タイの観光スポット(サイヤムオーシャンワールド)
 のお話
                      2006年1月吉日 
【バンコクの真ん中の水族館】

 バンコクにサイヤムパラゴンと言うデパートが出来ました。
 場所はほぼバンコクの真ん中、位置的には、チュラロンコン大学の横。
 このエリアにはサイアムスクエア、マーブンクロンのデパートががあり、
 若者が街でしたが、さらに拡張を続けています。以前紹介した、バン
 コクの真ん中のゴルフ場のお隣さんでもあります。

 さて、今回のサイヤムオーシャンワールドは、デパ地下の食品街なら
 ぬ、地下水族館。。このデパートは、昨年の11月にオープンし、オー
 プン時はマネキンの代わりに人を置いたりエスカレーターを利用した
 ファッションショーも開催し、話題をさらいました。

 水族館は、このパラゴンの開店後1ヶ月遅れでOPENしたと聞いており
 ましたが、いずれバンコク在住組の誰かが、行ったとの報告が来ると
 期待しておりましたが、期待に応えてSさんの弟氏から報告がありまし
 たのでご紹介です。

【行って来ました。】
 平日の夜ですからガラガラでした。料金は、タイ人・外人一律 450B
 特に目新しい種類が…。特に目新しい種類が…。
 タイ近海には、沢山の種類の魚がいるのに…。水族館では…。分かり
 辛いですが、車が水槽になっていて、中に金魚が泳いでます。

 

 

 

 

 ビーバーのケースに鴨がいる…。水族館なのにイルカがいない…。
 (黄色いのがアザラシ) 
 魚のいない水槽がチラホラ…。 どうやら、アザラシがメインのよう
 でした。 因みに、アザラシ君の名前は、コボリ&ヒデコ だそうです。                

 
  
 最後は、御約束のお土産屋さんでさようなら。

 小堀とヒデコと言う名前は、タイで「クーガム」と言うドラマがあり、
 第2次世界大戦中に小堀さんとアンスマリンという女性が愛を貫く。。。
 と言う内容の物でタイで過去数回ドラマや映画化され広く一般的
 にも知られています。
 ヒデコは確かアンスマリンの日本語名。。。だった様な。。アザラシ
 と言うよりもトドの様な体型のSさんから追加説明でした。 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 お休みの日の家族乗馬がスタートしたS家、子供に交じってSさん
 も乗馬を開始することになった。

 これはSさんの社長からのアドバイスがきっかけとなりました。
 乗馬には、乗馬靴と言うことで買いに行きましたが結局乗馬靴注文
 となりました。(Sさんのふくらはぎは既製品サイズに不向きと判明
 した結果です)。

 靴を注文したのは、バンコクのサナーム・パオと呼ばれる陸軍基地
 の中に乗馬場があるのですが、さすが軍の基地そのその隣には、
 戦車が何台も駐車しておりました。

 

 Sさん乗馬靴なんてただの( )つけかと甘く考えていましたが、スニー
 カーで乗馬してすぐに必要性を感じました、道具と言うのは何の世界
 でも機能優先で作られているのだと。。。。たった1時間の乗馬で
 Sさんの福よかな、ふくらはぎがこすれて、、、赤く痣のようになっていた
 。。。やっぱり靴は必要です。
 それと筋肉痛。。。乗馬立派なスポーツと反省したSさんであった。
 Sさんの靴は3週間後に来る予定。

【タイお寺巡りシリーズ、サムットソンクラーン県:その24寺】
 
 Sさんの弟氏によるタイお寺巡礼投稿シリーズ、その24のご紹介です。
 サムットソンクラーン県と言えば、ここ。 ワット カイ バン クン お寺
 を木が覆い隠しています。
 TV、本等でも紹介されている有名なお寺です。 木の中の仏像写真
 の角度が有名です。

 

 

 ピンぼけ。。は遺伝か。。。

 

  

  

 外人には、分かり難い場所ですが、ガンバッテ行って見ましょう。


 この上の写真が有名なアングルらしい、、確かに絵はがきにな
 りそうですね。看板のタイ語ではワット・バン・グンと書いてあり
 ます。サムットソンクラーン県は、バンコクから西南に向かい車
 で1時間弱の距離です。

 
 いらっしゃいませタイランド。
 
 

戻る