・中の身は白い半月状で4−7房に分かれています。味は上品な甘酸さ。

  
  果肉は白く、さわやかな甘酸っぱさ、 外皮は紫色系です、光を当てると良くわかります。

 【食べ方】
 外皮の真ん中から真横に爪を立てるときれいに2つに割れます。しかしあまり爪でムクと爪が
 紫に染まりますので、ナイフを入れて食べた方が良いでしょう。
 私は、このマンゴスチンが大好物で、一度に1−2キロはおいしくいただいております。
 ご来タイの際には一度お試しあれ。なおハウス物?等もありデパート等では1年中手に入れる
 ことができます。 (デパートで購入してもキロ100バーツ程で買えます)

 その昔、Sさん日本の両親へマンゴスチンを送ったのですが、食べ方を説明しなかったので、
 両親はマンゴスチンの皮をむき食べた。。。苦いので廃棄。。。と言う逸話が残っています。


        つづく



戻る